この記事では、王貞治さんの現在の嫁についてお伝えしています。

ホームラン世界記録保持者で、福岡ソフトバンクホークス会長の王貞治さん。

2018年5月に、再婚したことを発表しています。

その嫁は、福岡の料亭の女将という方でした。

王貞治さんと嫁は、どのように知り合って、結婚に至ったのでしょうか?

また、前妻はどのような方だったのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・王貞治さんの奥さんに関する情報

・結婚するまでに、乗り越えた壁があった

・前の奥さんの情報

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

王貞治の嫁は料亭の女将というステータス

王貞治さんは、2018年5月30日に、マスコミに向けて結婚の報告をしました。

「日頃から皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございます。私事で恐縮ですが、このたび10年来生活を共にしておりました一般女性と入籍しました。
これからも2人で、充実した日々を過ごしてまいりたいと思いますので、今後とも温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。
急なうえ、シーズン中の個人的なご報告になり申し訳ございません。簡単ではございますが、書面にてご報告とさせていただきます」

 

王貞治さんは78歳、再婚のお相手は、17歳年下の一般女性です。

実はこの女性、福岡中州の老舗料亭の女将という方でした。

2009年に、ふたりは一緒に買い物をしていたところを週刊誌にスクープされています。

すらりとした美人で、王貞治さんとは、長年同棲生活を送っていました。

スクープされた際の写真には目線がはいっていましたが、現在はお顔を見ることができます。

画像はネットで検索していただければと…。

老舗料亭の女将を務めるような女性だけあって、意思の強そうな知的な美人という印象でした。

スポンサーリンク

王貞治と嫁は結婚するまで、色々あった…。

王貞治さんと今の嫁は、知り合ってからすでに20年経っています。。

ホークスの監督として福岡にやって来た王貞治さんは、はじめのうち、チームが思うような結果を出せずにストレスを抱えていました。

追い打ちをかけるように、2001年には、前妻・恭子さんが亡くなって、いっそう孤独感を深めていったのではないでしょうか。

東京に戻りたいという王貞治さんの思いをなぐさめて、福岡の良さを伝えて励ましたのが、この料亭の女将でした。

このころから、王貞治さんにとってこの女性は、必要な人となっていったのです。

 

2006年、王貞治さんは胃がんにかかり、摘出手術をうけました。

入院の際に、かいがいしく貞治さんの世話をし、体力が回復するまで支えたのも、この女性でした。

同棲生活を送るなかで、お互いにとってかけがえのない人としての想いが育っていったのでしょう。

 

王貞治さんはこの女性との再婚に踏み切ろうとしますが、次女の理恵さんから反対されて延期しています。

理恵さんは、前妻の恭子さんのお墓参りを毎週欠かさないほど慕っていたので、再婚については複雑な気持ちだったのでしょう。

貞治さんも、時間をかけて理恵さんを説得したようです。

最後には、「本人が決めることだから」ということで、理恵さんが折れるかたちで決着となりました。

 

10年間の同棲生活のけじめということで、結婚を決意した王貞治さん。

シーズン中ということもあって文書での発表でしたが、二人のこれからの生活を、静かに充実させたものにしたいという思いがあったのではないでしょうか。

周りのに人に気を使って対応している王貞治さんからは、長年プロの世界に生きてきたことで会得した、人の心を動かす誠実さをひしひしと感じます。

 

今お二人は、都内の高級マンションにお住まいです。

お幸せそうで、なによりですね。

スポンサーリンク