田中将大と斎藤佑樹の差に納得…甲子園対決の頃が儚くも懐かしい…。

田中将大
スポンサーリンク

この記事では甲子園ではライバルであった田中将大選手と斎藤佑樹選手に、なぜ差がついたのか、どのくらい差がついているのかを紹介しています。 

 

田中将大選手と斎藤佑樹選手はかつて甲子園のライバルでした。 

 

しかし、現在のキャリアは大きく違います。 

 

その差の大きさと原因は一体どこに…? 

この記事をお読み頂くことで、

・アメリカのメディアが報じた、かつてのライバル対決

・田中将大と斎藤佑樹に大きな差が付いてしまった理由について

・二人の発した言葉を比較すると、その理由が何となく分かる気が・・・

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

嫁や娘とのチャンネル争いは卒業しましょう♪

 →今すぐDAZNを無料体験してみる

米メディアが田中将大と斎藤佑樹の「甲子園対決」を報じる

むか~し、むかしのものがたり 

 

あるところに甲子園を沸かす2人の球児がいました。 

 

名前を田中将大選手と斎藤佑樹選手と言います。 

 

田中将大選手は駒大苫小牧のエース。 

一方斎藤佑樹選手は早稲田のエース。 

 

「超」高校級の球児は 

第88回全国高等学校野球選手権大会の決勝で戦いました。 

 

というほど昔話のように感じます。 

 

あの頃は「超」高校級の2人に 

ここまでの差がつくとは思いませんでした。 

 

一方はメジャー昇格 

一方は2軍と1軍を行ったり来たり。 

 

対照的なキャリアですが、10年以上「むか~し」のことなのに 

いまだにあの日決勝戦は色濃く私たちの脳裏に焼き付いています。 

 

そのため、2人のインタビュー映像などを見ても 

あの日の決勝戦について聞かれることもありますよね。 

 

実は、この2人の甲子園決勝について 

アメリカのスポーツ専門メディアが取り上げていました。 

 

当時は「ハンカチ王子」と呼ばれ 

クールでイケメンな最強投手だった斎藤佑樹選手。 

 

一方、マウンドで闘志をむき出しに、力でバッターをねじ伏せてきた田中将大選手。 

 

決勝での戦いは壮絶なものでした。 

 

1試合目は決着がつかずに再試合となります。 

 

翌日の再試合では

前日15回を投げ切った斎藤佑樹選手が先発し、結局この試合も最後まで投げ切ります。 

 

早稲田が1点リードした状態で迎えた9回ツーアウト 

 

バッター田中将大選手 

ピッチャー斎藤佑樹選手 

 

これほど熱い展開はありません。 

 

結局三振を取り、試合は早稲田が優勝します。 

 

しかし、この戦いの結果より 

高校野球の魅力が詰まりきった戦いであったことの方が印象深いですよね。 

 

その後、田中将大選手はプロ野球入り 

斎藤佑樹選手は早稲田大学進学後にプロ入りを果たします。 

 

記事内では 

 

あの大会を振り返ると、タナカが学んだ最も需要なことは、大舞台で登板するという感覚だった。~中略~若きタナカの心に残った最大の印象は、最終戦の緊迫感だった 

 

と書かれています。 

 

続けて 

 

彼らの歩んだ道のりは、彼らにプロとして対照的なキャリアを導くことになった 

 

としているのです。 

 

やはり斎藤佑樹選手の大学進学は 

野球を極める上では失敗だったのでしょうか。 

 

プロ入り後は、両選手ともに怪我を負っています。 

 

田中将大選手はその中でも毎年2桁勝利を挙げていますが 

斎藤佑樹選手は入団以降77登板しか経験できていません。 

 

本当に進路先が結果につながるのかは分かりません。 

 

ただし、結果だけを見れば否定できない事実ですね。 

 

スポンサーリンク

田中将大と斎藤佑樹に、ここまでの差が着いたのはなぜ?

甲子園の結果だけを見ると 

勝ったのは早稲田の斎藤佑樹選手です。 

 

1試合目は斎藤佑樹選手は15回すべてを投げ切り、 

田中将大選手は3回から救援で登場しました。 

 

 

再試合でも斎藤佑樹選手は9回を投げ切り、 

田中将大選手は1回途中からの救援で投げました。 

 

トータルで見ても、苦しい立場にあったのは斎藤佑樹選手。 

 

その中でも最終回にもかかわらずMAX147km/hを投げるほどでした。 

 

それがいつの間にここまでの差になってしまったのでしょう。 

 

やはり転換点として考えられるのは 

 

プロ入りか大学進学か 

 

の点でしょう。 

 

ある『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社刊)では 

 

「当たり前のレベルの違い」 

 

が人を大きく分けるといいます。 

 

プロ野球、大学どちらも野球に取り組むことができます。しかし 

 

プロ野球で野球をやること 

つまり、お金を稼ぎ、人生をかけなければならないもの 

 

ですよね。 

 

一方「大学野球だからと言って人生をかけない」というわけではありませんが 

 

プロ野球に比べると大学生の本業は

 

学ぶこと 

 

です。 

 

だからどうしても「当たり前」のレベルは違ってくると思います。 

 

もちろん、斎藤佑樹選手も大学でプロに通用するための練習をしてきたでしょう。 

大学日本一にも輝いています。 

 

しかし、斎藤佑樹選手が練習を重ねているなかで 

 

田中将大選手は、ピリピリとした張感と大歓声が聞こえるマウンドで 

それこそ、人生をかけて一球一球投げているのです。 

 

打たれれば給料が減るし、最悪仕事がなくなるのです。 

 

「当たり前」の世界観が違います。 

 

何度も言いますが 

大学野球を否定しているわけではありません。 

 

大学野球出身でもたくさんのプロ野球選手が活躍していますし、 

高校からプロに入団しても、大卒の同級生よりも晴れ舞台にいられるとは限りません。 

 

ただ、高校球児の時のライバルであった2人に 

なぜここまでの差がついたのかを考えると 

この4年間は大きいのではないかと考えます。 

 

とはいっても、大学4年間の学びは田中将大選手にはありません。 

 

その学びを生かすことで 

斎藤佑樹選手がさらに活躍することを望みます。 

 

30歳を超えた今からはどうしても体力は衰えていきます。 

 

次に必要なのは体力を補う

「頭の使い方」ではないでしょうか。

 

田中将大と斎藤佑樹の発言を比較→差が付いた理由が分かるような…

言霊 

 

発した言葉には力が宿ります。 

 

発した言葉はその人のありのままを映しています。 

 

発した言葉がその人を方向付けます。 

 

田中将大選手と斎藤佑樹選手の発言を比べると 

いわゆる言霊の力を感じざるを得ません。 

 

これが「当たり前」の世界のレベルが違うということでしょうか。 

 

大都会を経験したときの発言 

 

  • 田中将大選手「(ニューヨーク)最初に食べたのは近くのスーパーのお寿司です」 

 

ザ・庶民… 

ヤンキース入団会見での発言です。 

世界最大の都市に降り立っても、田中将大は田中将大なのです。 

 

自分を見失うことはありません。 

 

そういえば、以前もインスタに日本に帰ってきた一発目の朝食のメニューを挙げていました。 

 

内容は 

味噌汁とたまごかけご飯 

 

という、ザ・庶民な一面を見せ「やっぱこれやなー」だそうです。 

 

次にプロ入り後、青山を車で通過しているときの斎藤佑樹選手 

 

  • 斎藤佑樹選手「あっカレラ ポルシェ!カイエン乗りてえ~中略~青山に土地買うのってやばいっすか?」 

 

ある意味庶民的な発言です。 

 

しかし、完全に自分を失っています。 

大都会に翻弄されまくりですね。 

 

翻弄されるのは投手としてはいただけない性格ですね。 

 

次が勝負に勝った時の発言です。 

 

  • 田中将大選手「まだここでの成功を宣言するのは早い」 

 

メジャー1年目のメッツとの試合で 

9イニング4安打8奪三振、無四球無失点で勝利したときの発言です。 

 

「今回の試合はアメリカに来ても最も完璧」 

 

としつつも、あくまで7年契約の中でも一勝であり 

まだまだ努力すべきと考えての発言だそうです。 

 

現状に満足せず

常に謙虚に努力し続ける日本人らしさを感じますし

それが田中将大選手の強さなのでしょう。 

 

一方、2年目開幕投手として完投勝利したときの斎藤佑樹選手。 

 

  • 斎藤佑樹選手「いまは持っている人ではなくて、背負っています」 

 

これは、順番を逆に紹介した方が良かったですね。 

 

斎藤佑樹選手の発言が浮いて聞こえます。 

 

その場だけで聞くと「これから頑張れよ!」 

となるのかもしれませんが、この順で紹介すると… 

 

謙虚さは日本人の美徳です。 

 

未来を見据えた「今日の勝利」なのか、単純な「今日の勝利」 

同じ「今日の勝利」でも2人のとらえ方は全く違います。 

 

そして最後に失点したときの発言です。 

 

  • 田中将大選手「勝てない責任は自分にある」 

 

10回1失点という十分すぎる好投でも

引き分けになる原因の1点を取られてしまったことが

勝ちにつながらないのでは意味がないということでしょう。 

 

どこまでストイックというか、謙虚というか。 

 

そのような発言をしていると 

言霊が味方して10回でも0点に抑えられるようになるのです。 

 

少し、紹介するのに躊躇してしまいますが… 

 

  • 斎藤佑樹選手「(二軍)で11点取られた結果が全部悪いということにすると、やりたいことがぶれてしまう。進んでいる方向は間違いない」 

 

うーん。 

 

前向きといえば前向きですが 

全く振り返ろうという気がしないのは気のせいか… 

 

今の世の中は 

 

PDCAサイクル(P:プラン、D:ドゥー、C:チェック、A:アクション) 

 

が大事だと言われています。 

 

プランとドゥーの後の

チェックとアクションをしなければ物事が改善されません。 

 

もちろんこの試合11失点のうち自責点は7で 

4点分は自分の責任ではないのですが、7点は自分の責任ですからね。 

 

自身の発言を大事にすることが 

より良い結果を招くことを象徴しています。 

田中将大と斎藤佑樹の差に納得…甲子園対決の頃が儚くも懐かしい…。:まとめ

・甲子園を沸かせた田中将大選手と斎藤佑樹選手は、高校卒業後の進路の違いによりキャリアの差が出ました。このことをアメリカのメディアが報道しています。 

 ・田中将大選手と斎藤佑樹選手というライバル同士に差がついたのは、プロと大学野球の「当たり前」のレベルが違ったことかもしれません。 

 ・田中将大選手と斎藤佑樹選手の発言からも差が見えます。言霊を大事にしましょう。 

以上の内容でお送り致しました。

 

斎藤佑樹選手(ハンカチ王子)と田中将大選手(北の怪物)が甲子園で熱闘を繰り広げて10年以上の時が経ってしまいました。 

 

まだ、あの決勝再試合の映像は頭に強く残っていますが、知らない間に2人には大きな差がついてしまっています。 

 

30歳を超えた今、体力と技術と経験でライバルであった2人が、プロ野球界を盛り上げてくれることを期待しています。 

【無料で31日間お試し】脱・チャンネル争いのチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、嫁や娘とのチャンネルを卒業できます♪

ひたすら野球を見ていても、白い目で見られたり…文句を言われたり…そんな気まずい思いをせずに済みますよ(笑)

 

→DAZNの詳細はこちら

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、嫁や娘にチャンネルを譲る必要が無くなる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料でスポーツ観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

 

そして、なんとDAZNなら野球だけでなく、世界各国130種類以上のスポーツ中継が視聴できます!

サッカーだけでもJリーグ、プレミアリーグ、セリエA・・・と、圧倒的なコンテンツのボリュームを誇ります!

またテニスやバスケット、F1に至るまで様々なジャンルのスポーツを配信中です。

スマホを片手に、自分だけの時間を楽しみましょう♪

 

→DAZNの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました