イチローの年齢にまつわる色んな情報をキャッチ!

この記事では、イチロー選手の年齢にまつわる話、逸話についてお伝えしています。

イチロー選手に年齢による限界はなかったのでしょうか。

そう思わざるを得ない話が多くあります。

記事の中には、イチロー選手と同じような境遇の選手も紹介しています。

どのような逸話、選手が現れると思いますか。

 

この記事をお読み頂くことで、

・年齢に負けないイチロー

・目標とする年齢がスゴかった…!

・アノ人も長年結果を残し続けていた

等について知ることができます。

スポンサーリンク

イチローが年齢の壁を越えた『メジャー契約』

 

44歳

 

まだなっていない方はなったつもりで、

すでに過ぎた方はそのころの気持ちで、

前後の方は現在の心境で

考えてみてください。

 

100m全力で走れますか。

ボールを100m投げられますか。

全力で走って、フェンスに体当たりできますか。

 

はっきり言って、私には無理です。

 

仮に100mを全力で走ったら、気持ちは空回り、身体がついてこず転倒します。

 

ボールはそもそも100mも投げることができません。

全力で1回投げるだけで、なぜか2日後に肩痛です。

 

全力で走ってフェンスに体当たりしたら、1時間後には病院にいます。

 

それらを実行していたのが

 

イチロー選手です。

 

野球選手の平均選手寿命がどれくらいか知っていますか。

 

平均9年だそうです。

 

つまり高卒18歳でプロ入りすると、27歳。

大卒22歳でプロ入りすると、31歳。

 

そう考えると、プロでいられる期間は本当に短いですね。

 

天才とはいえ、イチロー選手も人の子です。

年齢による身体の衰えも少しずつ現れることは仕方がありません。

しかし、44歳になってもなお、メジャー球団からオファーが来ました。

 

異例中の異例です。

 

マーリンズを離れてからも自主トレに励むイチロー選手でしたが、3月のシーズンが始まる直前まで、移籍先は見つかりませんでした。

 

そんなとき、古巣から声がかかったことに、ファンも安堵したのではないでしょうか。

 

イチロー選手は、44歳にしてマリナーズに復帰します。

 

当時、マリナーズでは外野手陣が次々にケガをしたため、その補強が必要だったのです。

 

これまでの年俸に比べると大幅ダウンの

「年俸75万ドル(約8000万円)」

でした。

 

しかし、イチロー選手にとって経済的なことは重要ではありませんでした。

 

「とにかくメジャーで野球がしたい」

 

この一心だったようです。

しかもそれが古巣マリナーズであることが、ファンにとってはうれしかったのをよく覚えています。

 

「色々移籍したけど、やっぱりマリナーズのイチローなんだな」

 

と思ったのは、私だけではないはずです。

 

とは言ったものの、人間年を取れば身体機能は下がっていくもの。

 

野球だけでなく、アスリート界において40歳という壁はかなり大きなものであることは間違いありません。

イチロー選手は40歳をすでに過ぎていましたが、毎日の身体のケアは行きわたっており、

 

結果が残せる選手

 

として評価されたことは間違いありません。

イチロー選手自身も

 

「同じ年齢でも状態として違うことは当然。そういう見方をすれば、それだけでくくるのはどうなのかな、という思いはあります」

 

と、年齢のみで判断することに異議を唱えていました。

 

44歳でのメジャー契約は異例で

イチロー選手のパフォーマンスが落ちている

ということよりも

 

この年齢でもパフォーマンスの高さを維持している

 

ことのほうが驚きです。

それを証明してみせたのが、2018年4月1日のインディアンス戦でした。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Uhnt3Zx3Pck&w=560&h=315]

ホームランを阻止するスーパーキャッチに、観客・実況ともに大興奮でした。

このプレーに多くの言葉はいりません。

 

これが44歳のイチロー選手なのです。

スポンサーリンク

イチローが公言していた目標とする年齢が凄い…。

 

引き続き質問です。

 

50歳になったとき何をしていますか。

 

「ぼちぼち定年後のことを考える」

「ベテランとして部下を育てる」

などのことを考えるかもしれません。

 

もしかすると、

「50歳でもバリバリ働いて、リーダーシップを発揮する」

という人もいるでしょう。

 

そんな人はイチロー選手と同じ考え方の人です。

自分のことを「~界のイチロー」と自称してください。

イチロー選手は

 

最低50歳まで現役」

 

を公言していました。

 

過去、さまざまな野球選手を見てきましたが、この言葉を放ったのはイチロー選手意外にありません。

 

公言はメジャー2年目、29歳のころでした。

当時は現役バリバリで、それほどまでの自信と裏打ちされた努力があったことは間違いありません。

 

ここまで、モチベーションを高く物事に励むことができる時点で、もはや天才の域に達している証拠です。

 

残念ながら、目標は達成されなかったため、イチロー選手も

 

「最低50歳までと本当に思っていました、それはかなわず有言不実行の男になってしまいましたけど、その表現をしてこなかったら、ここまでできなかったかな、という思いもあります」

 

と発言しています。

 

言いかえると

 

「道半ばにして断念」

 

なのです。

 

一般的な感覚から言えば、40歳まで現役でいられることがもはや

「レジェンド」の領域

なのに、それでも満足していないということなのですね。

 

「凄い」

この言葉以外に上手に表現できる言葉がありません。

 

ついでに、歴代最高齢での試合出場は

 

日本プロ野球では、山本昌選手の50歳

メジャーリーグでは、サチェル・ペイジ選手の59歳

 

が最高齢です。

 

イチロー選手の「最低50歳まで現役」はおそらく、

 

「50歳になっても戦力として活躍したい」と同義でしょうから、目指していたものが人間の限界を超えたことであったことは間違いありません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました