王貞治さんといえば、背番号『1』ですよね!

同じ背番号を持つプロ野球選手がたくさんいるなかで、いまだに『1』=王貞治さんなのは、世界のホームラン王としての活躍があったからこそなのです。

王選手が、どのように背番号『1』にふさわしいヒーローとなっていったのかを紹介したいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・王貞治さんの背番号について

・当初は背番号に見合う活躍ができず・・・。

・王貞治さんを育てた名伯楽の存在

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

王貞治の背番号は

巨人のV9黄金時代を支えた王貞治選手と長嶋茂雄選手。

二人の背番号『1』と『3』は、長い間、みんなのあこがれでした

この二人の背番号は、巨人の永久欠番となっています。

 

巨人の主な永久欠番は以下のとおりです。

1 王
3 長嶋
14 沢村
16 川上
34 金田

 

どの選手も、一時代を築いた、すばらしい選手ばかりです。

特に、王貞治さんは、選手時代と巨人の監督時代も一貫して『1』をつけていましたので、記憶に残っている方も多いと思います。

そのイメージもあってか、プロ野球で背番号1といえば、強打者や内野手に与えられることが多いそうです。

世界ホームラン記録保持者の影響力は、さすがと言うべきでしょうね!

 

入団時に、王選手に背番号1がつけられた理由については、いくつか説があります。

中国語で「王」を「ワン」と発音することが由来ではないかと言われていますが、それだけが理由ではないでしょう。

高卒ルーキーで、一桁代、しかも『1』をつけるということは、フロントからも相当期待されていた証だったと思われます。

後年、世界記録を残す選手になったことを思えば、先見の明があったといえるでしょう。

 

監督時代にも背番号を変えなかった王監督は、当時こんな意味のコメントをのこしています。

「もし自分が背番号1以外をつけることになったら、ほかにつける人はいなくなるだろう。巨人は選手やコーチも多いので背番号が足りなくなる」

謙虚さのなかにも、貫禄を感じさせるコメントですよね。

実際、背番号1は永久欠番として永く称えられるものとなったのです。

 

ちなみに、福岡ホークスの監督時代には、王貞治さんの背番号は『89』です。

『89』を選んだのは、「野球」や「破竹の勢い」にかけたからともいわれています。

これも、監督として、新天地で勝負をかける熱意が感じられるエピソードと言えるでしょう。

スポンサーリンク

背番号1を背負った王貞治だったが…

王貞治選手は、入団してからの3年間は低迷が続きます

2年目はの1960年には、ホームラン17本、打率2割7分の成績を残しましたが、3年目はホームラン13本と伸び悩んでいます。

高卒ルーキーとしてはそこそこの成績です。

しかし、巨人の背番号1を背負い、チームの打撃力を引き上げる選手になるという大きな期待には、応えられないままでいました。

 

川上監督は、そんな王選手の打者としての素質を見抜いていた一人です。

王選手がもっと真剣に野球に取り組むようになるなら、打率3割は打てる、と考えていたそうです。

というのも、当時、まだ若かった王選手は夜遊び好きで、練習のあとはよく街に繰り出してました。

ストイックなイメージがある王選手ですが、まだ二十歳前後の若者であれば、遊びに行きたくなるのは当然ですよね。

 

川上監督は考えた末に、一人の打撃コーチを巨人に招聘することにしました。

このコーチとの出会いこそ、王選手の長距離打者としての才能を開花させたのです。

スポンサーリンク