甲子園が生んだスーパースター、斎藤佑樹への戦力外通告の噂がネット上で後を絶ちません。

高校野球であの田中将大に投げ勝ち、全国制覇を成し遂げ、一躍時の人となった斎藤佑樹。

鳴り物入りでプロ入りしたハンカチ王子こと斎藤佑樹でしたが、この数年での話題といえば?

「いつ戦力外通告を受けるのか」だったり、私生活でのスキャンダルだったり・・・。

とても寂しい現状となってしまっています。


年齢的にも中堅と言えるところまで来ており、今のままの成績であれば戦力外通告やトレードが現実味を帯びてきます。

入団当時、活躍する姿を夢見るファンは期待に胸を躍らせていたことでしょう。

そして斎藤佑樹本人も、自身の活躍に期待していたのではないかと思います。

しかし、現実は厳しいですよね・・・。

ネット上で流れている噂である、戦力外通告やトレードの可能性はあるのでしょうか?

実は、意外な球団が斎藤佑樹に興味を示していたことがありました!

スポンサーリンク

巨人が斎藤佑樹を欲しがっていた!?



2016年シーズンの開幕当初、巨人の大累進選手と日本ハムの乾真大投手がトレードされました。

実はこの時、巨人は斎藤佑樹を欲しがっていたそうです!!

巨人のスタッフ曰く「重心移動さえしっかりできれば、斎藤佑樹は活躍できる」と評価していたとか。

巨大戦力の巨人のスタッフがこのような評価を斎藤佑樹にしているとは、ちょっと意外でした。

それに加え、斎藤佑樹は一軍経験が豊富であり、復活出来さえすれば十分に使えると思ったそうです。

苦しいプロ生活が続いているとはいえ、斎藤佑樹の一軍経験は豊富ですからね~。

その点を取ると魅力的かもしれませんね。

そして甲子園のスター、ハンカチ王子という価値もあるわけです。

投手が不足している球団から見ると、年俸も決して高くはない斎藤佑樹は魅力的な投手なのでしょう。

巨人の他に、阪神や広島等の球団とのトレードの噂も浮上したこともあり、斎藤佑樹を欲しがる球団は
未だにあるようですね。少しほっとしました^^;

スポンサーリンク

戦力外通告や引退はあるのか?


2016年春に、某週刊誌が斎藤佑樹に対してこのような報道をしました。

「斎藤佑樹は引退し、キャスターに転身する可能性が!」

・・・しかし、2016年シーズンも苦しみながらも選手として終えました。

本人にとっては迷惑な噂だったでしょうね^^;

斎藤佑樹本人は、まだまだやれる!という気持ちが強いのだと思います。

その証拠に、2016年は懸命に練習する姿が頻繁に報道されていました。

まあ、プロ野球選手ですから懸命に練習するのは当たり前だとは思いますが・・・。

キャスター転身の噂が、斎藤佑樹のお尻に火を付けた!?のかもしれませんね。

 

 

引退の噂は事実ではないようですが、戦力外通告の噂はどうでしょうか?

これに関しては、本人が引退を申し出ない限りは可能性は低いと予想します。

その理由として、良くも悪くも他の選手と比較して知名度が抜群だからです!

日本ハムファイターズに所属している選手の名前を日ハムファン以外の人は一体何人答えることができるでしょうか?

大谷翔平、中田翔、斎藤佑樹・・・と、この三人は間違いないのではと思います。

実際、グッズの売上や登板予定日のチケットの売れ行きもトップクラスだそうです。

また、斎藤佑樹が登板すると必ずと言っていい程ネットでニュースになります。

ここまで注目を集める選手に戦力外通告を言い渡すことは、なかなか考えにくいでしょう。

 

スポンサーリンク

斎藤佑樹に戦力外通告はありうるのか!?まとめ

プロ入り後、ここまで不調が続いているにもかかわらず注目される選手はいなかったはず!

これは斎藤佑樹の「もっている」スター性が成せる技だと思います。

炎上した日にはネット上で叩かれる(いじられる?)ことも多いようですが、それは斎藤佑樹に対する期待の裏返しかもしれませんよね?

あの夏、日本中を沸かせた斎藤佑樹の活躍、また見たいと個人的には思います。

頑張れ、斎藤佑樹!

スポンサーリンク