この記事では、落合博満さんの年俸推移についてお伝えしています。

長年第一線で活躍した落合博満さんですが、実際どれくらいお稼ぎになったのか…気になるところではありませんか?

今回は、現役時代、そして監督時代の年俸推移も合わせてご覧いただきたいと思います。

その中で、ある超大物芸能人が関わっていることが分かりました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・落合博満さんの現役時代の年俸推移(超大物芸能人とのエピソードが!)

・年俸面でプロ野球の歴史を塗り替えた、落合博満さんの功績

・監督時代の年俸推移

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

落合博満の年俸推移はこれ!


まずは、落合博満さんの現役時代の年俸推移をご覧下さい。

年度 年俸 チーム
1979 360万円 ロッテ
1980 360万円 ロッテ
1981 540万円 ロッテ
1982 1600万円 ロッテ
1983 5400万円 ロッテ
1984 5940万 ロッテ
1985 5940万 ロッテ
1986 9700万 ロッテ
1987 1億3000万 中日
1988 1億3000万 中日
1989 1億3000万 中日
1990 1億6500万 中日
1991  2億2000円 中日
1992 3億 中日
1993 2億5000万 中日
1994 3億8000万 巨人
1995 3億8000万 巨人
1996 3億8000万 巨人
1997 3億 日ハム
1998 3億 日ハム

落合博満さんが頭角を表したのは、プロ入り3年目の1981年。

初めてオールスターに出場し、そこでパリーグの4番打者を務めました。

同年に初の規定打席到達、そして首位打者のタイトルを獲得しました。

※これに関する内容は、こちらの記事に書いています。

以降、年俸は一気に上昇していますね。

 

ご覧いただいた年俸推移の赤文字の年は、『プロ野球選手初』の偉業を達成しています。

この偉業は、後のプロ野球選手にとって大きな意味を与えることになりました。

スポンサーリンク

落合博満の年俸推移を見ると…偉業が分かる箇所が!

初の大台突破!

落合博満さんの年俸推移の中で、特に大きな意味を持つのが1987年です。

そう、初めて年俸が1億円を突破していますね。

実は、落合博満さんはプロ野球選手で初の1億円プレイヤーなんです。

それまでいた数々の名プレイヤー達も、年俸1億円の壁を突破できませんでした。

・・・まあ、物価の関係もあるのでしょうけど。

それでも、やはり偉業と言えると思います。

 

1億円を突破した前年の年俸は9700万円となっています。

この数字を見ると『1億円の壁が守られている』と感じざるを得ません。

しかしそこは落合博満、ここでも『俺流』を通し、大台を突破したのですね。

大台突破の影に、超大物芸能人が!

プロ野球選手として初の1億円プレイヤーとなった落合博満さんですが、彼が1億円の大台を突破する為に、背中を押した人物がいます。

それはなんと・・・芸能界の大御所・ビートたけしさんでした!

ビートたけしさんは当時、既に数億円も稼いでいた自身の収入と比べ、プロ野球選手の年俸の低さに違和感を覚えたそうです。

そして、落合博満さんにこのように言いました。

『日本で一番人気のあるスポーツをやっているのに、なぜ1億円すら貰っていないのか?

ビートたけしの言葉に『ハッ』と目が覚めた(?)落合博満さんは、『確かに年俸が低すぎる』と思うようになりました。

その後、あっという間に1億円の大台を突破。

それ以降も2億円、3億円の壁を破っていきました。

※落合博満さんの成績はコチラの記事に書いています。

 

このエピソードを聞く限り、プロ野球界で1億円プレイヤーがどんどん出ているのは、落合博満さん…そしてビートたけしさんの存在なくしてあり得なかったのかも?しれませんね。

このような夢のある世界でなければ、『将来は野球選手になりたい』という少年は今ほど多くはなかったかも!?

スポンサーリンク