今回は、野村克也さんの引退試合に纏わるエピソードについて詳しくお伝え致します。

プロ野球選手の引退試合は、どの選手であっても感動的ですよね。

最後までやりきった選手、支え続けた家族、応援し続けたファン。

皆が涙を流して別れを惜しむ・・・そんなシーンが多いように思います。

しかし、野村克也さんが引退試合後に流した涙には、感動とはほど遠い別の意味が込められていました。

スポンサーリンク

野村克也の引退試合は

野村克也さんが現役選手として最後に出場したのは1980年の10月4日です。

ですがこの試合に出場した時点では引退するとは決めていませんでした。

現役を引退する決断をしたのは同年の11月15日、球団幹部との話し合いの末に出した結論でした。

球史に名を残すスラッガー・野村克也とはいえ、45歳という年齢には勝てませんでした。

本人は翌年以降の現役続行に意欲的ではあったものの、衰えは顕著で引退を囁かれる状態だったそうです。

野村克也さんの功績を称え、西武ライオンズは球団として最大限の誠意を見せました。

翌日の11月16日、地元西武球場で盛大な引退セレモニーを開いたのです。

最近行われている現役選手の引退試合は、『シーズン中に一打席だけプレーする』といったパターンが多いですよね。

ですが野村克也さんの場合はシーズンは終了してしまっていたため、別日に行われました。

公式記録には残りませんが、1980年11月16日に行われたセレモニーこそが、野村克也の引退試合と言えるでしょう。

・・・と言う訳で、今回は引退セレモニー=引退試合と表現させていただいております。

引退試合の様子については、以下をご覧いただければと思います↓

引退セレモニーは西武全選手が一・三塁間に横一列で並び、一人ずつピッチャーマウンド上のマイクで言葉を贈った後キャッチャーズボックスで構える野村に投球し、それを野村が受けるというものだった。南海の高卒新人捕手香川伸行から花束贈呈された。

 

 

野村克也さんは偉大な記録を残した名選手でした。

チームの勝利だけでなく、プロ野球の人気と発展にも大いに貢献したと思います。

そのような功労者の引き際が寂しいものだったとしたら、ファンとしても悲しい気持ちになってしまうところ。

盛大な引退試合をやってくれた球団の粋な計らいは、野村克也さんや彼を支えてくれた人たち、そして多くのファンにとっても最高の贈り物になりましたよね!

・・・と、これで終われば気持ちの良いものだったのですが。

何ともやりきれない、悲しいエピソードがありました。

スポンサーリンク

引退試合後の涙の理由が…

何ともやりきれないエピソードとは何か?

それは後日、野村克也さんがこのように話していました。


「引退の挨拶してるのに、お客さんはゾロゾロと帰っていった」


これは切ない・・・。

本当に長かった現役生活、それをやりきった今の気持ちを心を込めて話していた矢先です。

引退試合が終わり、野村克也さんはベンチ裏で大泣きしたそうです。

その涙の理由は、嬉しいから?悲しいから?

・・・いいえ、悔しさのあまり流れ出た涙でした。

昨今の引退試合を見ると、選手が話している最中にファンが『ゾロゾロ帰る』なんてことはないと思います。

これは『素敵なファンがプロ野球に増えた!』と言えるのではないでしょうか。

ノムさんの悔し涙は無駄にはならなかった、そう思いたいですよね。

 

スポンサーリンク

引退後に発した名言が最高

プロ野球選手が引退するとき、名選手であればあるほど言葉に注目が集まります。

長年活躍していた中で得た教訓であったり、支えてくれた周りの人への感謝だったり。

後世に語り継がれるであろう名言が生まれる瞬間です。

野村克也さんが引退後に残した名言は、『本当に引退する人の言葉?本当に前向き過ぎる!』と言われています。

11月16日、西武球場での盛大なセレモニーで見送られた後、記者たちに請われ、若手へのメッセージを残した。

「テスト生の俺が27年間もプレーすることを誰が予想したろう。常に高い水準を求めて一歩一歩、前進してほしい」

引退会見同様、悟りを開いたかのような言葉も野村らしい。

ただ、当時の記事中の次の言葉にさらに魅かれ、さすがとヒザを打った。

「これから背番号なき現役。これからは背広の現役でいくわ」

生涯現役、その生き方をいまもノムさんは貫いている。

如何でしょうか?

最後の台詞『背番号なき現役』という言葉、何とも前向きだとは思いませんか?

引退試合=野球選手として終わった、というのが多くの人の考えだと思います。

しかし野村克也さんは『ユニフォームを脱いだ後も俺は現役だ!』と。

このように前向きな考えがあったからこそ、名監督として名を馳せ、評論家としても確固たる地位を築くことができたのだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

引退試合で流した涙が『悔し涙』だったとは想像すらしていませんでした。

昔のプロ野球ファンは、選手の引退に対して素っ気ない感じだったのでしょうか?

それとも別の意味があったのか?

時代が変われば野球ファンも変わるものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク