今回は、仰木彬さんの残した数々の名言をお伝え致します。

偉人というのは、積み重ねたものが一般の人よりも遥かに多い・・・。

だからこそ、彼らの発する名言は私たちの心に響きます。

プロ野球界の偉人・仰木彬さんの残した名言も例外ではありません。

仰木彬さんの残した名言、それは哲学的な名言から、人間臭い名言までバラエティに飛んでいますよ。

スポンサーリンク

自分が一流になれなかったのは、若い時に遊びすぎたからだ。あとから気づいても遅いんだぞ。オレが悪い見本や

仰木彬さんは見た目通りと言ったら失礼かもしれませんが、若い頃は相当な遊び人だったそうです。

彼の根底にある考えは「グラウンドの外では羽目を外してもいい」というもの。

その遊び好きが祟って、残したくない伝説を幾つか残してしまっています。

ですが、若い頃に遊び過ぎた・・・という後悔を糧にし、名監督へと成長できたとも言えますよね。

スポンサーリンク

殿堂入りパーティをオレの〝生前葬〟にするんや

野球殿堂入りを果たした喜びを、仰木彬さんなりに表現した名言です。

野球殿堂入りを果たせるのは、ごく限られた存在と言えます。

その中に選ばれた喜びと言ったら、野球人にとっては「死ぬほど嬉しい!」というところでしょうか?

仰木彬さんにとって、天国まで持っていける栄誉だったと思います。

仰木マジックとよく言われますが、そんなの本当はないんです。あえて言えば確率です。確率が勝敗を決めるのです。

仰木彬さんの采配は『仰木マジック』と呼ばれ、時には度肝を抜くような型破りなものもありました。

端から見ると、仰木マジックは『天性の閃き』からなす采配と感じることもありました。

しかし仰木彬さんから言わせると『理論に裏打ちされた采配なんだよ』ということだったのでしょう。

結果、仰木マジックでチームを日本一へと導いた訳ですから、彼の采配は正しかったと言えますよね。

スポンサーリンク

野球は勝ったり負けたり

至極当たり前のことですが、名将・仰木彬の言葉となれば不思議と重みを感じませんか?

どれだけベストを尽くしても、負けるときは負ける・・・しかしベストを尽くさなければ勝つことはできない。

プロ野球選手として、やるべきことをやる!

この名言は、その事を教えてくれているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

(野茂英雄選手のトルネード投法に対して)野茂に怒られるのが怖いから変えんかっただけや

日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在、野茂英雄さん。

彼がメジャー挑戦しなければ、イチローさん、松井秀喜さん、田中将大選手、大谷翔平選手というメジャーリーガーは誕生しなかったかもしれません。

野茂英雄さんも、仰木彬さんの教え子の代表格と言えると思います。

野茂英雄さんと言えば、個性的な投球フォーム『トルネード投法』が印象的ですよね。

トルネード投法に否定的な専門家の声もありましたが、仰木彬監督は無理に矯正しようとせずに、変則的な投法を『個性』としその個性を活かす方向で育成していきました。


結果、野茂英雄さんはメジャーリーグで『トルネード旋風』を巻き起こす大活躍を見せることになります。

活躍ぶりを見ると、トルネード投法を続けて正解だったことは明白。

独特の投法を続けさせたことは功績なのですが、それを自らの手柄とせず、冗談混じりに答えるところが実に仰木彬さんらしいと思います。

まとめ

仰木彬さんの名言をピックアップしてお伝え致しました。

野球界の歴史に名を残す名監督と言える仰木彬さんですが、彼の残した名言の内容を知るに連れ、心の中にいつも『遊び』があるように感じました。

理論に裏打ちされた采配と、彼の持つ遊び心。

この二つが見事に掛け合わされて『仰木マジック』が完成したのでしょうか?

仰木彬さんという人物を改めて知り、とても魅力的な人だと思いました。

スポンサーリンク