この記事では、田中将大投手の年俸推移等、お金に関するお話ついてお伝えしています。

「プロ野球には花がある」なんて聞いたことありますか?

花というのは成績があがればあがるほど給料がもらえることも意味しています。

今回はその花の道を顕著に歩んできた田中将大選手の年俸推移を紹介します。

田中将大選手の年俸推移を一年目からグラフにするとプロ野球選手という仕事についても見えてくるでしょう!

 

この記事をお読み頂くことで、田中将大投手の

・プロ入り~日本球界のエースに成長する迄の年俸推移

・メジャー挑戦後の「桁違い」な年俸推移

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

田中将大の年俸推移(NPB時代)

田中将大選手は2006年の夏の甲子園での斎藤祐樹選手との投げ合いで注目を浴び、鳴り物入りでNPB(日本野球機構)の東北楽天ゴールデンイーグルスに入団しました。

入団後日本での7年間で新人王、沢村賞、最多勝利、最優秀防御率などの数々のタイトルを獲得し、メジャー挑戦の直前の年では24勝0敗のシーズン無敗記録を達成し最優秀選手にも選ばれています。

まさに日本球界の宝である田中将大の各年の年俸推移を見ていきましょう!

 

年齢 年俸
2007 19 1500万円
2008 20 6000万円
2009 21 9500万円
2010 22 1億8000万円
2011 23 2億円
2012 24 3億2000万円
2013 25 4億円

 

大きくみていると19歳から25歳の間に年俸が約26倍になっています!

今の日本では20代全体の平均年収が350万前後と言われていますし、10年以内に年収を26倍なんてとんでもない話でしょう。そんな魔法がつかえるなら今すぐにでも使いたいものです(笑)。

 

また2011~2013年でも年俸が2億から4億になっています。数値が高くなればなるほど倍数になりにくいものですが田中選手は別でしたね。

2013のシーズン前にはWBCの日本代表選手に選出され、日本のエースとして活躍しました。

その年のシーズンではその勢いのまま前人未踏のシーズン24連勝とシーズン無敗を記録し、その他の連勝記録とともにギネス世界記録にも認定されました。

 

日本球界での年俸はその功績からは納得の数値ですね。2013年のオフにメジャー移籍を果たし活躍の場をアメリカへと移しました。

スポンサーリンク

田中将大の年俸推移(MLB)

さてメジャー移籍を果たした田中将大選手はMLBのニューヨーク・ヤンキースと契約をかわしました。

ニューヨーク・ヤンキースはメジャー屈指の名門球団、球界の盟主ともいわれ、数々の日本人選手も在籍してきたチームですね。

そのヤンキースとの契約がなんと7年155億円という内容です!年俸推移にしたら1年で約22億円になるのでとんでもない額です。これを7年間も払い続ける契約をするなんて球団からの田中選手の期待がうかがえますね。

日本人メジャーリーガーの歴代年俸を見てもイチローの18億円ダルビッシュ有の21億円をおさえて堂々の1位になりました。

またメジャー移籍後も1年目から活躍をしていて、毎年2桁勝利を達成しています。次の契約更新では更なる大型契約が期待されています。

スポンサーリンク