広島カープ、阪神タイガースで活躍した新井貴浩さんには、弟さんがいます。

同時期にプロ野球選手として活躍した、新井良太さんです。

兄の新井貴浩さんよりも素質があると言われた弟・良太さんですが、結果としては兄弟どちらが活躍をみせたのでしょうか?

新井良太さんのプロフィールを拾いながら、比較して紹介したいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・偉大な兄・新井貴浩…その弟の経歴

・結婚はしてる?

・兄の様に大成できなかったのはなぜ?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

新井貴浩の弟・新井良太とは一体?

2018年に引退した、「新井さん」こと新井貴浩さんは、広島ファンに愛されたプロ野球選手です。

その新井選手には、同じプロ野球選手として活躍した弟さんがいます。

それが、新井良太さんです。

 

新井良太さんのプロフィールを簡単に振り返ってみましょう。

新井良太さんは、兄貴浩さんの6歳下の弟です。

高校時代は、広島の野球の強豪、広陵高校の野球部に所属しており、甲子園出場経験があります。

3年生の2001年、春のセンバツ大会に、主将で4番という、チームの主軸として出場しています。

その後、兄の貴浩さんと同じ駒澤大学に進学しました。

東都リーグでは、当時の記録として7位タイの、本塁打14を打つ活躍ぶりをみせています。

その実績を見込まれ、中日にドラフト4位指名され、入団します。

 

2006年のプロ1年目には代打として起用され、ほぼすべての機会にヒットを放つなど、素質を見せます。

秋季キャンプでは、強化選手として選ばれて徹底的に練習を重ねます。

通常の練習よりも厳しいメニューで鍛えられ、それでも音を上げずに頑張ったのは、兄の貴浩さんと同じですね。

その成果もあり、2007年のウェスタンリーグでは打撃で結果を出します。

一軍にも上がって代打としても活躍するものの、不動の4番、タイロン・ウッズ選手がいたこと、そして内野手としての守備に不安を抱えていることでなかなか定着できませんでした。

その後も、一軍と二軍を行き来するものの、結果が出せずに不振に苦しみます。

 

2010年オフ、阪神の水田圭介選手とのトレードが成立し、阪神に移籍することになります。

ガッツあふれるプレー、身体的な素質が十分にありながらなかなか芽が出ない新井良太選手。

中日の落合監督が「兄の新井貴浩選手と金本選手が所属するチームに行けば、なにか変わるかもしれない」という言葉が残っています。

また、阪神の真弓監督が新井良太さんを見たときに、その打撃力、足の速さに感嘆しています。

これだけの素質を持ちながら、活躍できない選手には機会を与えるべきだと判断したのです。

新井良太さんの阪神とのトレードは、出場機会とさらなる成長を求め、環境を変えるためのものだったといえるでしょう。

 

阪神には、兄の新井貴浩選手と、その貴浩さんが「兄貴」と慕う、金本知憲選手が活躍していました。

実兄弟がそろって活躍する姿は、阪神の名物にもなります。

2012年から2013年の2年間が、新井良太選手の最も輝いた年になりました。

開幕スタメンに4場打者として抜擢されるなど、パワーヒッターとしての素質を買われて起用されます。

兄弟アベックホームランを記録し、人生初のサヨナラホームランを放ち、14本塁打・51打点を記録するなど、長距離打者としての活躍が目立ちます。

 

2014年に兄の貴浩さんが広島に移籍して、兄弟同一チームは解散しました。。

この前後より、新井良太選手は、怪我の影響もありスランプに陥り、ほぼ2軍暮らしを余儀なくされます。

 

2017年10月10日、正式に引退を発表しました。

現在は阪神タイガースの打撃コーチとして活躍されています。

スポンサーリンク

新井貴浩の弟・新井良太ってイケメンだけど…結婚は?

現在は、阪神タイガースの打撃コーチを務める新井良太さん。

まだ36歳の若さで、かなりのイケメンでもあります。

 

そして、特筆すべきはその筋肉質の身体です。

高校時代、兄の新井貴浩さんや、金本知憲さんと同じジムに通っていたそうです。

特に下半身の力は抜群で、感嘆したジムトレーナーに「お前は野球がダメでも、他の競技で生きていける」とまで言わしめた驚異の身体の持ち主です。

 

ルックス良し、筋肉質の身体の持ち主とくれば、かなり女性にモテそうですよね。

現に、チームメイトからは「あいつはモテる」と言われ続けていたそうです。

しかし、現在いまだ独身だそうです

彼女がいるかどうかは分かりませんが、女性の理想が高いのだとか。

  • 顔は長澤まさみさんが好み。
  • 料理ができる人。
  • わがままを許してくれる人。

とのこと。

もし美人で家庭的で包容力のある彼女がいるならば、近いうちに、結婚報告が聞けるかもしれませんね。

スポンサーリンク