ダルビッシュ有選手はフォートナイトにドはまりしており、フォートナイトのおかげで精神的な窮地から抜け出せたそうです。 

 

ダルビッシュ優選手は大のフォートナイト好き。 

 

でも「フォートナイトって何?」の人もいると思います。 

 

ダルビッシュ有選手ファン必見の、ダルビッシュ有選手とフォートナイトの関係をご紹介します。  

 

この記事をお読み頂くことで、

・フォートナイトって何?

・フォートナイトはダルビッシュ有の救世主!?

・野球に負けないくらい?の全力ぶりwww

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

ダルビッシュ有、フォートナイトにハマる!

ダルビッシュ有選手… 

 

めちゃくちゃバトルゲーム「フォートナイト」にはまっています。 

 

もうハマりようがすごくて、一般人のハマりとは違う領域まで達するほどです。 

 

違う領域とは… 

Youtubeのことです。 

 

普段からYoutubeにいろいろな動画を挙げるダルビッシュ有選手。 

 

ゲーム動画をYoutubeに公開する 

総長ウララさんと一緒に「フォートナイト」をプレイする様子も見られています。 

 

ダルビッシュ有選手がそこまではまり込む 

「フォートナイト」とは何なのでしょうか? 

 

現在話題沸騰中の「フォートナイト」は、登録プレイヤーが世界で2億~3億人 

とも言われているほど人気ゲームです。 

 

サバイバルバトルゲームの一種ですが、これまでのサバイバルゲームといえば 

リアルな演出で人を殺したりすることがありました。 

 

しかし「フォートナイト」はキャラクターが人間タイプのものもあれば、動物仕様のものがあったりと、ポップな要素もあります。 

 

そのため、これまでサバイバルゲームに抵抗があった人でも 

比較的すんなり受け入れやすいゲームです。 

 

また「エモート」という機能は感情を表現するダンス、ペイントが備わっており 

子ども受けしやすいという点でも人気の要因です。 

 

「フォートナイト」の盛り上がりはこれだけにとどまらず 

eスポーツとしても注目を集めており、プロ集団も存在しているとのこと。 

 

その人気っぷりにダルビッシュ有選手も一役買っているのです。 

 

ダルビッシュ有選手はゲーム系Youtuberの総長ウララさんとコラボしています。 

 

動画中ではダルビッシュ有選手と総長ウララさんと話をしています。 

 

しかもかなり親密な仲のようで、自身の病気や精神状況のことを語るほどです。 

 

会話内では「2016年半ばから自律神経失調症?うつ病っぽい?」 

などと、かなりプライベートな話を公開しています。 

 

病気以外にも「フォートナイト」を上手くなるために 

エイム練習(武器の照準を合わせる練習)をやっているとのこと。 

 

いや~~ 

ハマりすぎですね。 

スポンサーリンク

フォートナイトがダルビッシュ有の手助けに!?

先述した「自律神経失調症やうつ病っぽかった」と語るダルビッシュ有選手。 

 

なんとそのダルビッシュ有選手を 

元気づけ、体調を回復させたのが「フォートナイト」なんだとか。 

 

体調を崩しているときの様子をダルビッシュ有選手が詳細に語っています。 

 

あんまりポジティブじゃなかったり 

すごいイライラしやすかったり 

すごい疲れやすかったり 

 

と語ります。 

 

2018年はダルビッシュ有選手にとって苦悩の年でした。 

ケガでほとんどのゲームを投げられなかったからです。 

 

素晴らしいプレーの裏には、繊細な体調と心の管理があります。 

それがケガによって出場もできないとなると、精神的につらかったのでしょう。 

 

精神的につらい状況から 

「フォートナイトをやり始めたあたりから体調がよくなってきた」と語っています。 

 

つまりフォートナイトがダルビッシュ有選手を救ったのです。 

 

最近のゲームの力はすごいものがありますね。 

 

実際にダルビッシュ有選手以外にも 

「ゲームがきっかけで夢が持てた」や「コミュニケーションが得意になった」なんて話はざらにあります。 

 

ゲームそのものの特性を見ると、もはやこれまでのゲームとは違った性質を持っているので 

「eスポーツ」という新たなジャンルが立ち上がるほどです。 

 

それほど近年のゲーム事情は変わりました。 

 

以前なら「ダルビッシュ有選手がゲームにはまってる?全くけしからん 

という意見があったかもしれませんが、結果だけを見ると「けしからん」わけではなさそうです。 

 

ファンとしてはそれで結果を出せるのであれば 

どうぞガンガンやってください!という気持ちですね。 

 

ただ、あまりやり過ぎて 

家庭がおろそかにならないようには注意してもらいましょう。 

スポンサーリンク