王貞治記念グラウンドについて【アノ人のもあった!】

世界のホームラン王、王貞治さんを記念したミュージアムや記念館があることはよく知られていますが、
「王貞治記念グラウンド」という名前がついた野球場があることはご存じでしょうか?

意外な場所にあって、あまり目立たない存在である「王貞治記念グラウンド」について、設立の経緯や行き方などをご紹介したいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・王貞治記念グラウンドの概要

・王貞治記念グラウンド近辺の駐車場情報

・「あの人」の記念グラウンドもあった!

 

等について知ることができます。

[char no=3 char=”野球犬”]ぜひ最後までお付き合い下さい![/char]

スポンサーリンク

王貞治記念グラウンドとは?

王貞治さんの名前を冠した野球グラウンドがあることは、あまり知られていないのではないでしょうか。

いまだ破られていない生涯868本の、「世界のホームラン王」の記念グラウンドは、東京都八王子市にあります。

京王相模原線の南大沢駅から徒歩15分、王貞治さんの母校である早稲田実業学校の野球場が、「王貞治記念グラウンド」です

 

2004年に竣工した同グラウンドは、早実の高賓である王貞治さんの輝かしい記録を記念して命名されました。

人工芝や、室内練習場を完備しており、冬の時期でも練習に支障がないような設備が整っています。

また、マウンドには「甲子園と同じ土を使うこだわりよう。

質の高い練習ができるよう、配慮されているのですね。

 

その甲斐あってか、早稲田実業学校は、2006年の第88回夏の甲子園で優勝を果たしています。

その後も野球の強豪校として、春夏合わせて5回の甲子園出場しています。

 

王貞治さんは、昭和32年の春の選抜大会で、優勝投手として活躍しました。

その実績をひっさげて、高校卒業後、契約金1800万円で巨人への入団が決まったのです。

早稲田実業学校にはその伝統が今も受け継がれています。

「王貞治記念グラウンド」で練習している高校球児たちは、気が引き締まるおもいなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

王貞治記念グラウンド近辺の駐車場は?

王貞治さんのファンなら、王貞治さんの名前がついたグラウンドを見てみたい、という方もいらっしゃると思います

「王貞治記念グラウンド」へは、都心から少々離れているので、自動車で行くのが便利です。

同球場の駐車場は、残念ながら関係者以外は使用禁止なので、周辺のコインパーキングを利用してください。

NPC24H南大沢駅前パーキングが便利だと思います。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d12975.318491985685!2d139.36273361900643!3d35.60726911057256!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x30c5a37a2eedeaee!2zTlBDMjRI5Y2X5aSn5rKi6aeF5YmN44OR44O844Kt44Oz44Kw!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1576708738560!5m2!1sja!2sjp&w=800&h=600]

 

王貞治さんに関係する野球場として、もうひとつ外せないところがあります。

それは、隅田公園少年野球場です。

墨田区出身の王貞治さんは、少年時代はこの球場で野球の練習をしていました。

そして、中学生のころアマチュアチームに交じって試合をしている最中に、偶然、荒川博さんと出会っています。

荒川さんのアドバイスで、左投げ左打ちのスタイルが確立し、また早稲田実業学校に進学することになります。

まさに、運命の出会いが起こった場所、世界のホームラン王が育った場所として、ファンなら訪れておきたい場所です。

 

昭和24年につくられた球場なので、歴史があり、少々狭い球場ですが、感慨深いものがあると思います。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3239.3111558874543!2d139.80727791525996!3d35.71856538018554!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188ede972a8ba5%3A0x8a802b27c0b6a21b!2z6ZqF55Sw5YWs5ZyS5bCR5bm06YeO55CD5aC0!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1576709914923!5m2!1sja!2sjp&w=600&h=450]

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました