斎藤佑樹の名言集を改めて見てみると…【迷言化しているものも…】

この記事では斎藤佑樹選手の名言集が紹介されています。

 

実はかなりビックマウスだった斎藤佑樹選手。

輝いていた学生時代~プロ野球入団当初までに「名言集」といえるほどの数の名言を生み出しているようです。

 

中には自身の発言がブーメランしていきているものもあります。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の名言集~学生時代のビッグマウス編~

そりゃ天狗にだってなりますよ…

あれだけメディアに注目されて、ファンもたくさんいたのですから…

しかもそれに応えるだけの結果も残していましたし。

 

斎藤佑樹選手のこれまでのキャリアの中で

学生時代が輝いていたことは間違いありません。

 

その学生時代の発言がまさに「ビックマウス」とも言うべき名言です。

例えば

大勢の観客の中で投げるのに慣れた。今じゃあれがないと物足りない

そりゃプロ野球選手が言うならば、まだ分かります。

しかしこれは学生時代の発言です。

 

人に注目されてナンボですが、学生の発言とするとなかなかのビックマウスっぷりです。

アマチュア野球をやっている人の発言とは思えませんね。

 

さらに、天狗になっている名言です。

自分が大学野球の救世主と呼ばれることで、皆が悔しがれば皆が強くなる

大学野球の投手は大したことない

俺がいる四年間は再び早稲田の黄金時代を築きたい

自分が調子悪くても抑えられる大学野球のレベルに萎えたのは事実

 

あくまでネットで出ている情報であり、「さすがにここまでは言わないのでは?」と思われる名言もありますね。

とは言ってもこの中の一つでも事実であれば、かなりの「天狗」っぷりです。

 

しかし天狗も一度反省はしたようで…

不敗神話と最近そう言われてその気になっていた。もう少し謙虚にならないといけないと思った

まあ、謙虚さが大事であることも学んではいるのですね。

人間謙虚さが大事です。

 

「俺はできる」と思い始めたその瞬間から、少しずつ土台は崩れていくもの。

もしかすると、最も輝いていた学生時代から崩壊は始まっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

好奇心旺盛!?な斎藤佑樹の名言集

続いては、「どんだけ好奇心旺盛なの!?」と感じる斎藤佑樹選手の名言です。

 

アナウンサーやスポーツキャスターにも興味がある

 

自分の人生設計をしているのですかね。

中にはスポーツキャスターになっている元プロ野球選手もいます。

 

いるんですが…

共通していることは「かなりの実力者だった」という点なんですよね。

 

斎藤佑樹選手がプロ野球選手として「かなりの実力者」かというと…

もちろんこれからすごい結果を出すかもしれません。未来は分からないものです。

 

さて、現実可能かどうかは置いておいて、今のところ「まあそんな人もいるよね」と言った感じ。

だんだん雲行きは怪しくなってきます。

 

他にもデザイナーとか設計士もいい。留学して英語も話せるようになりたい

 

留学して英語は、かすっているといえば、かすっています。

メジャーリーグに挑戦するならば、持ち合わせておきたい能力です。

 

デザイナーと設計士か…

何とか消化しましょう。

ありっちゃあり。スポーツの世界から芸術的で創造的な世界。悪くありません。

 

政治や経済も勉強している。いつかは自分が指導者となって日本を潤したい

 

人がせっかく消化したのに…急に「指導者」が来ました。

この指導者はどう解釈するべきでしょうか?

野球の指導者?でも前述の話の流れから見ると「政治的指導者」な感じも否めません。

 

政治的指導者と言うと日本の中では「革命家」的なイメージがあります。

斎藤佑樹選手は日本をひっくり返すのでしょうか。

まあ、今の政治をより良い方向に導いてくれるなら、それも良しですね。

 

とは言っても、どれだけ目標があるのでしょうか。

さすがにここまであると「人生ブレすぎ」です。

 

もちろん一度きりの人生で多くの挑戦をすることは悪くないとは思いますが…

中途半端な感じで人生が終わりそうです。

 

ただでさえ、まだプロ野球選手としても大成できていないのに…

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました