今回は、桑田真澄さんの長男、桑田真樹さんについて詳しくお伝え致します。

現在はどうされているのでしょうか?

次男のMattさんは日本人離れしたお顔立ちをしています。

となると、長男・桑田真樹もあんな感じで、美意識も高いのか?

また、『桑田真澄 長男』と検索すると、次の検索候補に『事件』と出てくる理由は?

スポンサーリンク

桑田真澄の長男・桑田真樹のプロフィール(画像も)

 

生年月日:1992年8月10日
出身地:東京都
最終学歴:桜美林大学卒業
身長:180センチ
体重:78キロ
職業:プロ野球選手(BCリーグ)
ポジション:外野手
所属球団:滋賀ユナイテッドベースボールクラブ

やはり桑田真澄の長男、周囲の期待に応えてプロ野球選手になっていますね!

画像で確認する限り、お顔もソックリですよね?

ただ、お父さんが活躍していたNPBとは違う所属先、BCリーグだったんですね。

この辺の情報は後程お伝え致します。

まずは、球界のスーパースター・桑田真澄の長男として生まれた桑田真樹さんの足跡を辿ってみましょう。

 

スポンサーリンク

長男・桑田真樹のこれまで

桑田真澄さんに長男・桑田真樹さんが誕生した頃は、既にプロ野球選手…それも人気球団である読売ジャイアンツのエースという立ち位置でした。

その長男・桑田真樹さんは生まれる前から、そして生まれて以降も注目された存在だったということですね。

そんな彼の少年時代から調査してみました。

桑田真樹の野球開始~中学時代

偉大な父の影響からでしょう、長男・桑田真樹さんは小学校4年生の頃から野球をはじめました。

軟式野球からのスタートでしたが、5年生に進級すると硬式野球に転向。

中学生に上がり、舞台をボーイズリーグに移行。全国大会に出場し、チームをベスト16に導きました。

ちなみにポジションはショートと外野手。

お父さんのやっていたピッチャーには興味が無かったのでしょうか?

いや、『比較されるから』と思い、あえてピッチャーの道を避け外野手になったのかも?

 

私個人の意見ですが、桑田真樹さんにはお父さんと同じピッチャーをやって欲しかった!

もし仮にピッチャーをやっていたとしたら、超一流の遺伝子が成長を大きく後押ししたのではないかと思います。

偉大な父・桑田真澄さんはクレバーでとても頭が良く、投球術でバッターを打ち取っていました。

その才能は、間違いなく長男の桑田真樹さんにも受け継がれている筈。

あ、 次男のMattさんにも受け継がれているんでしょうね、使う機会は皆無でしょうが・・・。

話を戻しましょう・・・外野手ですと、その才能を活用するシーンはあまり無いように思います。

つまりこれは、宝の持ち腐れ(それも国宝級の財宝!?)なのでは…と考えてしまいます。

ファンとして言わせていただきたい。

 

桑田真樹さん、勿体無いですよ(>_<)

 

以上、ファンの戯れ言でした!

桑田真樹の高校時代~プロ野球選手になるまで

中学校を卒業後、桜美林高校に進学しました。

当然そこでも野球部に入り、練習を日々を過ごしました。

桜美林高校は甲子園に何度も出場した実績を誇る、野球の名門校。

当然、甲子園を目指して名門校を選んだのでしょうね。

桑田真澄の長男として恥じない活躍を…!と意気込んで野球に打ち込んでいたのだと思います。

・・・ですが残念ながら、甲子園出場は果たせませんでした。

白球を追い続けた三年間でしたが、夢届かず。

もし仮に甲子園に出場できていたとしたら、大きな注目を集めたでしょうね。

本当に残念ですね…勝負の世界は厳しい!




桜美林高校を卒業後は、桜美林大学に進学し、野球部に入ります。

チーム内のポジション争いに打ち勝ち、4年生になると外野手としてレギュラーに定着しました。

そして2014年10月7日、野球ファンにとって大注目の『プロ志望届け』を提出。

桑田真澄の長男はドラフト指名されるのか!?



・・・ファンの願い虚しく、真樹さんはNPBのどの球団からもドラフト指名されず。

それでも桑田真樹さんの野球に対する情熱は失われていませんでした。

BCリーグの合同トライアウトに挑み、BCリーグのドラフト会議で2位指名を受けました!

指名を受けた球団は『新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ』。

桑田真樹さんは晴れてプロ野球選手になりました。

 

スポンサーリンク

桑田真樹さんの所属するBCリーグって?

桑田真樹さんの所属するBCリーグとはどういった団体なのでしょうか?

華やかなNPBの影に隠れている感は否めないのですが・・・。

調べてみたところ、大変興味深い団体でしたのでお伝え致します。

 

一般的に『プロ野球』とは、NPB(日本野球機構)を意味することが多いと思います。

日本野球の頂点であり、多くの少年の夢、そして数えきれないファンを抱えています。

NPBで活躍したスラッガーが、MLBに渡り活躍する姿も見られますよね。

ワールドベースボールクラシック(WBC)ではNPBの選手が中心となったチームで、二度の世界一に輝いています。

そういう意味では、NPBは世界トップのレベルである!と言えるのではないでしょうか?




・・・と、そんな華やかな世界とは違った『プロ野球』もあります。

桑田真澄さんの長男・桑田真樹さんが所属するBCリーグは、その代表格とも言える存在です。

BCリーグとな何か?詳細は下記をご覧いただきたいと思います。

地域のスポーツ活性化を目的として、四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)に続く日本で2番目の野球の独立リーグとして2006年に設立され、2007年より試合を開催している。その運営理念として、野球興行だけでなく、野球選手の指導・マネジメント業務と野球教室・各種スポーツイベントの企画運営も事業内容に含まれている。

NPBとはひと味違った感じがしませんか?

BCリーグ等の独立リーグからNPB入りする選手も徐々に増えてきています。

そういった夢を求めてプレーする選手も多く、年々注目度は増してきています。

桑田真樹さんも、夢に向かって頑張っている内の一人なんでしょうね。

 

BCリーグをはじめとした独立リーグの存在は、選手にとって非常にありがたいのではないでしょうか?

プロ野球(ここではNPBを指す)選手を目指していたものの、プロ入りできなかった選手達の選択肢の一つとして、このような世界があるということは『希望の光』だと思います。

独立リーグの存在がなかった頃の選択肢は『野球を辞めるか、アマチュアで続けるか』のほぼ2選しかなかった筈。

待遇に大きな違いすらあるものの、独立リーグに所属する選手は紛れもなく『プロ野球選手』です。

 

以前テレビで放送されていましたが、独立リーグの選手の給料を知り『…え?』と戸惑うくらい安かったです。

彼らの名誉の為に詳細情報は控えさせていただきますが、決して裕福とは言えないものでした。

ですが独立リーグでプレーできるということは、その先にある大きなチャンスに手が届く可能性を秘めているということ。

『今は苦しいけど、頑張ってNPB入りしてやる!』というハングリー精神に代えて、夢を実現してもらいたいですよね!

 

スポンサーリンク

桑田真樹の現在は?

BCリーグへと進んだ桑田真樹さんですが、現在はどのような状態なのでしょうか?

レベルアップして、NPB入りに近付いていたり!?

桑田真樹さんは2017年に滋賀ユナイテッドBCに移籍しています。

気になる実力の方ですが…それを計るため、直近の2018年シーズンに残した成績を見てみましょう。

 

試合数:45 安打:36 打点:19 本塁打:4 盗塁:4


独立リーグで終わるつもりはない。

桑田真樹さんはBCリーグに進む際、このようなコメントを残しています。

やはり父・桑田真澄さんと同じNPB入りしたい!という強い気持ちが伺えるコメントですよね。

・・・しかし、しかしです。

NPBよりレベルの低いBCリーグでこの成績では、正直厳しいと言わざるを得ません。

現在は厳しい状況かと思いますが、努力が報われブレイクスルーを起こしてくれることを期待したいです。

【事件】って出てくる理由は?

ネットで『桑田真澄 長男』と検索すると、その次の候補に『桑田真澄 長男 事件』と出てきます。

最初にお伝えしておきますが、桑田真樹さんは事件を起こしたこともありませんし、事件に巻き込まれたこともありません。

ではなぜ、このような検索候補が出てくるのでしょうか?

調査してみたところ、「この2つかな?」と思われる原因がありました。

1つ目:坂上忍さんが番組の中で Mtaaさんの写真を若干ディスる→MattさんがSNSで反論→これを【事件】と捉えたネットユーザーが検索した(長男は全然関係無いのに)。



2つ目:俗にいう(KKドラフト事件)と、桑田真澄さんの長男をネットユーザーが検索した(これも長男は関係なし)。



どちらも長男・桑田真樹さんとは関係ないことですよね。

何事もなくて良かったとは思いますが・・・。

ご家族やご本人が検索し、『事件』なんて検索候補が出てきたらビックリするでしょうね。

 

長男・桑田真樹と次男・Mattはなぜ似てない?

桑田家の長男・桑田真樹さんと、次男のMattさんは全く別の道を歩んでいます。

環境が変われば見た目も変わるよねぇ~・・・というレベルじゃないくらいに、お二人の顔は似ていません!

長男の桑田真樹さんはお父さんにソックリと言えますが、次男のMattさんは全然似てない…というより、欧米人寄り!?

兄弟であるにもかかわらず、なぜここまで似ていないのでしょうか?

 

その理由は、Mattさんの高すぎる美意識が要因みたいですね。

Mattさんの美に対する探求心は、そんじょそこらの女子には負けないくらいのレベルと言えます。

野球に一生懸命の長男・桑田真樹さんと、美に一生懸命の次男Mattさん。

道は違えど、その存在感の大きさは偉大な父譲り?と言えるのかもしれませんね!

まとめ

桑田真澄さんの長男・桑田真樹さんについて詳しくお伝え致しました。

現在もBCリーグでプレーしているみたいですから、今後テレビ等のメディアで見る機会があるかもしれません。

受け継いだ遺伝子は超一流であることに間違いない筈・・・であれば、その才能が突然覚醒したりするかも?

 

・・・と、プロ野球ファンであれば誰もが期待してしまうところではあります。

ですが、それはあまりにも酷な話ではないでしょうか?

確かに、偉大な父・桑田真澄さんと同じ道を選んだのは桑田真樹さんご本人であり、野球を始めるにあたり相当なプレッシャーを受け続けることになるのは覚悟の上だったのかもしれません。

しかし、父・桑田真澄さんは長男の覚醒を決して望んでいる訳ではないように私は思います。

むしろ、桑田真樹さんには『野球という素晴らしいスポーツを楽しんでほしい』と考えていたのでは?

その証拠…とまでは言えませんが、Matt さんには野球を無理強いしてはいませんしね。

どうしても我が子をプロ野球選手にしたい!と考えていたとしたら、少しでも可能性を高めるためにMatt さんにも野球をさせていたでしょう。

 

同じく偉大な父を持つプロ野球選手と言えば、長嶋一茂さん。

長嶋一茂さんも、現役時代は相当なプレッシャーの中で野球をやっていたと思います。

長嶋一茂さんが以前、テレビで話していた内容が強く印象に残っています。

『本当はピッチャーをやりたかったが、父の影響でサードをやらされた』

大学日本代表の4番を務め、ドラフト1位でプロ入りを果たしたものの、しがらみの中野球をやっていたんだな…と、切ない気持ちになりました。

 

本当の野球ファンであれば、名選手の子供に対して過度な期待をせず、あたたかい目で見守るべきではないでしょうか?

桑田真樹さんについて調べていくにつれ、そう考えるようになりました。

スポンサーリンク