メジャーリーグで活躍している前田健太選手が、なんjで話題になっています。

前田健太選手の体型の変化や、メジャーリーグでの投球についてなんj民の方々は突っ込みたくて仕方ないようです。

本記事では、バラエティ番組などにも度々出演され、お茶の間でも人気の前田健太選手に対するなんjでの扱いを調査してみました!

 

この記事をお読み頂くことで、

・なんj民、前田健太の体型をいじるwww

・前田健太の冷静を数字に分析するなんj民

・NPBのエースと前田健太を比較!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

前田健太、なんjでお腹について…

なんjの掲示板で前田健太選手のポッコリかわいらしいおなかが話題になっています。

この写真の前田健太選手のお腹のたるみ具合に、「マエケンの腹wwwwwwwwwwwwwwwwww」と絶句するコメントや、おじさんである自分と比較して、「ワイと変わらん」とコメントする投稿者までいます。

一方では「ピッチャーは投球時は多くのエネルギーが必要なため、ある程度の脂肪は必要」という意見や「マエケンはまだまだ細すぎるからもっと太っていいと思う」といった意見も。

 

実際、プロの野球選手の中には、かなり大柄な選手も多いなか、前田健太選手は太りにくい体質に悩んでいたそうです。

そんな前田健太選手は過去に球速アップのための体づくりの一環として意図的な体重増加を行っています。

この写真は、2015年11月16日に投稿されていることから、メジャーリーグに移籍した2016年以前の写真のようですので、メジャーリーグに移籍後の前田健太選手の体型の変化も気になることろですね。

 

同時期にはダルビッシュ選手も体重増加によりピッチングが進化した、ということもあり、前田健太選手もそれを取り入れたようです。

一般的には、脂肪をつけると「太った」とだけ言われがちですが、特殊なスポーツの世界においてはパワーや持久力面で、贅肉の力を借りることもあるんですね。

スポンサーリンク

なんj民、前田健太の数字を切る

なんjでは前田健太選手の投球イニング数にもコメントが集まっていました。

前田健太選手の当時の1試合当たりの平均イニング数は5.6で短い、と指摘した上で、その原因は1イニング当たりの平均球数や打者1人当たりの平均球数の多さが原因である、とコメントしています。

 

実際に前田健太選手の1イニング当たりの平均級数は16.5、打者1人当たりの平均球数は4.09であり、メジャーで活躍している他の投手と比較して球数は多めのようです。

メジャーリーグでは1試合中で1人の投手が投げる球数は100-110球で投手交代することが普通のため、打者一人当たりに対する球数が多いほど、投球できるイニング数は必然的に減ります。

これは投げすぎによる優秀なピッチャーの故障を防ぐために、専門家の意見を取り入れた結果のようです。

 

球数が少なければ必ず良い、というわけでもなく、それぞれの投球スタイルによっても結果は変わってきます。

従って一概に比較はできませんが、「前田健太選手はイニングを食えない」と言ってしまえば、それはそれで真実です。

スポンサーリンク