ダルビッシュ有の通算成績をチェック!メジャーの成績も冷静に分析…

ダルビッシュ有
スポンサーリンク

この記事では、ダルビッシュ有選手の日ハム時代、メジャー時代の通算成績と、ダルビッシュ有選手が通算165勝にこだわる理由をお伝えしています。 

 

ダルビッシュ有選手の 

通算成績はどのような数字が並ぶのでしょうか。 

 

それを日ハム時代とメジャー時代で比較すると 

よりメジャーリーグで活躍する今の状態がどのようなものか分かります。 

 

この記事をお読み頂くことで、

・日ハム時代の輝かしい通算成績

・メジャーのレベルの高さ…それを感じざるを得ない成績

・ダルビッシュ有が目指している勝利数の訳

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

嫁や娘とのチャンネル争いは卒業しましょう♪

 →今すぐDAZNを無料体験してみる

ダルビッシュ有の通算成績(日ハム時代)

顔はイケメン、スタイル良し、成績良し 

 

このような投手が最近増えています。 

 

とくに「スタイル良し」の面では 

 

それまでが 

「ザ・日本人」という体格の投手が主流の中 

 

足がすらっと長く 

「スタイル良いな~」と思えるピッチャーはあまりいませんでした。 

 

個人的な印象として 

 

「スタイル良いな~」 

 

のピッチャーが増え始めたのは 

 

ダルビッシュ有選手あたりからだと感じます。 

 

それ以前で挙げるならば 

 

斉藤和巳選手くらいですね。 

 

さて、そんなスタイル、顔、成績良しの 

ダルビッシュ有選手が本日のテーマ。 

 

次は「成績良し」の面を見てみましょう。 

 

  • プロ入り2年目から6年連続二桁勝利 
  • プロ野球史上初の5年連続防御率1点台 
  • シーズン15勝4度 
  • 200奪三振4度 
  • 沢村賞 
  • 最優秀選手2度 
  • ベストナイン2度 
  • 最優秀投手 
  • ゴールデンスピリット賞 

他多数 

 

挙げればきりがありません。 

 

日ハム時代のダルビッシュ有選手は一人無双状態でした。 

ついでに日ハム時代の通算成績はこのようになります。 

 

167試合93勝38敗、55完投、防御率1.99、奪三振1250 

 

圧倒的な数字です。 

 

7年間で93勝ということは 

1年で平均13勝以上を挙げている計算。 

 

そして特筆すべきは勝率です。 

 

日ハム時代の勝率は 

 

.710 

 

7割の可能性で勝っていたという計算です。 

 

10回マウンドに立ったら 

7回は勝つのです。 

 

安心感が他の投手とは違いますね。 

 

絶対的エースは北京オリンピックの際にも 

日本代表のエースとして投げ抜きます。 

 

また、北京オリンピックの次の年 

 

2009年のWBC決勝韓国戦で最後にバッターを抑えて吠えるシーンは 

 

かなり印象に残っています。 

 

ダルビッシュ有選手がいなければ 

日本の野球は変わらなかったかもしれません。 

 

WBCでの活躍などたくさんの偉業を作って 

日本野球界をけん引してきました。 

 

最近では、トレーニングの在り方や休みの取り方について 

海外にいながらも、日本の野球の変革を促しています。 

 

これだけの成績を残している選手が言うのですから 

その言葉には説得力がありますよね。 

 

そんなダルビッシュ有選手ですが 

NPBに入団したころは「メジャーに興味はない」と言っていました。 

 

しかし、現状はメジャーに挑戦をしています。 

 

そのままNPBにいてくれたら 

どんな成績を残していたことか… 

スポンサーリンク

ダルビッシュ有の通算成績(メジャー時代)

ダルビッシュ有選手がなぜメジャー挑戦をしたのか。 

 

興味はなかったはずです。 

 

さまざまな憶測はありますが、有力そうなのは 

 

「ダルビッシュが投げたら相手が諦めムードになるから」 

 

7割の勝率を残していれば分からないでもないですが 

より高みを目指したいのは、アスリートの性なのでしょう。 

 

結局2011年メジャーリーグ挑戦を表明します。 

 

この挑戦をどう評価するかは 

メジャー通算成績(2019年シーズンまで)をご覧いただいてからにしましょう。 

 

139試合57勝45敗、2完投、防御率3.49、1070奪三振 

 

日本の通算成績がずば抜けていたため 

やや見劣りする印象です。 

 

勝率は.543 

 

半分は勝っているのですが 

これでは「絶対的に安心」とまではいきません。 

 

ついでに仲良くしている 

田中将大選手のメジャー通算勝率は.636 

 

ダルビッシュ有選手がメジャーに挑戦して最初に苦しむのが 

 

コントロール 

 

でした。 

やはり、日本と比べるとボールはすべるし、マウンドは固いです。 

 

NPBもMLBも7年間ずつ経験していますが、与四球は 

 

NPBが333個、MLBが384個 

 

とコントロールに苦しむ様子が見られます。 

また、自信のったストレートが見事にスタンドまで運ばれるので、被本塁打数が 

 

NPBで58本、MLBで132本 

 

とかなりの差がついてしまっています。 

 

メジャーのレベルの高さにも原因がありますが、それだけではありません。 

 

肘の故障と手術 

 

も影響していないとは言えないでしょう。 

 

2015年オープン戦にて 

右肘内側側副靭帯損傷が判明し、シーズンを長期離脱します。 

 

そこで今や日本の野球ファンにもお馴染みとなった 

 

トミー・ジョン手術 

 

を受けて、リハビリに励みます。 

 

調子の波はありながらも 

新しい変化球の取得や肉体改造をして、何とか投球を続けています。 

 

プライベートでは 

メジャー挑戦直前に前妻のタレント紗栄子さんと離婚しました。 

 

さらにレスリング選手兼コーチの山本聖子さんとの結婚と、プライベートも忙しい毎日です。 

 

とはいっても2020年で34歳を迎えます。 

 

プロ野球選手の選手生命からいうと 

キャリア後半に入り、体力の維持についても考えなければなりません。 

 

怪我を克服し 

NPBで見せた活躍をメジャーでも再度見せてくれることを期待しています。 

ダルビッシュ有が目指す通算成績「165勝」の理由

2019年度シーズン終了時点で 

ダルビッシュ有選手の日米通算勝利数は156勝。 

 

150勝という節目の勝利数を挙げたのちに 

インタビューで勝利数について語った言葉があります。 

 

一人だけ抜きたい人がいるので。あと16勝したいと思います 

 

ダルビッシュ有選手は 

特に通算勝利数を意識しているわけではありません。 

 

それでも「一人だけ抜きたい人」はいるようです。 

 

なぜその人を抜きたいのか。 

一体ダルビッシュ有選手が目標としている人物は誰なのか。 

 

ヒントはインタビューの中で語られた 

 

あと16勝 

 

150に16を足せば166勝となります。 

 

ダルビッシュ有選手が目指している 

160勝以上、そしてこれまでの関係者から導き出される選手は 

 

佐藤義則元楽天投手コーチ 

 

です。 

 

選手歴 

阪神ブレーブス~オリックス・ブルーウェーブ  1977~1998 

監督・コーチ歴 

オリックス  1999~2000 
阪神  2002~2004 
日ハム  2005~2007 
楽天  2009~2014 
ソフトバンク  2015~2017 
楽天  2018~2019 

受賞歴 

最多勝利、最優秀防御率、新人賞、最多奪三振 

通算成績 

501試合165勝137敗、防御率3.97 
選手・コーチとしての特徴 
1985年にシーズン21勝を挙げ、最多勝利に輝く。以後パ・リーグでは2003年の斉藤和巳選手まで記録は抜かれていない。 

ヨシボールと呼ばれる独特のフォークを投げ、奪三振王にも輝いた。 

コーチとしては日ハム時代のダルビッシュ有選手、楽天時代の田中将大選手など、多くの大投手を手掛けてきた。 

 

ここではダルビッシュ有選手が 

1年目からお世話になっていたことに注目です。 

 

プロ入団間もないころから 

佐藤義則コーチのお世話になっていたダルビッシュ有選手。 

 

ダルビッシュ有選手も 

2005年に入団していたので3年間の付き合いということになります。 

 

プロに入り、それまでとはまったく違う 

天才ばかりが集まる世界でダルビッシュ有選手は苦悩していました。 

 

1年目のダルビッシュ有選手の成績は 

 

14試合5勝5敗、防御率3.53 

 

プロ野球選手としては「まあまだ一年目だしね」 

と言われる程度の成績です。 

 

高校時代との違いに戸惑っていたことは言うまでもありません。 

 

そこで佐藤義則コーチの登場です。 

佐藤義則コーチが1年間指導をした結果、2年目の成績は 

 

25試合12勝5敗、防御率2.89 

 

と2桁勝利を収めます。 

さらに3年目には15勝、奪三振も初めて200を超えました。 

 

ダルビッシュ有選手の影に 

佐藤義則コーチの指導ありですね。 

 

そんな佐藤義則コーチの通算勝利数が 

 

165勝 

 

なのです。 

 

ダルビッシュ有選手が 

なぜ165勝を目指すのか理由は明白ですね。 

 

2019年度までで 

156勝まできています。 

 

残り14勝。 

 

昨シーズンは6勝しか挙げられず悔しい思いをしたはずです。 

 

しかし目標がある人間は強い。 

あと1・2年で目標達成できる数字ですね。 

ダルビッシュ有の通算成績をチェック!メジャーの成績も冷静に分析…:まとめ

・ダルビッシュ有選手の日ハム時代の通算成績は、167試合93勝38敗、55完投、防御率1.99、奪三振1250と圧倒的な数字でした。 

・ダルビッシュ有選手のメジャー通算成績は139試合57勝45敗、2完投、防御率3.49、1070奪三振と、日本での活躍ほど数字は残せていません。環境や怪我の影響が大きいと考えられます。 

・ダルビッシュ有選手は通算勝利数165勝を目指しています。その理由は日ハム時代にお世話になった佐藤義則コーチを目標にしているからだと考えられます。 

以上の内容でお送り致しました。

 

ダルビッシュ有選手の日ハム時代の通算成績は驚異的なものがあるなと感じます。 

 

メジャー挑戦後に怪我などでなかなか思うように投げられていませんが、必ず復調させるでしょう。 

 

それが2020年シーズンなのかもしれません。 

 

通算成績は過ぎた後に出されるもの。それよりも目の前の目標である165勝を目指せば「ダル復活」の見出しが新聞に出されるはずです。 

【無料で31日間お試し】脱・チャンネル争いのチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、嫁や娘とのチャンネルを卒業できます♪

ひたすら野球を見ていても、白い目で見られたり…文句を言われたり…そんな気まずい思いをせずに済みますよ(笑)

 

→DAZNの詳細はこちら

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、嫁や娘にチャンネルを譲る必要が無くなる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料でスポーツ観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

 

そして、なんとDAZNなら野球だけでなく、世界各国130種類以上のスポーツ中継が視聴できます!

サッカーだけでもJリーグ、プレミアリーグ、セリエA・・・と、圧倒的なコンテンツのボリュームを誇ります!

またテニスやバスケット、F1に至るまで様々なジャンルのスポーツを配信中です。

スマホを片手に、自分だけの時間を楽しみましょう♪

 

→DAZNの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました