片岡篤史、檜風呂に関する真実を暴露!そこには意外なエピソードが…

片岡篤史
スポンサーリンク

この記事では、片岡篤史さんと檜風呂との関係について紹介しています。

 

おそらくプロ野球選手の中でも選手名と檜風呂というワードが予測検索に出るのは、片岡篤史さんだけです。

それほど国民が検索しているということですが一体、片岡篤史さんと檜風呂にはどんな関係があるのでしょうか。

片岡篤史さんのYoutubeチャンネル内でも語られた内容も含めて、片岡篤史さんと檜風呂の関係に迫ります。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

片岡篤史が実家の風呂を檜風呂に?

View this post on Instagram

#片岡篤史 #阪神タイガース #プロ野球

A post shared by RRR3 (@toratoiguana) on

子どもの頃に伝言ゲームをやったことがあると思います。

お題の言葉を先頭の人に伝えるゲーム、小学校などでもおなじみのゲームですね。

あのゲームの面白いところはなぜか最初の言葉が全く違って伝わっていることです。

そんな伝言ゲームのようなことが意図せず起きてしまったのが片岡篤史さんでした。

 

おそらくこの記事を検索して割り当てた人の多くは検索エンジンの窓口に「片岡篤史 檜風呂」なんてワードを入れたのではないでしょうか。

しかもこの検索ワードは「片岡篤史」と入れると、予測ワードの上位に「檜風呂」が入ってきます。

気になって押してしまった方もいるのでは?

 

予測検索は、多くの人がそのワードで検索をしているからグーグルやヤフーの検索エンジン側が、「これ探してる?」といった感じで提供するものです。

つまり多くの人が片岡篤史さんと檜風呂の関係を知りたがっているということ。

実は、片岡篤史さんもこのことを承知済みでYoutubeチャンネルの中で、その真相について語っていました。

 

事の発端は片岡篤史さんが実家のお風呂をリフォームしたことに始まります。

その様子をテレビカメラが放映していたそうです。

リフォームの内容は、檜風呂…ではなくて、サウナなどの施設を取り付けたとのこと。

しかし、なぜかそれが「檜風呂にリフォームした」と違って解釈されました。

当然カメラも様子について放映していたはずですが…

人間の伝達力ってすごいような、すごくないような…

 

本人も分からないところで「片岡篤史が実家の風呂を檜風呂にリフォームした」と、情報が独り歩きします。

その結果、多くの人がその情報に惹かれ信じてしまったり、気になったりしてしまったというわけです。

なぜか人々を魅了し続けた、片岡篤史さんと檜風呂の関係は伝説的なものになり、ついに片岡篤史さんのもとへ情報がたどりつきます。

 

そりゃ、本人も驚いたことでしょう。

藪から棒とはまさにこのこと。

実家の風呂にサウナなどを増設した話がなぜか「実家を檜風呂にリフォーム」になったのですから。

伝言ゲームの最初の人のような気持ちでしょうね。

スポンサーリンク

片岡篤史の檜風呂はさらに広まりついには応援歌へ


一度広まった噂はさらに拡大を続け、片岡篤史さんと檜風呂の関係を密接にしました。

プロ野球選手にはそれぞれの応援歌があります。

 

長く日ハムに務めてきた片岡篤史さん。

日ハム時代、打席に入る直前にはかっこいいファンファーレが流れていました。

しかし、片岡篤史さんと檜風呂の原因不明の関係が広まった後に、片岡篤史さんは阪神へ移籍します。

片岡篤史さんを迎えた応援歌は「檜風呂」の応援歌でした。

 

実家は檜風呂~

 

と、セ・リーグのファンであれば、誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。

カッコいいファンファーレから実家の檜風呂…笑

180度違う応援歌になってしまいましたね。

 

個人的な経験から打席に入るときに流れる音楽は重要です。

気分が上がっていくのです。

そして、100%打席に集中していれば聞こえないのですが、そんな打席はそうそうありません。

応援歌が流れていると自然と耳を傾けてしまうのです。

そりゃ自分の好きな曲ですもんね。

→関連記事: 桑田真澄の応援歌が面白すぎw【すべらない話がw】

しかし、そこに檜風呂が流れると考えると…

しかも自分が選んだわけでもないし、自分と何も関係がない歌詞なので悪い意味で気になります。

 

打席(に)入る前に甲子園の5万人に大合唱されてくださいよ。初球から打てへんでしょ、最後まで聞かなアカンと思って

 

片岡篤史さんはYoutubeチャンネルの中で、このように振り返っていました。

やっぱり気になってたんですね。

初球から打てない。曲を聴いてやらなければならない。

これは人に応援されながら打席に立ったことのある人ならわかるはず。

 

何だか初球から打ってしまうと申し訳なく、もったいない気持ちになるのです。

とすると、片岡篤史さんも気にはなりつつ、まんざらでもなかったのかも…

 

しかし、2003年のオフに檜風呂の応援歌をやめるように伝えました。

以後片岡篤史さんの応援歌に檜風呂が使われることはなくなります。

プロ野球界の中でも特殊な応援歌だっただけに、もったいない気もしますが、それが悪い影響ならば仕方ありません。

おそらく今後のプロ野球界で檜風呂が応援歌になる選手はいないでしょう。

スポンサーリンク

片岡篤史と檜風呂のイメージが定着していたならば…

現代ほどインターネットが発達した世の中でそれを駆使してお金を稼ぐならば、Youtubeなどの広告費で稼ぐのは一つの手段です。

こういったものは、その人に対する「イメージ」の定着につながりもっと世の中に深く定着すると、CMなどのオファーもあります。

本人が意図していないとはいえ片岡篤史さんには檜風呂のイメージは定着してしまいました。

となれば、企業が動いてもおかしくはありません。

 

何かというと片岡篤史さんに檜風呂に関するCMオファーはなかったのか、ということ。

そこで片岡篤史さんの出演した番組やテレビ関係を調べてみましたが、檜風呂のオファーはなかったようです。

これは片岡篤史さんのYoutubeチャンネル内でも語られていました。

 

まあなんとももったいない。

これだけイメージが定着しているのであればそれを利用しない手はないでしょうに…

片岡篤史さんがそのオファーを了承するかどうかは別ですが。

 

檜風呂といってもそれを作るだけでなく例えばホテルや旅館が、温泉施設を紹介する際に利用できたでしょう。

他にも多くイメージの利用は考えられます。

しかしまだ遅くはありません。

検索エンジンではまだまだ多く検索されている様子がわかります。

 

さらに、Youtubeでも片岡篤史さんと檜風呂のことを放送して、1年も経っていません。

もしもこの記事を檜風呂関連の方が見ているのであれば、オファーを申し込んでいいかもしれませんね。

片岡篤史さんは檜風呂の応援歌に対して、現在はまんざらでもないように思っているそうなので。

スポンサーリンク

片岡篤史、檜風呂に関する真実を暴露!そこには以外なエピソードが…:まとめ

片岡篤史さんは、実家のお風呂にサウナなどをつけるリフォームを行いました。しかし、それが意図せず片岡篤史さんが、実家に檜風呂を設置したと誤解を生み、誤解は大きくなる一方でした。
片岡篤史さんと檜風呂の関係は拡大を続け、阪神移籍後には檜風呂の応援歌なるものが完成しました。打席に集中できない檜風呂の応援歌は、2003年オフに演奏中止となります。
片岡篤史さんに檜風呂のイメージが定着していますが、企業からのCMなどのオファーはありません。まだまだイメージが浸透しているようなので、オファーしてみるのも手かもしれません。

以上の内容でお送りしました。

 

片岡篤史さんと檜風呂は、応援歌としても有名で、私自身の中にもイメージとして定着していました。

まだまだ、イメージは浸透しそうなので、片岡篤史さんが檜風呂に入っているCMを見つけたら、笑ってしまうことは間違いないでしょう。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました