王貞治は現在も熱い!【現役選手として現在にいたら…?】

王貞治
スポンサーリンク

この記事では、王貞治さんの数々の活躍や、現在、最も力を入れている活動についてお伝えしています。

現在も多くの肩書を持ち、活躍をされている王貞治さん。

世界のホームラン王が、もし現役選手として現在にいたら、どんなにすごい成績を残すのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・王貞治さんは現在、どんな仕事をしているのか?

・情熱は現役時代のまま!

・王貞治さんが現在現役だったとしたら?

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

王貞治の現在の仕事は?

王貞治さんは、79歳の現在でも多くの肩書を持って活躍されています。

・ソフトバンク球団取締役会長終身GM、

・日本プロ野球名球会顧問

・読売巨人軍OB会顧問

・世界少年野球推進財団(WCBF)理事長

19歳でプロ野球の道に入った王貞治さんの生活は、常に多忙のなかにありました。

国民的ヒーローとして活躍していた現役時代から、巨人ですでに選手兼コーチを務めています。

そして、現役引退後の1981年~1983年まで助監督を務めます。

1984年には巨人の監督に就任し、5年連続Aクラス入り、リーグ優勝1回の実績を残しました。

 

巨人監督を引退した後は、NHKの野球解説者をされています。

多くの球団から監督就任の打診がありましたが、「ユニホームを脱いだばかりだし、世界少年野球推進財団の理事長として忙しい」という理由から断っています。

 

福岡ダイエーホークスからの要請についても、はじめは同じ理由で断ったとのことです。

しかし、当時のホークス監督である根本睦夫氏からの、熱い思いを込めた説得に応じる形でホークスの監督に就任すること決意します。

1994年から2008年まで、ホークスを率いて常勝軍団への道を切り開いたあと、68歳で監督を引退。

王貞治さんはソフトバンク球団の会長兼GMに就任し、現在に至っています。

現場の指揮からは身を引いたものの、GMとしてチームの編成や補強などには責任を持つ立場にあります。

 

50年間、プロ野球の世界に生き、いまも野球の仕事をつづけている王貞治さんは、野球界のレジェンドといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

王貞治は現在も情熱は昔のまま!

多くの肩書を持つ王貞治さんが、特に力を入れているのが、世界少年野球推進財団(WCBF)の理事長としての活動です。

この財団は、以下のような経緯で設立されました。

あるとき、私の友人であるアメリカ野球界のスーパースター、ハンク・アーロンさんと野球の話になり、我々が体験した野球の素晴らしさを次代を担う子どもたちにも伝えていこうと、「WCBF・世界少年野球大会」を始めました。
最初は、世界中の子どもたちを集めて野球クリニックをやろうというくらいの軽い気持ちで始めたのですが、いざ、始めてみるとこれがたいへんな大事業になってしまいました。今後、いっそう内容の充実した大会にし、世界中の子どもたちから喜ばれる素晴らしいものにしたいと考えています

いかにも、王貞治さんらしい飾り気のない動機ではないでしょうか。

そして、この活動には「自分は野球しかやってこなかったから、野球を通じて相手を受け入れるということを伝えられたらいい」という、王貞治さんの熱い想いが込められているのです。

→関連記事: 王貞治「なんj」でも存在感抜群!【それでもいじる、なんj民ww】

現在、プロ野球では女性ファンが増えていることもあり、観客動員数は年々右肩上がりです。

メジャーリーグで活躍する選手を排出し、「プレミア12」で侍ジャパンが優勝するなど、まさに人気絶頂のように思われます。

しかし、将来それを支えていく少年野球の野球人口が減少しているのも事実です。

WCBFの活動を通して、世界中の子供たちが野球を楽しむこと覚えて、将来、野球を盛り上げていく原動力になってもらいたい。

王貞治さんの、野球に対する情熱が実を結んだ、素晴らしい活動だと思います。

スポンサーリンク

もし王貞治が現在にいたら?

現在も野球に対して熱い思いを持ち続けている王貞治さん。

もし、王貞治選手が現在のプロ野球界で、現役選手として活躍したら?

このような夢は、プロ野球ファンなら誰もが一度は思うものです。

過去に素晴らしい成績を残している選手なのですから、現在のプロ野球でも大活躍するに違いない、と考える人も多いでしょう。

 

2018年に放映された、『サンデーモーニング』(TBS系)の番組中、ヤクルト山田哲人内野手の、打率3割・本塁打30本達成が濃厚になったという話題が出ました。

その話題に対して、元・巨人で王貞治選手のチームメイトだった、張本勲氏がこんなコメントをしています。

「ワンちゃん(王貞治さん)だったら、70本ホームラン打てますよ」

 

この発言は、ネットを中心に物議を醸しました。

「時代錯誤の発言だ」「王選手は、圧縮バット(現在は禁止)を使っていたのでホームランを量産できた」など、厳しい見解が多かったようです。

しかし、中には「もしかしたらあるかも」という意見もありました。

 

否定することから入ってしまえば、誰も何も達成できないことになってしまわないでしょうか。

イチロー選手や大谷選手の活躍を、事前に予測できた人が何人いたでしょう?

野球は、数字ではっきりと結果が出るスポーツですから、それを見て意見を言うのは難しくありません。

けれども、可能性を捨てきれない以上、王貞治選手が現役だったら70本、いやそれ以上に打てるかもしれないという夢をもつことは、誰にも否定できないことではないでしょうか。

数々の記録に挑戦し続けてきた王貞治さんだからこそ、なおさらそう思えてしまいますね。

スポンサーリンク

王貞治は現在も熱い!【現役選手として現在にいたら…?】:まとめ

・王貞治さんは現在、ソフトバンク球団取締役会長終身GMとして、チームの運営について助言をしている。

・王貞治さんは世界少年野球推進財団理事長として、子供たちに野球の楽しさを伝える活動を続けている。

・もし、王貞治選手が現在にいたら、1シーズンでホームラン70本を打つという見解もある。

以上の内容でお送り致しました。

 

王貞治さんは、現在も多くのファンを持ち、夢を与える存在です。

超人的な努力の上に積み上げた、国民的ヒーローとしての活躍は色あせることはないでしょう。

子供たちに野球の素晴らしさを知って欲しいという、その想いは純粋で、王貞治さんの人柄そのもののように思えますね。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました