この記事では、イチローさんの芸術的なレーザービームの動画と、それに対する海外の反応や速度など、レーザービームにこだわった内容をお伝えしています。

 

SF映画によくあるレーザービームを実現できるイチローさん。

SFの世界を現実世界で見られるからこその興奮があります。

では、そのレーザービームの実態とはどのようなものでしょうか

 

この記事をお読み頂くことで、

・イチローさんのレーザービーム(動画有り)の凄さ

・芸術的なレーザービームを見た海外の反応は?

・速度はどれくらい出ていたのか?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

イチローのレーザービーム動画をどうぞ!

 

見ていて爽快な動画です。

 

もはや野球の一つのプレーというよりは、芸術性にあふれた映像ともいうべきでしょうか。

ルーブル美術館の『モナリザ』の絵画の横に、『レーザービーム』と名前を付けて写真を飾るべきです。

 

ランナーの反応に

 

「どうだ、これがイチローだ」

 

と、自分が投げたわけでもないのに誇らしくなりますね。

日本人がビックプレーをしたのだから仕方ないです。

 

伝家の宝刀

「レーザービーム」

は、イチローさんの代名詞でもあります。

 

ランナーの仕事は、先の塁を狙い、本塁まで帰ってくること。

一方、守備側の仕事はランナーに仕事をさせないことです。

 

特に外野手においては、ランナーが進塁を試みた際に進塁先でアウトにすることが大事な仕事の1つとなります。

 

このことを補殺といいますが、イチローさんはこの補殺数が110個を超え、メジャー歴代の中でもトップ3にランクインしています。

 

しかし、イチローさんの補殺数は記録数以上に伸びたはずだと言われます。

なぜなら

 

イチローさんのところに打球が飛んだとき、ランナーは進塁をあきらめているからです。

進塁をあきらめているので、補殺機会が減るということです。

 

実際に、メジャーリーグの中でも

「イチローさんが捕球するから」

という理由で進塁をあきらめる姿が何度も見られています。

 

そのあきらめる姿がなければ、もっと補殺数は伸びているはずです。

逆にいえば、その存在だけでランナーをあきらめさせることができるということですね。

 

中国最古にして最強の兵法を記した『孫子』には、こんな言葉があります。

 

「戦わずして勝つ」

 

戦になる前に、相手を屈服させた方が、100回戦って勝つよりも優れているという言葉です。

まさに、イチローさんを体現するにピッタリの言葉ではないでしょうか。

スポンサーリンク

イチローのレーザービームに、海外の反応は?

日本人アスリートが海外で活躍したとき、外国人がそれを

 

「すばらしい」と言って評価する映像を見ると、なぜかうれしくなりますよね。

称賛の言葉をかけてくれる外国人の母国に対する好感度も上がるものです。

 

当然イチローさんに対する海外の反応は好反応なものが多いです。

レーザービームも称賛の嵐です。

 

ただ、言葉の例えや表現が日本人の実況に比べて、外国人(とくに野球実況者)の評価は、コミカルな印象がありますよね。

 

イチローのレーザービームは具体的にどんな反応をされていたのでしょうか。

 

そんな実況の評価も混ぜながら、海外でのレーザービームに対する反応を紹介します。

 

  • (初「レーザービーム」披露したときの実況)

イチローの送球はまるでレーザービームだ!

審判が「ストライク」と言いそうだ!

 

  • (二塁ランナーがタッグアップをあきらめたときの実況)

普通の外野手ではあのような捕球体勢を取ることすらできないでしょう。

 

  • 警察は犯罪者を追いかけるんじゃなくて、イチローを雇えばいい。

レーザービームで撃退できそうだ

 

  • (三塁ランナーがタッグアップをあきらめたときの実況)

パーフェクト!!

 

  • (新人のリード・ジョンソン選手が三塁進塁を阻止されたときの実況、電話風に)

イチローさん「もしもし?リード・ジョンソン君。私が誰だか分りますか。はじ

めまして。鈴木一朗です」

ジョンソン選手「イチローとは誰も勝負しないけど、俺は勝負する・・・あ

あ、だから誰も走らないんだ」

 

このような反応でした。

 

海外の実況って本当に面白いですよね。

電話のくだりなんかは、「うまいな~」なんて思います。

 

レーザービームの他にも

 

足が速いことを

彼の足にはつばさが生えている

 

イチローさんが守るライトを不思議なことが起きることの代名詞として

エリア51

 

イチローさんが打席に立っていると実況者が

ガンバッテ―、イチロー、ガンバッテー

 

というように、イチローさんのことを面白おかしく評価する言葉はたくさんあります

どの反応もイチローさんを良い意味で表現していることは言うまでもありません

スポンサーリンク