この記事では、田中将大選手の高校時代の成績をさまざまな角度から振り返ってお伝えしています。

 

田中将大選手は高校野球でどのような成績を残しているのでしょうか?

 

華々しき高校時代、そして成績があるようです。

 

また、記事の中では田中将大選手が通っていた高校にも注目しています。

 

田中将大選手が通っていた高校の名前を覚えていますか?

 

この記事をお読み頂くことで、

 

・田中将大選手の高校時代について

・高校時代の成績も飛び抜けたものだった…

・田中将大選手の母校

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

田中将大の高校時代を振り返る

田中将大選手が

日本を代表する大投手であることは周知の事実です。

 

ヤンキースに移籍してからは

世界の中でも結果を残せる選手

としても日々メディアを騒がせています。

 

そのような大投手の

高校時代はどのようなものだったのでしょうか?

 

田中将大選手は高校卒業後すぐにプロ野球の門をくぐっています。

 

そのためアマチュアの最終歴は高校時代です。

 

高校時代の田中将大選手はやはり

 

大投手

 

でした。

 

田中将大選手が通っていた高校は

 

駒沢大学付属苫小牧高等学校(通称:駒大苫小牧高校)

 

です。

 

田中将大選手は

所属していた宝塚ボーイズの監督の勧めで

駒大苫小牧への進学を決意します。

 

後述しますが

駒大苫小牧は当時北海道勢としての甲子園常連校に近付く存在でした。

 

駒大苫小牧に進学した田中将大選手の

高校時代の「これがすごい」というところをピックアップしてみました。

・1年生でベンチ入り(甲子園では外れました)

・2年生の春の選抜で甲子園デビューし優勝

・2年生のときにはMAX150kmとキレのあるスライダーを持つ

・2年生の夏の甲子園でも投げ優勝(すでにプロ注目)

・3年生の夏で準優勝

・早稲田のハンカチ王子こと斎藤祐樹選手との再試合は高校野球ファンなら必ず覚えている試合

 

もともとキャッチャー出身の田中将大選手が

ピッチャーとして長く務めたのは高校1年生の秋以降になります。

 

経験が浅いなかで

 

2年生の春には

MAX150kmのストレートとキレのあるスライダー

 

を投げており、これはずば抜けたセンスがないと投げられません。

 

また、2年生で夏制覇を果たすのも

なかなか実現できないものです。

 

地肩が強く、負けん気も強い選手だったからこそここまで大成したのでしょう。

 

負けん気が強いといえば、田中将大選手は

ここぞという場面で三振を取ると雄たけびを上げるのが印象的ですよね。

 

2年生の夏の選抜決勝で、

京都外大西を下したときの雄叫びを上げる田中将大選手の写真

は高校時代の写真として良く使われる一枚です。

 

そして、何と言っても

 

3年生の夏の甲子園で繰り広げられた早稲田の斎藤祐樹投手との再試合

 

が一番記憶に残っています。

 

2日間に渡る壮絶な戦いの末、早稲田が1-0で競り勝ちました。

 

試合の最後は

 

投手:斎藤選手 対 打者:田中選手

 

田中将大選手の三振によってゲームが終了しましたが、

田中将大選手は泣くこともなく、むしろすがすがしい顔をしていていました。

 

どうしてもこの田中将大選手の高校時代というと

この決勝のイメージが強いです。

 

しかし

それ以前の活躍もすばらしいものであったことが分かります。

スポンサーリンク

田中将大の高校時代の成績は…やっぱり凄い!

では

「すごい」と言われ続けた田中将大選手の高校時代を

 

数字で見ていきましょう。

 

数字は裏切りません。

数字はすべてを物語ります。

数字こそすべてです。

 

田中将大選手の「すごい」を数字で見るとこのようになります。

 

甲子園成績

13試合

8勝0敗

防御率2.07

 

公式戦通算成績

57試合

35勝3敗

防御率1.31

 

「あれ?早稲田には負けたんじゃ?」

と思う方もいるかもしれません。

 

実はあの試合では

田中将大選手が投げているときに点数を取られたのではありません。

 

そのため負け投手とは記録されないのです。

 

そうしてみると

甲子園での0敗

が輝いて見えます。

 

高校時代を通して見ても

3敗しかしていません。

 

防御率も1.3~2.0の間です。

一試合に1点~2点しか点数が取れないとなると

 

駒大苫小牧相手に点数を取られることが

負けに直結することを意味します。

 

さすが、世界に名を馳せる大投手。

 

高校時代の成績を数字に表すと、驚異的な数字であることがわかります。

 

そして甲子園で投げた試合が13試合。

 

2年生の時には夏を制覇し

3年生では準優勝するほど

甲子園に居続けたのが田中将大選手です。

 

なんだか当たり前のように感じますが

全国の高校野球児のほとんどが甲子園の土を踏むことなく

高校野球時代を終えてしまいます。

 

(そう書いている私もその一員ですが)

 

高校野球に本気で取り組んでいる人にとっての憧れの場所甲子園。

 

そのマウンドに13回も上がったことが単純に羨ましいことです。

(プロ時代の回数を入れるともっと回数は増えます)

スポンサーリンク