斎藤佑樹の高校時代の成績や球速を見ると…昔は凄かったと感じてしまう件

この記事では高校時代の斎藤佑樹選手の、甲子園での成績や球速(大学時代含む)を現代の様子と比較しています。

斎藤佑樹選手が無双を誇っていた高校・大学時代。

 

知っている人だからこそプロ転向後の様子に、疑問はつくものです。

一体、どこまで高校時代とプロ時代では違うのでしょうか。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の高校時代の輝かしい成績

あれから10数年経ったんですね。

全くそのような感じがしないのは、多くの人が感じているはずです。

 

それほどまでにインパクトの強い選手でした。

 

早稲田実業高校エース斎藤佑樹選手。

 

言わずと知れた2006年夏の大会の甲子園優勝投手。

当時のメディアには「ハンカチ王子」の名で知られ、メディアに登場しない日はありませんでした。

 

とにかく斎藤佑樹選手がいたころの、高校野球は盛り上がっていました。

 

まずは大阪桐蔭の中田翔選手

超高校級スラッガーとして、高校野球雑誌『報知高校野球』で毎刊見かけたのを覚えています。

 

春の選抜大会では、関西高校のダース・ローマシュ匡選手との延長再試合もありました。

(実はこの経験が、夏の大会の活躍にもかなりつながっている)

 

さらに駒大苫小牧の田中将大選手

圧倒的な球威とスライダーで、ばたばたと三振の山を築き、駒大苫小牧の黄金時代を作り上げていました。

 

それらの選手らが揃う夏の大会で早稲田実業は優勝を果たします。

高校時代の斎藤佑樹選手は世代最強だったかもしれません。

 

何といっても

延長再試合を一人で投げ抜く精神力とスタミナに、日本中が歓喜したものです。

 

それほどまでに大活躍を魅せた高校時代の成績がこちら。

 

  • 夏の甲子園69回を投ずる
  • 投球数は948球と歴代1位(まだこのころは投球数についてはあまり騒がれていなかった)
  • 歴代2位の78奪三振

何といっても甲子園でマウンドに立ち続けた男です。

これほど野球人から見るとうらやましいことはありません。

 

とにかく、斎藤佑樹選手は逆境にも屈さず、センバツの延長再試合、夏での延長再試合でもマウンドに立ち続けました。

 

しかも歴代2位の奪三振ということは、球も超高校級だったことの証です。

先ほど説明した超高校級スラッガー中田翔選手からは、3三振を奪っています。

 

本当に、あの頃の甲子園を生で見ていた側からすると

「化け物」と感じるほどの実力の持ち主でした。

150km/h前後のストレートと、キレまくるスライダー、アウトコースぴしゃりのコントロール….

 

やはりそのすごさから

今でも高校時代の姿は目に焼き付いています。

 

それほどの大投手でした。

では、具体的に斎藤佑樹選手の球はどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の高校時代の球速は…。

現在斎藤佑樹選手はどのような球を投げるのかというと、

ストレート系の変化球(ツーシームやカットボール)を中心に、フォークやチェンジアップを投げます。

 

そしてここで紹介したいストレート(プロ時点)は

平均で130km/hです。

 

プロ野球選手の中には130km/h台でも十分活躍する選手はいます。

そういった人たちには、球速以外の武器(回転やキレ、ノビ)があるものです。

 

しかし、斎藤佑樹選手のストレートは

「そこまでのものはないかな」が正直な感想。

 

では、無双を誇っていた高校時代はというと

 

MAX148km/h(大学時代は150km/h

 

を誇っていました。

ここまであれば、他の変化球も今以上に生きるでしょう。

 

そして前述した抜群のコントロールもありました。

アウトコースギリギリに150km/hのストレートが来ると、打つのは厳しくなります。

 

当然いつもMAXのスピードが出るわけではありませんが

そこにスライダーやフォークなどが混ざるので、より緩急がつき、球速は速く感じられてしまうものです。

 

つまり高校時代の斎藤佑樹選手のストレートは、球速や球質が完璧でした。

 

しかし、大学時代の股関節のケガ。

さらにはプロ野球に入ってからの肩の故障。

 

度重なるケガをケアするためには

投球フォームの改善や、無理をしないピッチングスタイルが必要です。

 

結果的に球速が平均130km/h台まで低下してしまいます。

 

こうなれば、プロ野球選手にとってはかなり打ち頃の球速となるので、他の球種でごまかさなければいけません。

また、力勝負ができないので、コントロールも余計に気を遣います。

 

だからこそ、プロ野球入団以後はあまりピリッとしないのです。

 

斎藤佑樹選手がケガ無く

現在を迎えているとしたら、今以上の成績を残したことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました