この記事では、新井貴浩さんの自宅に関する情報をお伝えしています。

新井貴浩さんの自宅はどこにあるかというと、実は神戸にあります。

広島復帰後も、神戸の自宅から通っていたというほど、新井貴浩さんには愛着のある自宅なのです。

距離があっても必ず自宅に戻り、家族との時間を大切にしていた新井さんの自宅にまつわるエピソードを紹介したいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・自宅は神戸、でも気持ちはやはり…なエピソード

・遠方から通勤する家族思いな新井さん

・そんなスターも、若手時代はやはり

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

新井貴浩の自宅は神戸にある?

新井貴浩さんの自宅は、神戸にあります。

阪神時代も、古巣・広島への復帰後も、神戸の自宅から球場に通っていたのです。

神戸に住んでいることから、新井貴浩さんが、阪神のコーチにと誘われたエピソードがあるのです。

 

新井貴浩さんが現役時代からずっと兄貴のように慕っている金本知憲さんが阪神の監督だったときに、右打者のコーチを招聘するという構想があったそうです。

そのときに、金本監督の頭に浮かんだのは、弟分のような関係であり、すでに引退を意識していた新井貴浩選手のことでした。

神戸に住んでいた新井さんに、阪神の打撃コーチにならないかと打診したのです。

 

「兄貴」の金本監督からの打診であり、新井さんは嬉しかったと思います。

 

しかし、2018年の時点では広島カープは3連覇がかかっていた重要な時期であり、コーチとはいえ、その広島のスター選手である新井貴浩選手を引き抜くことは難しかったと思います。

また、新井さん自身も、再度チームに受け入れてくれた広島のことを何よりも大事に思っていたのでしょう。

結局、この阪神コーチ就任の話は、新井貴浩さんが断りました

 

結果から言うと、このコーチ就任の話は断って正解ではなかったかと言われています。

ひとつは、コーチの立場とはいえ、また広島から阪神に出ていくということは、さすがにファンも納得しないと思われます。

また、この年、金本監督率いる阪神が下位に転落したことで、その責任をとって監督を辞任するという形になったからです。

金本監督がいなければ、新井さんのコーチ就任の話も流れていたでしょう。

 

自宅が神戸だからといって、安易に阪神のコーチ就任の話に乗らなくて良かったのだと思います。

スポンサーリンク

広島に復帰後も、新井貴浩は自宅の神戸から通っていた!

神戸に自宅がある新井貴浩さんは、ホームグラウンドである広島球場にも、毎週、自宅から通っていました

日曜日のデーゲームが終わったら、すぐに新幹線に乗って自宅にもどり、家族と過ごしていたのです。

家族思いの新井さんならば、自宅でゆっくり家族と過ごす時間は特に大切にしていたのでしょう

 

プロ野球選手であれば、遠征は日常のことです。

広島カープは、セリーグのなかで一番、移動距離が長いチームでもあります。

東京方面に遠征するには、その長距離の移動でも疲労してしまうので、選手がコンディションを維持するのは大変なのです。

 

その昔、山陽新幹線がなかった時代、遠征するのは、今よりもずっと大変なことでした。

新幹線ができてから東京~広島間が4時間で移動できるようになり、広島の選手たちも楽になったと喜んだそうです。

広島が強くなったのも、新幹線のおかげというほど感謝したということですから、昔の苦労が偲ばれますね。

 

神戸に自宅があり、東京へも遠征にいくのに使う。

新井貴浩さんも、新幹線はなくてはならいものというほど利用しています。

引退したいま、家族と新幹線に乗ってゆっくり旅行を楽しみたいというのが、新井さんの希望だそうです。

家族と一緒に乗りたいというのが新井さんなりのこだわりがあって、いい話ですよね。

スポンサーリンク