新井貴浩、阪神時代は「苦しかった…」阪神移籍理由は何だった?

新井貴浩
スポンサーリンク

阪神時代の新井貴浩さんは、自身で言うくらい「すごく苦しい」時代を送っていました。

傍目には、そのようなことは微塵も感じさせない愛されキャラでありながら、一方では真剣にチームのことを考える生真面目な性格だったのです。

阪神への移籍理由や、阪神時代にも常に古巣を見続けていた新井貴浩さんの内面を拾いながら、その経緯を紹介していきたいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・阪神時代の7年間を振り返ってみると…。

・阪神に移籍した理由は複雑なものだった。

・新井貴浩(別名、辛いさん)が誕生した会見について

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

子供とのチャンネル争いは卒業しましょう♪

→DAZNについて詳しく調べてみる

新井貴浩にとって、阪神時代は「辛いさん」だった

2007年から2014年までの7年間、新井貴浩選手は、阪神タイガースの一員としてプレイしています。

 

広島カープのドラフト6位で入団し、不断の努力でスラッガーとして這い上がった新井貴浩選手。

FA権を取得した際には「僕はFA宣言できるような選手ではない」と謙遜しながらも、ずっと広島でプレイしたいことを暗示しています。

 

その新井貴浩選手がFA宣言をして阪神に移籍したのですから、ファンは驚き、批判する人たちもでてきます。

新井貴浩さんは、阪神に在籍した7年間について、このように語っています。

「はっきり言って、すごく苦しかった」。

このことは、電撃移籍のときの世間の冷たい目や、阪神時代の最後では、怪我の影響で出場機会が減り、自由契約を選んだことを語っています。

 

しかし、辛いことばかりではありませんでした。

「阪神の7年間がなければ、その後の自分はない。それほど大きく成長できた7年間だった」と語る新井選手。

野球人生の中で最高年棒の2億5000万円を獲得し、北京オリンピック日本代表に選抜されて4番を打っています。

また2011年には打点王を獲るなど、まさにバッターとしては最盛期の活躍をしているのです。

 

そして、なによりもチームを移籍したことにより、古巣の広島カープを別の視点から見ることができたことについても触れています。

「阪神は、カープとは全く違う世界、雰囲気だった」。

「阪神サイドからカープを見ることができた。だから広島カープの良さが再認識できた」。

他のチームにいながらも、決して広島カープから心が離れることはなかったようです。

 

このように、広島カープを愛してやまない新井さんが、「生涯広島」宣言を撤回してまでも、阪神に移籍した理由はなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

ではなぜ?新井貴浩が阪神に移籍した理由が…

新井貴浩さんが、阪神に移籍した理由については、いくつかの憶測があります。

2007年のオフ、新井貴浩選手は球団との残留交渉にあたって、一つの条件を出していたそうです。

それは、前田智徳選手をレギュラーから外すことであったといいます。

 

前田智徳外野手は、プロ野球史上、36人目2000本安打を達成するなどの活躍をした、広島の主軸の選手です。

ファンにも、他のプロ野球選手からも尊敬されている存在でありました。

それをレギュラーから外せというのですから、この条件を球団側は受け入れることはできません。

それでも新井貴浩選手は「僕をとるんですか、あの人をとるんですか?」と球団に詰め寄ったということですから、相当の決意の上での発言だったのでしょう。

 

では、新井貴浩さんは、なぜそのような主張をしたのでしょうか。

ひとつは、前田選手がチーム低迷の原因になっていると思っていたことが挙げられます。

前田選手は自身のバッティングが不振であると、周囲に当たり散らすような性格だったという噂もあります。

また、怪我をかばうあまり、走塁や守備に甘さが出るところが、あったようです。

常に全力を目指す新井選手の考え方からすると違和感があったのではないでしょうか。

 

もうひとつは、金本知憲選手と前田智徳選手の不仲説です。

このことは、広島ファンの間では周知のことであったようです。

金本選手を兄貴のように慕う新井貴浩選手が、金本選手が去ったあと、前田選手を優遇するような球団フロントに不信感を持つのも当然だったのではないでしょうか。

金本選手と一緒のチームでプレイしたいという心が勝ったのも、納得がいきます。

 

いずれにしても、この残留交渉は、あの涙のFA宣言直前まで行われていたようです。

交渉は平行線をたどり、新井貴浩選手は阪神移籍を決意したのです。

スポンサーリンク

新井貴浩の阪神移籍時の会見は…今でも泣ける

阪神移籍の記者会見の会場に現れた新井貴浩さんは、神妙な表情で20秒ほど黙り込み、意を決したように話始めました。

私、新井貴浩は、FA宣言を行使する書類を球団のほうに提出させていただきました。

カープが大好きで、…辛かったです…。

環境を変え、自分自身、野球人として前に進みたかったです。

辛いです…。

僕は喜んで出ていくのではないということを理解してほしいです。

大粒の涙を目にためながら、「辛いです」「カープが大好き」という言葉を絞りだした新井貴浩さんの姿は、会見を見た人の心を打ちます。

広島カープという球団のために出ていくこと選んだ新井貴浩さんは、噂で言われていたような球団内部の混乱のことには言及しませんでした。

それは、球団や金本知憲選手に迷惑がかかることを避けたるためであったことを、後に自著で述べています。

あくまで、自分はプロの選手として、FAを行使したということのみを理由にしたのです。

 

もちろん、阪神に移籍する時点で好待遇が約束されています。

年棒もカープの約2倍になり、プロ野球選手としてはこのような金額による評価をしてもらえる球団に移籍することは当然のことだと理解できます。

 

しかし、プロの野球人である前に、広島カープというチームにあこがれ、育ててもらったことを大恩と感じている新井さんは、よほどチームに愛着があったのでしょう。

「喜んで出ていくのではない」という、本音が出てしまったことに、その無念さが出ているのだと思います。

 

心無いファンは、「生涯広島」宣言をしたにも関わらず移籍を決断した新井貴浩さんを責める行為に出ます。

「辛いさん」というあだ名が定着してしまったのも、この移籍に憤慨したファンが広めたものです。

新井貴浩選手を許せないファンが「もと『25』番の選手がいたんですけどね」と皮肉をこめて言うのも、チームを愛する心の裏側なのでしょう。

 

しかし、7年後に広島復帰が決まり、開幕戦に代打で出場した際には、広島ファンは大歓声で新井さんを迎えます

「このときの感動は一生忘れられない」と本人が言うのも、このような経緯を経たうえであることを考えれば、納得ですね。

スポンサーリンク

新井貴浩、阪神時代は「苦しかった…」阪神移籍理由は何だった?:まとめ

・新井貴浩さんは、阪神時代を「すごく苦しかった」と回想するほど、浮き沈みを経験した時期であった。

・新井貴浩さんが阪神に移籍した理由は、前田智徳選手との確執にあったと噂されている。

・阪神移籍の記者会見で、新井貴浩さんが流した涙は、チーム愛とプロ野球選手という立場の葛藤から生じたものだった。

以上の内容でお送り致しました。

 

新井貴浩さんが阪神というチームで全力プレーし、ファンに愛され、金本選手という心の支えを得られたことについては、非難されることは少しもありません。

しかし、心の中では常に広島カープというチームに向き合っていたということには、ある種の情念のようなものを感じます。

復帰がかなって、また広島ファンに大歓声で迎えられるということを、一生忘れられない思い出に挙げるのはうなずけることですね。

【無料で31日間お試し】脱・チャンネル争いのチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、子供とのチャンネルを卒業できます♪

ひたすら野球を見ていても、白い目で見られたり…文句を言われたり…そんな気まずい思いをせずに済みますよ(笑)

→DAZNについて詳しく調べてみる

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、子供にチャンネルを譲る必要が無くなる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、自分だけの時間を楽しみましょう♪

→DAZNについて詳しく調べてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました