「斎藤佑樹」と検索エンジンで検索すると、検索候補に「戦力外」と、一番に表示されます。

切ない予測ですよね^^;

その次に表示される候補の一つに「広島」というワードがあります。

え?「斎藤佑樹 戦力外 広島」って?広島カープのこと!?

斎藤佑樹投手が日ハムから戦力外通告を受け、広島に移籍するの?とビックリしてしまいました。

ですが、調べてみると別の事情がありました。

スポンサーリンク

広島を戦力外になったのは齊藤悠葵

広島カープには斎藤佑樹投手と同じ読み方で漢字違いの投手がいました。

その名も「齊藤悠葵」。年齢は斎藤佑樹投手より一歳年上です。

 

斎藤佑樹投手と名前の読みが同じだったので、「赤いハンカチ王子」とマスコミに名付けられたそうです。

齊藤悠葵は、福井商業高校出身で、甲子園には春1回、夏2回の3度も出場しています!

控え投手だったものの、計6試合に登板しています。

ストレートは130km/h台でしたが、抜群のコントロールがスカウトの目に留まり、2005年オフに広島カープに高校生ドラフト3巡目で指名。

本職は投手でしたが、高校通算34本塁打を誇り、50メートルを6.3秒で走る俊足の持ち主でもありました。

 

スポンサーリンク

赤いハンカチ王子、夢を叶える

 

『赤いハンカチ王子』こと齊藤悠葵には、面白エピソードがあります。

それはドラフト指名を受けた後の会見で、以下のような発言をしました。

「パワプロに出たい!」

パワプロとは、大人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』のことですね!

野球少年であれば、その多くがプレーした経験があると思います。

その夢は見事に叶い、実況パワフルプロ野球13決定版で実現しました!

パワプロに出るだけの活躍を、彼はルーキー時代から見せてくれました。

高卒ルーキながら、二軍で安定した成績を収めたことから一軍昇格。

巨人戦でプロ初登板初先発初勝利という、史上4人目の快挙を達成しました。

この快挙は『パワプロに出たい』という夢すらも、追い抜いてしまうくらいの偉業ではないでしょうか?

この試合のヒーローインタビューで、赤いタオルで汗を拭くというパフォーマンスを見せてくれたそうですよ!面白い!

 

スポンサーリンク

夢を叶えたものの・・・。

2009年には9勝11負の成績を残したものの、苦しいシーズンが続きます。

2013年と2014年は一度も一軍での登板が無く、2014年10月に戦力外通告を受けてしまいました。

「斎藤佑樹 戦力外 広島」はここに繋がっていたんですねー。

こんな検索候補が出たら、斎藤佑樹投手にとっては迷惑な話ですよね^^;

 

ネットで検索して、上記の様な検索候補を見つけてしまったら・・・↑こんな感じの表情になってしまいそうです汗

 

スポンサーリンク

まとめ

もし斎藤佑樹投手が大活躍していたら、こんな検索候補は出なかったでしょうね。

『赤いハンカチ王子』こと齊藤悠葵さんは、2014年に引退しています。

齊藤悠葵さんも、自分と同じ読み名である本家『ハンカチ王子』の活躍に期待している筈。




しかし残念ながら、成績だけをみると斎藤佑樹が戦力外になる日も遠くは…と心配になってしまう状況です。

ですが、その圧倒的な知名度と栗山監督の信頼を得ている状態ですので、そう簡単には戦力外通告は受けないでしょうが苦笑

こんな検索候補が出てこなくなるよう、斎藤佑樹投手には頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク