清原和博の年俸推移が凄すぎ…【でも引退後の現実が寂しい(TOT)】

清原和博
スポンサーリンク

清原和博さんは、甲子園での実績をひっさげてプロ野球界に鳴り物入りで入団した、はじめからスター選手でした。

プロ野球では「番長」と言われ、その驚異の長打力とチャンスに強いメンタルで活躍します。

そのスター選手の現役時代の年棒推移は、どのようなものだったのでしょうか?

各球団に所属していた時代を振り返りながら、清原和博さんの年棒推移をご紹介していきたいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・稼ぎまくりだった、西武~ジャイアンツ時代の清原和博さんの年俸推移

・晩年のオリックス時代は・・・。

・あれだけ稼いだ年俸は一体・・・。

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

嫁や娘とのチャンネル争いは卒業しましょう♪

 →今すぐDAZNを無料体験してみる

稼ぎに稼いだ!清原和博の年俸推移(西武~巨人時代)

清原和博選手は19歳で西武に入団します。

初年度の年棒600万円です。

新人王を獲得するほどの大活躍を見せたルーキーイヤー。

初年度とはいえ、西武は安い買い物をしたと言えるでしょう。

2年目約4倍の2200万円で契約します。

西武の4番として躍進し続ける清原選手の活躍に比例して、順調に年棒推移していきます。

6年目、24歳の時には1億円に到達

当時、これは史上初の快挙であり、最年少で1億円プレイヤーになったということです。

あの落合博満選手が年棒1億円になったのが、1987年、34歳のときですから、清原選手がいかにスピード出世したかが分かりますね。

そして西部での最高年棒は、10年目、28歳のときの2億5000万円です。

 

西武での恵まれた環境からの脱却も考え始めた清原和博選手は、FAを取得し、憧れの巨人に移籍します。

巨人入団の最初の年、1997年の年棒は3億6000万円です。

この金額は、もちろん西武での実績が評価されたものと考えていいでしょう。

長嶋監督のもと、1年目から4番打者を任され、さらに活躍をつづけていきます。

 

 

しかし、このころから清原和博選手は怪我との戦いが始まります。

左太腿肉離れ、死球による左手亀裂骨折、右足靭帯負傷、そして特に左膝の故障が、終始清原選手を悩ますことになります。

それでも、5年契約最後の2001年、巨人に入団してから最高の成績を記録して、4年の契約継続と、最高年棒、4億5000万円を獲得します

清原選手の、ここぞというところでの勝負強さが垣間見れますね。

 

その後は怪我による成績の伸び悩みと、巨人フロントとの確執から、2005年に戦力外通知をうけることになってしまいます。

結局、清原和博選手の西武、巨人時代の年棒の総額は、44億7300万円になります。

ひとりの人間が稼ぎ出した金額としてはすごい額ですが、プロ野球界のスター選手、清原和博さんならこのくらいは稼げるということですね。

スポンサーリンク

晩年の清原和博の年俸推移(オリックス時代)

巨人から戦力外通知をうけた清原和博選手にオファーを出したのは、地元大阪に本拠地を置く、オリックス・バファローズでした。

仰木彬さんからの度重なる説得によって、オリックスに入団することになります。

 

オリックスに移ってからの年棒推移を見ていきましょう。

入団時の年棒は、2億5000万円

巨人時代に比べれば金額は下がりましたが、それでも高額の待遇です。

「最後の花道を飾る」ために、清原選手はなんとか奮起しようともがき続けます。

しかし、長年の下半身の怪我によって思うような活躍もできず、2007年は手術とリハビリで終わることになります。

2008年、最後の意気込みを見せて1億5000万で契約更新しましたが、やはり怪我の影響で成績が振るわず、引退を決意することになりました。

→関連記事: 片岡篤史の年俸推移を調査したところ、予想以上に稼いでいた。

オリックスで得た年棒は、3年間で6億5000万円

この金額が多いか少ないかは難しいところです。

清原和博さんの野球に対する思い、プロ選手としての意識、プライド、そして声をかけてくれた仰木彬さんに恩返しをしたいという想いなど、複雑な感情が入り混じった数字になっているのです。

西武時代は野球をやっていれば成績がついてきて幸せだった時代だったととらえれば、オリックス時代の清原和博さんはプロとして何ができるのかを見つけ出すための成熟の時代だったと言えます。

オリックスという、最後を飾る場所を得られたことで、自分を見つめなおすことができた清原和博さん。

そんな人間ドラマに思いを馳せるのも、プロ野球ファンの楽しみというものだと思います。

あれだけ稼いだ年俸はどこに…清原和博の浪費癖がヤバい

清原和博さんの23年間の年棒の合計額は、51億2300万円です!

プロ野球の生涯年棒として11位にランキングしています。

ちなみにトップはイチロー選手の189億円ですから、メジャーに行くと金額も跳ね上がりますねー。

 

プロ野球選手として素晴らしい成績を残し、スター選手として知名度も抜群な清原選手であれば、50億円くらいは、当然稼げる金額なのかもしれません。

しかし、清原和博さんには数々の浪費癖があり、金欠であると報じられています。

プロ1年目から高級車を数々乗り回し、飲みに行くときは100万円以上使ったと言われています。

一晩の飲み代で最高、500万円というから、驚きですね!

 

なぜこんなにもお金を使ってしまうかというと、一言でいうと見栄です。

セコい飲み方をしていたら、世間が抱く『清原』のイメージにあわない」という、親分肌の性格が浪費癖を助長してしまったようです。

お金がなくなると「稼いだ50億円はどこにいったんだ」と愚痴るという、ちょっと寂しい状態になっています。

「プロ野球界の番長」「お祭り男」のイメージは、ファンや大衆のなかにはまだまだ存在しているのですから、それを大切にしてもらいたいと思います。

清原和博の年俸推移が凄すぎ…【でも引退後の現実が寂しい(TOT)】:まとめ

・清原和博選手の西武から巨人の年棒推移はうなぎのぼりで、最高年棒は4億5000万円。

・巨人退団後に移籍したオリックスでの清原和博さんの年棒推移は、2億5000万円から1億5000万円。

・清原和博さんは生涯年棒50億円以上。しかしその浪費癖がたたり、現状は金欠状態になっているらしい。

以上の内容でお送り致しました。

 

西武の若武者として華麗にプロ野球に登場した清原和博さんは、現状に甘えることなく、あくまで自分の可能性を信じて巨人に移籍します。

そのような向上心が50億以上の金額を稼ぎ出したとしても、なんら不思議なことはないと思います。

惜しむらくは、常に怪我との闘いに付きまとうストレスのはけ口を、その浪費癖や虚勢のつよさなどで発散していたことでしょうか。

その負けん気の強さが、清原和博さんのいいところでもあれば弱さでもある、と言えるかもしれませんね。

【無料で31日間お試し】脱・チャンネル争いのチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、嫁や娘とのチャンネルを卒業できます♪

ひたすら野球を見ていても、白い目で見られたり…文句を言われたり…そんな気まずい思いをせずに済みますよ(笑)

 

→DAZNの詳細はこちら

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、嫁や娘にチャンネルを譲る必要が無くなる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料でスポーツ観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

 

そして、なんとDAZNなら野球だけでなく、世界各国130種類以上のスポーツ中継が視聴できます!

サッカーだけでもJリーグ、プレミアリーグ、セリエA・・・と、圧倒的なコンテンツのボリュームを誇ります!

またテニスやバスケット、F1に至るまで様々なジャンルのスポーツを配信中です。

スマホを片手に、自分だけの時間を楽しみましょう♪

 

→DAZNの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました