この記事では、長嶋茂雄さんとその妻(嫁)との馴れ初めや、家庭生活などのおもしろエピソードを紹介しています。

ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄さんは、言わずと知れた国民的スターです!

では、その妻(嫁)はどんな方だったのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・長嶋茂雄さんの妻に関する情報

・国民的スーパースタと一般女性がなぜ結ばれたのか?二人の馴れ初めについて

・お二人の素敵(面白?)なエピソード

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋茂雄の妻(嫁)って、どんな人?

長嶋茂雄さんのお嫁さんは、は長嶋亜希子さんといいます。

高校時代にアメリカに留学し、ミネソタ州聖テレサ大学を卒業しています。

多くのことに秀でていましたが、特に語学に堪能で、英語・フランス語・スペイン語を話せたとというから、相当な才媛でした。

帰国後、1964年の東京オリンピックでは、外語語に堪能なことと、その美貌もあいまって、大会のコンパニオンを務めました。

 

長嶋茂雄さんとの結婚後は、プロ野球選手として多忙な夫を支え、4人の子どもを育てるという、家庭をしっかり守る良妻賢母ぶりを発揮しています。

また、茂雄さんの個人事務所の代表取締役でもあり、長きにわたり茂雄さんの活躍を、公私ともに支えてきました。

決して表立って目立つことを好む方ではなかったのですが、頼まれれば頑なに断ることはなく、気さくな性格だったようです。

文才があり、アメリカ留学時代を振り返って、当時の生活スタイルを綴った『私のアメリカ 家庭料理』という本を執筆しています。

また、2002年には、「環の国くらし会議」のメンバーとして、環境問題について主婦の視点から意見を述べるなど、社会的な活動にも参加されているのです。

スポンサーリンク

長嶋茂雄&妻(嫁)の馴れ初めは?

長嶋茂雄さんと、亜希子さんの馴れ初めは、ずばり、茂雄さんのひとめぼれです!

新聞社の企画で、長嶋選手・王選手が、東京オリンピックでコンパニオン数人と対談しました。

その中にいた亜希子さんを見初めた茂雄さんは、猛アタックを開始します。

わずか2日後にはデートの約束をとりつけたというのですから、すごい行動力ですね!

 

遠征による多忙なぞなんのその、茂雄さんは毎日のように亜希子さんに電話しています。

貴重な時間を使ってデートする際には、長嶋選手がすでに有名人であったことから、マスコミに追い回されて苦労されたようです。

ある時、記者たちがあまりにしつこく囲ったために、茂雄さんが言い放った一言。

「いいかげんにしてよ。僕にだってデモクラシーはあるんだ」

それはプライバシーでは?と突っ込みたくなりますが、そこは国民的スターのご愛敬ですね!

 

その後、順調に交際をつづけ、わずか40日で婚約、100日後には結婚と、すごいスピードでゴールイン。

亜希子さんは外務省で仕事をするという夢を持っていたそうですが、ミスターのこの熱意に負けて、お嫁さんになることを決意されたとのこと。

すでにスーパースターでありながら、照れも隠しもせずに熱い魂をぶつけてきた茂雄さんに、亜希子さんも感じるところがあったのですね。

スポンサーリンク