新井貴浩の成績をチェック!【カープファンに愛された新井さんの成績は?】

新井貴浩さんは、広島カープ阪神タイガースの2つのチームで、パワフルなバッティングを持ち味に活躍した4番打者です。

しかし、その活躍は常に順調なものではなく、不振や怪我などのトラブルとの闘いでもありました。

そんな新井貴浩さんの成績を、3つの時期に区切って、ご紹介していきたいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・広島カープのスター時代の成績!

・優勝を求めて阪神タイガース移籍しかし…

・広島にお帰り!やっぱり新井さんはカープが似合う!

等について知ることができます。

スポンサーリンク

新井貴浩の広島カープ時代の成績~入団から移籍まで~

新井貴浩さんの広島カープ時代の成績を振り返ってみると、本人の努力で這い上がってきたことが分かります。

1998年のドラフト6位で広島に指名され、入団した新井選手は、はじめの頃はとにかく練習漬けの毎日を送りました。

「潰れたらそれまで」というくらいにコーチから絞られ、本人もそれを自覚してとにかく練習、練習に明け暮れたようです。

ルーキーイヤーの1999年、53試合に出場し、本塁打7本を放っていますので、「将来の4番」と期待されていた活躍を見せ始めるのです。

 

3年目には、レギュラーに定着し、自身の打撃成績も急上昇していきます。

そして4年目の2002年は、初めてフル出場し、打率.287、本塁打28と、練習の成果が開花した年になりました。

オールスターに初めて選ばれたのもこの年でした。

 

4番に定着し、ここまで順調に来たかのように思えたのですが、新井選手はここでスランプに陥ってしまいます。

大きく成績を下げ、打席に立つ機会も減ってきていました。

悩んだすえ、打撃フォームの改造に挑みます。

また、球を待ち過ぎずに、進んで打ちにいくスタイルへと変更しました。

 

これが功を奏し、見事に復帰を遂げるのです!

 

そして迎えた2005年は、新井貴浩さんの広島時代のピークの年になりました

打率は.305、そして本塁打が43と、見違えるような成績を残しています。

本塁打王を獲得し、ベストナインにも選ばれる活躍ぶりを見せます。

 

この頃から三振が多くはなるものの、積極的な打撃のスタンスが、本来の長打力とマッチした結果であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

苦難の連続…阪神タイガース時代の新井貴浩の成績

2007年、新井貴浩さんは、ある重大な決意をします。

それは、FA権を行使することです。

広島カープが好きで、「生涯広島」と周囲からも見られていたこともあり、この決断は大変なものだったようです。

「自分をもっと厳しい環境に置きたい」という意思の表れでもありましたが、ここにキーパーソンとなる人物がいます。

それが、新井貴浩さんが「兄貴」と慕うほどのあこがれを持つ、金本知憲選手です。

金本選手と一緒に、阪神タイガースで野球がしたいという想いが強く、FAを行使するに至りました。

移籍の記者会見の際に「辛いです」と、広島カープへの心残りを発言し、涙を流すほど、この決断は新井選手にとって大きなものでした。

広島ファンからは反発が起き、「新井さん」をもじった「辛いさん」と呼ばれるなど、皮肉なネタにされることになります。

 

阪神に移籍し、当初は順調であったように見えますが、ここでまた新井選手を不幸が襲います。

北京オリンピックに召集され活躍したものも、腰椎に疲労骨折を負うことになってしまったのです。

後半は怪我のため記録も伸びず、2008年はホームラン8本に終わっています。

2009年は怪我を抱えながらもフル出場しましたが、チームの成績的には我慢の年になりました。

大事なシーンでの併殺打が目立つようになり、ネット民には「ツラゲ」(「辛いさん」とゲッツーをくっつけたもの)と呼ばれるようにもなります。

 

2010年、新井選手の打撃が上向きになり、金本選手の代わりに4番に定着して、着実に打撃成績をあげていきます。

結果、阪神移籍後最高の、打率.311打点112をマークします。

そして2011年は、打点93で打点王のタイトルを獲ります。

新井選手の阪神での活躍は、この2年間に集約されるでしょう。

 

その後、右肩と腰の怪我により、成績も伸び悩みます。

2014年のオフには、活躍場所を求め、自由契約選手になることを選びました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました