前田健太の球種(チェンジアップやスライダー等)に注目【全米でも高評価!】

前田健太
スポンサーリンク

この記事では、前田健太選手が持つ球種についてお伝えしています。

前田健太選手はいくつもの球種を使い分け、メジャーリーグで好成績を出し続けています。

特にチェンジアップスライダーは1級品であり、これら球種が前田健太選手の活躍を支えています。

 

この記事をお読み頂くことで、

・前田健太選手が球種についてテレビで語っていた内容

・決め球のチェンジアップについて

・スライダーの評価についても

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

前田健太、球種について語る

2019年2月15日、テレビ朝日「報道ステーション」にて前田健太選手は自身の球種についてインタビューを受けていました。

メジャー3年目のシーズンであった2018年シーズンの成績は8勝10敗2セーブであり、2桁勝利は達成できなかったが先発でもリリーフでもしっかり試合に出場し続けました。

2018年シーズンの前田健太選手の活躍を支えたのは、「チェンジアップ」と「カーブ」の2球種だったそうです。

 

前田健太選手は、もともと自身の決め球の一つであるチェンジアップについて、2018年シーズンで多くの三振を3振を奪ったことを振り返り、自身の投球への自信につながった球種であると説明しています。

また、もう一つの決め球意識があったナックルカーブに挑戦していたと説明し、ピッチングコーチとともに改良をかさねてきたとのこと。

ナックルカーブは通常、カーブの握りから人差し指の第一関節を曲げ、ボールに立てて握る投球方法ですが、前田健太選手はどうしてもこの握り方が苦手だったそうです。

 

そこをピッチングコーチと相談しながら練習を重ねて自分のものにしていき、回転数が多くよく曲がるナックルカーブを習得した結果、決め球としても使えるまでに仕上がったとのことでした。

決め球が複数あれば、もともと武器として持っているチェンジアップと合わせて、より幅広い方法で打者を追い込むことができますね。

努力家の前田健太選手の練習量が伺えるインタビューですね。

スポンサーリンク

前田健太のチェンジアップに、本番も驚愕!

もともと前田健太選手が武器として持っているチェンジアップは、メジャーリーグでも魔球として認められています。

実は、MLB公式サイトの「2018年、最も攻略しづらかった球種」特集にて、前田健太選手はチェンジアップ(先発部門)で堂々一位になっているんです。

 

この特集は、5つの球種(フォーシーム、ツーシーム(シンカー)、カッター(スライダー)、カーブ、チェンジアップ)を先発部門と救援部門に分け、被打率が低かった投手を紹介しています。

ノミネートの基準としては、フォーシームとツーシーム(シンカー)は年間300球以上、それ以外の球種は年間250級球以上投げた投手が対象となります。

その中で、前田健太選手はチェンジアップの被打率.164で1位だったようです。

 

実は前田健太選手、この得意のチェンジアップについても握りを変えることで改良していたようで、自身の手ごたえだけでなく、客観的なデータによっても進化を裏付けることになりました。

前田健太選手はメジャーリーグで1番打たれないチェンジアップを持つ選手になったということですので、今後もドジャースでバンバン活躍してくれることでしょう。

こういったランキングに日本人選手が選ばれると非常にうれしいですよね。

前田健太選手はこのチェンジアップと、苦手を克服したナックルカーブを武器に、いろいろなランキングや賞を取ってほしいものです。

スポンサーリンク

前田健太はスライダーの評価も高かった!

前田健太選手の決め球「チェンジアップ」と「カーブ」について調べてきましたが、他にも切れのある「スライダー」を持っています。

フジテレビのスポーツ番組「すぽると!」の「変化球No.1」という企画にて、前田健太選手のスライダーは2012年に1位、2013年に2位に選ばれています。

 

この企画はプロ野球選手100人が選ぶ変化球ランキングであり、前田健太選手のスライダーもは日本プロ野球界が認めた変化球ということになります。

前田健太選手のスライダーは右バッターの真ん中から外角低めに斜めに落ちていく軌道を描き、追い込まれたバッターはつい手が出てしまうようです。

空振りするバッターは、バットを振り始めてからボールがバットの届かないコースにまで変化していることに気付き、半分あきらめたようなスイングで空振りとなってしまいます。

バッターからは「ブーメランのような変化」「壁に当たるようにコンっと曲がる」などと形容され、手元で急激に変化するというより、想像以上に大きく変化するという印象のようです。

変化球であることがわかっているうえでバットを振っても、想像以上に曲がるボールに、バットが届かない、ということですから

非常に変化量の多いボールなんですね。

→関連記事: 前田健太の嫁、前田早穂について。インスタでちょっと…。

ちなみに前田健太選手が投げるスライダーには3種類ほどのボールがあるそうなんですが、いずれもボールの握り方は一種であるとのこと。

スライダーはもともと持っていた球種ではなく、プロに入ってから練習して習得した球種だそうです。

投げ始めたころは球速120km/h程度だったそうですが、徐々にスピードを増し、現在133km/hまで出るようになりました。

また、ボールのリリースの瞬間の力のコントロールで、3種類のスライダーを投げ分けているそうです。

スポンサーリンク

前田健太の球種(チェンジアップやスライダー等)に注目【全米でも高評価!】:まとめ

・前田健太選手のは決め球としてチェンジアップやカーブをもっています。シーズン中も改良しながら投げ続け、この2球種が前田健太選手の2018年シーズンを支えたといったも過言ではありません。

・前田健太選手のチェンジアップはメジャーリーグ公式HPにて、「2018年、最も攻略しづらかった球種」の「チェンジアップ(先発部門)」にて1位に選ばれています。メジャーリーグNo.1のチェンジアップを前田健太選手は持っている、ということです。

・前田健太選手は日本プロ野球で認められたスライダーも持っています。

以上の内容でお送り致しました。

 

前田健太選手はいくつもの球種を操り、特にスラーダーとチェンジアップは日米のプロ野球選手も認める魔球であるということがわかりました。

どれも一級品の変化球と繊細なコントロールで、安定した活躍をしているんですね。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました