この記事では、王貞治さんの娘さんに関する情報をお伝えしています。

王貞治さんは現役引退後も、巨人、ソフトバンクの監督と、常に多忙な生活を送ってきました。

家庭人としては王貞治さん、3人の娘の父親だったのです。

世界のホームラン王の長女や三女はどんな生活をおくっているのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・王貞治さんの娘さんと言えば、この人。

・その姉と妹について

・『再婚』までに乗り越えたもの

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

王貞治の娘で有名なのは


王貞治さんには、3人の娘さんがいます。

長女のお名前は理香さん、三女は理沙さんといいます。

みなさんに最もおなじみなのは、次女の理恵さんでしょう。

王理恵さんは、1970年生まれ。

小学校から高校まで雙葉学園で学び、その後、青山学院大学を卒業しています。

 

報道の世界に入ったきっかけは、王貞治さんのダイエーホークス監督就任でした。

スポーツニュースのリポーターに抜擢され、その後スポーツキャスターやタレントとして、現在もバリバリ活躍中です!

 

また、理恵さんは多くの肩書や資格をもっていることでも有名です。

特に料理方面では、雑穀料理研究家、野菜ソムリエの資格をお持ちです。

芸能人では、山口もえさん、安倍なつみさん、ロンブーの田村淳さんも野菜ソムリエの資格を持っています。

栄養学や家庭料理に一家言お持ちの方ばかりですね!

スポンサーリンク

王貞治の娘、長女と三女の名前やエピソード

王貞治さんの娘3人の名前には、すべて「理」の字が入っています。

これは、貞治さんのある想いによって命名されたのです。

その想いとは、実家である王家を、「里」として常に忘れないように、ということを込めています。

「王」の字と「里」を組み合わせて「理」。

結婚して姓が変わっても、名前は変わることがないので、このような名前をつけたのですね。

深い意味が込められていたのですね。

 

長女の理香さんと、三女の理沙さんは、ネットやマスコミへの露出が少なく、一般人と結婚して生活されているようです。

次女の理恵さんは、いままで3度の結婚と1度の婚約破棄を経験されています。

1度目は、1995年に、一般人の男性と結婚しましたが、2年半で離れています。

2度目はTVプロデューサーと結婚し、3年後には離婚しています。

2007年には、医師と婚約し、結婚寸前までいきましたが、その後破局。

そして、2015年に、現在の夫である歯科医と結婚しました。

 

理恵さんは多くの恋と別れを経験しましたが、今は幸せに暮らしているようですね。

離婚された際には実家の姓である「王」を名乗っているので、貞治さんが名前に込めた想いが支えになった、と考えるのは、うがちすぎでしょうか?

スポンサーリンク