この記事では、落合博満さんが出版した本についてお伝えしています。

これまで多くの本を世に出してきた落合博満さんですが、その内容や評価が気になるところではありませんか?

今回は、私の独断と偏見で選んだ二冊の本に絞り、詳しく見ていきましょう。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

絞り本その一:落合博満バッティングの理屈

【レビュー=約8割が最高評価】

本書はタイトルの通り、落合博満さんのバッティング理論をまとめた内容になっています。

『理論』と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、 初心者にもとっつきやすい仕上がりです。

一言で表現するならば…『シンプルだが奥が深い』でしょうか?

バッティングの基本から、踏み込んだ応用的な内容、指導者としての在り方、更には道具の選び方まで。

これから野球をはじめる人、野球がうまくなりたい人、そして指導者と、野球に関わる人は読んでおいて損はないと思います。


※落合博満がこよなく愛する『ガンダム』
お得な視聴方は↓をクリックして下さい♪



注意点があるとするならば、本書の内容は『野球(それも打撃に)に特化』したものである、ということです。

ですから、本書から『落合博満さんの思考を応用して、ビジネスに活かしたい!』等とお考えの方にとっては不向きかもしれません。

そういった方には、次の本がおすすめです(^-^)

スポンサーリンク

絞り本その二:采配

【レビュー=約7割が最高評価】

『采配』というタイトルからすると、落合博満さんが監督時代に経験したことが書かれた本かな?

・・・と思いきや、その中身は『ビジネス書』だと感じました。

いや、ビジネスのみならず日常生活においても、本書に書かれてある内容を活用することができると思います。

野球好きは勿論、そうでない方にとっても、満足できる内容に仕上がっているのではないでしょうか?

本書の内容をしっかり書いてしまうと日が暮れそうですので、私が心に残った一文をご紹介致します。

何の不安もなく生きていたり、絶対的な自身を持っている人間など存在しない。

現役時代、そして監督時代においても『自信満々』に見えた(私だけ?)落合博満さんですが、実はそうではなかったようです。

不安を打ち消すため、極限まで鍛練を繰り返し、技術と自身を身に付けていったのだと思います。

どれだけ練習しても、そして試合で大活躍したとしても…『次の試合では打てるのだろうか』という不安は付きまとうもの。

実はこれに近い話を、張本勲さんがしていたことがあります。

『名プレイヤーこそ臆病であり、だからこそ不安を打ち消すために練習を繰り返す。』

昨今『喝っ!』を連発されていますが(笑)、彼も不安と戦い続けていたことがわかります。

落合博満さんにしろ、張本勲さんにしろ、名プレイヤーは『臆病』…言い方を変えれば『謙虚』とも言えそうですね。

そうでなければ、どれだけ素晴らしい才能があったとしても、これだけの実績を残すことはできなかったでしょう。

スポンサーリンク

落合博満の本、評価は?文才もやはり…!まとめ

『落合博満バッティングの理屈』と、『采配』の二冊に絞ってお伝え致しました。

どちらの本も落合博満ファンにとって、そしてファンでない方にとっても満足できる内容だと思います。

そう感じたのは私だけではないようで、異常なまでに高い評価がそれを証明しています。

 

落合博満さんの書いた本を読んでいつも感じることは、『この人は頭を使って野球をやっていたんだなー』ということです。

落合博満さんは『天才』と表現されています。

その理由は現役時代、そして監督時代においても、抜群の成績を納めているからです。

しかし、輝かしい成績を残せたのは『持って生まれた才能』にあわせ、『頭を使って考え抜き、行動に移したから』に他なりません。

そうした経験があったからこそ、内容の濃い本を書くことができるのだと思います。

 

野球犬

最後までお読み頂き、有難うございました!

下記の【あわせて読みたい記事】に関連記事があります。

ぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク