この記事ではイチローさんという野球選手を通して、有名野球選手になる上で優位に働く要素について考察しています。

その要素は・・・・血液型です。

もちろん、血液型が全てとは言えません。

しかし、血液型が有名野球選手を生みだす上で、優位に働くことがあります。

それはイチローさんの場合においても・・・?

どう優位に働くのでしょうか。

 

この記事をお読み頂くことで、

・イチローさんのプロフィール全般

・偶然?スターの多い血液型のようで…

・同じ血液型の名選手がこんなにも!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

イチローの血液型等、プロフィールをご紹介

日本人だけでなく、世界のひとびとから愛されるイチローさん。

その知名度は、知らない人を探すほうが難しいくらいです。

日曜のアニメといえば「サザエさん」(先入観です)、昭和の歌姫といえば「美空ひばり」。

そして日本の野球選手といえば「イチロー」と言っても過言ではないと思います。

それだけ有名な野球選手です。

 

しかし、イチローさんの血液型は分かりますか?

これまで答えられた人は、「イチロー検定」なるものがあれば、2級くらい取得できるのではないでしょうか。(どうやらネット上には「イチロー検定」があるようです)

イチローさんに関する簡単なプロフィールを下に紹介しているので、血液型が分かった方も、分からなかった方もぜひご確認ください。

〇名前 イチロー(本名 鈴木一朗)

〇出身 愛知県西春日井郡豊山町

〇生年月日 1973年10月22日

〇職業 元プロ野球選手(1992~2019)

現シアトル・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター(2019~)

〇所属チーム

オリックス(’92~’00)マリナーズ(‘01~’12)ヤンキース(’12~’14)マーリンズ(’15~’17)マリナーズ(’18~’19)

〇選手時代の受賞歴

・日本プロ野球  首位打者 打点王 盗塁王 ベストナイン ゴールデングラブ賞

・メジャーリーグ MVP 首位打者 盗塁王 ゴールドグラブ

〇血液型 B型

国内外の受賞歴を並べるだけでも、イチローさんのすごさがよくわかります。

だからこそ、イチローさんの引退が報じられた時は、日本・世界中の野球ファンが寂しく思ったのではないでしょうか。

さて、ここで本題に戻ります。

超有名野球選手イチローさんの血液型はB型です。

実は、このB型にトップアスリートとしての秘密が隠されています。

スポンサーリンク

イチローの血液型は、アスリート向き?


安倍晋三さん、松本人志さん、羽生結弦さん、天童よしみさん

政治、お笑い、フィギュアスケート、歌謡界の「トップ」と言われる人に共通していることがあります。

それは、全員血液型がB型であるということです。

 

一般的にB型の人は「こだわりが強く独自の世界観を持っている。そのこだわりの強さは人一倍」と言われます。

あることに突出して能力が高く、しかもその能力について人一倍のこだわりを持っているのであれば、確かに「トップ」を生みだしやすいのかもしれません。

超有名野球選手であるイチローさんは自身の生き方へのこだわりなのか、このような発言をしています。

「『スーパースター』と言われてもうれしくはないが、『すごい野球選手だ』と言われるとうれしい」

およそ常人が聞いてもその違いが分からない言葉を、イチローさんの中では違いをとらえています。

この発言は、イチロー独自の世界観の強さを表していると思われます。

 

バッティングの花形といえば、やはりホームランを打つことです。

筆者も野球をしていたときは、ホームランを打ちたいからトレーニングをした記憶があります。

例えば、王貞治や長嶋茂雄の魅力といえばホームランでしょう。

外国人選手の、ベーブ・ルースやバリー・ボンズという名前を並べてもやはりホームランです。

しかし、バッティングが天才的と言われるイチローさん(もちろん投・走・守どれをとってもイチローさんはすばらしい)ですが、ホームランの数は多い方ではありません。

 

一方ヒットを打つことに関しては世界一で、日米通算4257本のヒットはギネス世界記録としても登録されています。

イチローさん自身も

「ホームランを狙うことはできるが、そうするとヒットが減るから、ホームランを打とうとは思わない」

と、バッティングの花形を無視してでも、自分のやりたい独自の世界を貫く姿勢が見られます。

さすがB型というところでしょうか。

 

同じB型で、フィギュアスケート界のトップアスリート羽生結弦は、4回転ループという、誰も飛んだことがない大技にこだわっただけでなく、これまで男子選手が重視していなかった、女性選手のような柔軟性やしなやかさにもこだわっています。

スポーツにおいて自分の武器(特徴)を持つことは重要であると思われます。

武器を持とうと思ったとき、そのスポーツの「花形」とされるプレーを武器にしたいと思うものです。

ただ、「花形」は開発されきっていることも多く、その技術を洗練させることは難しいはずです。

だからこそ「花形」にこだわるのではなく、あくまで独自の世界にこだわることがトップアスリートを生みだす要素なのかもしれません。

スポンサーリンク