イチローと仰木監督のエピソードは知っておくべき。

イチローさんを語る上で、仰木監督とのエピソードは外せません。

かつて監督&選手という立場で共に戦い、オリックスの黄金時代を築いた両雄。

名称・仰木監督と、日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー。

 

この記事をお読み頂くことで、

・イチローさんの恩師・仰木彬さんとはどういった人物なのか

・二人にまつわる意外なエピソードについて

 

等について知ることができます。

[char no=3 char=”野球犬”]ぜひ最後までお付き合い下さい![/char]

スポンサーリンク

イチローの恩師!稀代の名将・仰木監督

まず、イチローさんにとって『師匠』とも言うべき存在である、仰木監督のプロフィールをご覧いただきたいと思います。

若い方にとっては『名監督』の印象が強いかと思いますが、現役時代も・・・。

イチローの恩師・仰木彬さんプロフィール

生年月日:1935年4月29日
出身地:福岡県中間市
身長 :170cm
血液型 :A型

所属球団(選手時代)
西鉄ライオンズ(1954~1967)

所属球団(監督・コーチ時代)
西鉄ライオンズ (1968~1969)
近鉄バファローズ (1970~1992)
オリックス・ブルーウェーブ、オリックス・バファローズ (1994 – 2001, 2005)

守備の名手から名監督へ…仰木彬の軌跡

現役時代は埼玉西武ライオンズの前身である西鉄ライオンズ一筋14年。

ポジションはセカンドを守っていて、守備力には定評があったそうです。

バッティングではチームの繋ぎ役に徹し、三年連続の日本一へと導きました。

1960年にはベストナインに選出される活躍を見せ、翌年の1961にはオールスターに出場を果たしました。

現役を引退後は近鉄バッファローズで守備走塁コーチを担当、その経験を経てオリックス・ブルーウェーブの監督に就任しました。
[br num=”1″]
以降、仰木監督のキャリアは輝かしいものとなっていきます。

オリックスを初のリーグ優勝、そして日本一へと導きました。

当時阪神淡路大震災で傷ついた地元、神戸の方々に勇気と希望を与えました。

『がんばろうKOBE』のキャッチフレーズを胸に、一丸となって勝ち取った日本一でした。
[br num=”1″]
チームを優勝、日本一へと導いた実績だけでも十分凄いことではあります。

・・・が、仰木監督には『決して目立たないが驚異的な実績』があります。

それは、『1999年から11年連続でチームをAクラス入り』させたことです。

まさに安定した強さ。

一年だけ抜群に強く、他の年はちょっと・・・という訳ではありません。

優勝や日本一に比べると地味に感じてしまいがちですが、これも立派な実績ですよね。

人材育成も超一流だった仰木彬

名将・仰木監督の特徴の一つとして『選手の育成が上手い』ことが挙げられます。

何と言っても、イチローさんを世界一のヒットメーカーに育てたことは有名な話ですよね。

イチローさんの他にも、仰木監督が育てた名選手は沢山います。

その代表として、日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在・野茂英雄投手

また、イチローさんと共にオリックスの黄金時代を築いた立役者で、後にメジャーリーグでも活躍した田口壮さん

野球ファンでなくても、その名を知る人は多いでしょう。

 

そんな野球界、いやスポーツ界を代表するトップアスリートを次々と世に輩出していました。

一般社会で言うと、仰木監督は『理想の上司』と呼べるのかもしれませんね。

そんな稀代の名将・仰木監督でしたが、70歳の若さで天に召されました。

イチローと仰木彬、二人の関係性は?

仰木監督とイチローさん、二人の関係性を表現するのに『監督と選手』という言葉だけでは物足りなさを感じてしまいます。

ふさわしい言葉を言わせていただくならば、『師弟関係』でしょうか?

仰木監督の存在無くして、イチローさんの活躍はなかったのでは?と言っても決して大袈裟な表現ではないかと思います。

 

仰木監督は、彼以外の監督には存在しない、ある特殊能力を身に付けていました。

ある特殊能力とは?

それは『人心掌握術』

この能力こそ、名将&人材育成の達人に成り得た秘訣なのだと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました