この記事では、新井貴浩さんの息子さんについてお伝えしています。

新井貴浩さんには息子さんがいます。

その息子さんたちは、新井貴浩さんにとっては特に大事な存在です。

新井さんは家庭をどれくらい大切に思い、子供たちと接しているのでしょうか。

現役時代も、そして引退してからも新井さんを支える「家族」にフォーカスして、紹介していきたいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・二人の息子さんについて

・大舞台で家族共演!

・食品のプロデュースにも全力で向かい合っている!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

新井貴浩の息子って?

新井貴浩さんと、その嫁、大橋裕美子さんの間には、2人の息子さんがいます。

長男の亮規浩(あきひろ)くんと、次男の颯真(そうま)くんです。

新井貴浩さんは、家庭を大事に思う人柄です。

愛する息子さんたちと一緒に写っている写真が実に多いのです。

 

プロ野球選手であれば、家庭よりも仕事を大事にし、常に野球のことを最優先にする選手もいます。

家庭のことに触れるような話題を好まず、公の場ではいつも野球人であろうとするタイプです。

ひと昔前であれば、このようなプロ野球選手は、結構多かったのではないでしょうか。

 

しかし、新井貴浩さんは、そのようなタイプではありません。

自分が全力でプレーするための原点は、家庭にあると思っているのでしょう。

照れくさそうにしながらも、息子さたちと一緒にカメラに収まっているのは、自分が家庭人であることを嬉しく思っているからです。

 

そして家庭では頼れる父親の顔も持っていると思われます。

新井さんがファンに愛されたのは、そのいじられやすいキャラクターもありますが、いざ試合になれば全力でプレーし、結果を出してきたからです

いつもニコニコしていても、いざとなれば頼りにな父親

そんな家庭人でありたいと、いつも思っているのではないでしょうか。

 

プロの世界を努力で這い上がってきた新井さんは、家庭でも良い父親でいようと努力しているに違いありません。

スポンサーリンク

新井貴浩、息子と大舞台で共演していた!

新井貴浩さんと息子さん達の絆は、家庭の内だけにとどまりません。

公の場でも、息子さんたちと共演しています。

 

2016年、新井貴浩選手は、プロ野球史上47人目の2000本安打を達成しました。

その晴れの瞬間には、奥さんの裕美子さんと、二人の息子さん達がスタジアムのスタンドで応援し、立ち会っていたのです。

もちろん、この大記録が達成された瞬間、家族は大喜びです。

誰よりも喜んで欲しい家族に祝福されて、新井さんもさぞかし嬉しかったことでしょう。

 

この2000本安打達成の記念ボールは、息子さん達にプレゼントされました。

そこで息子さんたちが新井さんに言ったのは、

(息子さん達は2人いるので)ボールが1つでは足りないので、3000本安打もお願いします」という言葉でした。

いいシーンですよね!誇りに思える父親の仕事を見て、さらに応援するようなこの言葉。

世の中に、息子さんがいる父親は多くいれども、こんな言葉をくれる子供を持つ父親は、そうはいないのではないでしょうか。

 

なお、新井貴浩選手の2000本安打達成のセレモニーには、息子さんが二人で始球式を行うということもしています。

球団の粋な計らいには、新井さんの人柄がにじみ出ているようでもあります。

 

そして、2018年、新井貴浩選手は現役を引退しました。

その引退セレモニーでも、新井貴浩さんの息子さん達は大活躍しています。

新井貴浩さんが始球式をしたのですが、その際に息子さん二人を、左右のバッターボックスに同時に立たせるという、なかなか見られない始球式が行われました。

新井さんは、山なりのボールを投げ無事に始球式を終えます。

家族に捧げたこの引退セレモニーは新井さんのファンから大喝采を浴びたのでした。

 

息子さん二人とも、父親のことが本当に好きなのでしょうね。

実にうらやましい家庭だと思います。

スポンサーリンク