ジャイアンツの愛されキャラとして知らない人はいないほど、現在も国民的に有名な長嶋茂雄さん。

そんな長嶋茂雄さんは引退してから現在はどのように過ごしているのでしょうか?

長嶋茂雄さんの現在の生活について調査してみました!

 

長嶋茂雄さんはジャイアンツの4番打者でプロ野球選手として活躍され、その後はジャイアンツの名誉監督として活躍し、2013年には国民栄誉賞も受賞されました。

長く国民に愛されてきた長嶋茂雄さんだからこそ、現在の生活が気になる人は多いはずです。

スポンサーリンク

長嶋茂雄の現在の生活を調べたところ…

長嶋茂雄さんと言えば愛される天然キャラで「ミスタージャイアンツ」「ミスター」とも呼ばれ、メディアにも多く出演していました。

現役を引退してからは、プロ野球の象徴とも言われジャイアンツファン以外からも「ミスタープロ野球」などと呼ばれています。

そんな長嶋茂雄さんですが、現在はテレビ番組の出演はもちろん、VTRでの出演もめっきり減ってしまいました。

現在の姿をメディアで目にすることがほとんどなくなってしまい、どこか寂しさを感じる人もいると思います。

タッチ
ダイヤのA
巨人の星

など、野球好き必見のアニメが多数!

お得に観る方法としてオススメなのがU―NEXTです!

お申込みは↓をクリック【公式サイトへ】


そんな長嶋茂雄さんの現在の生活は、どのようにおくられているのでしょうか?

今年で83歳を迎えた長嶋茂雄さん。

脳梗塞で倒れてからは段々とメディアへの露出も減っていました。

それでもさすがはミスター、その根性ともプロ魂ともいえる情熱は変わりません。

脳梗塞後も、散歩とリハビリを兼ねたトレーニングを日課にされていました。

メディア出演がすっかりなくなってしまった今、その姿を目にすることはほとんど出来ませんが、現在は都内のどこかの病院に通院しながら生活しているそうです。

スポンサーリンク

病気の具合は?後遺症は…?

長嶋茂雄さんは2004年に脳梗塞で倒れ、昨年7月も胆石で入院するなど容態はあまり良くないように思われます。

幸いにも、面会謝絶にまで陥った胆石も大事に至らなかったということですが、通院という現在の生活や後遺症があることを考えても、あまり芳しくないことが伺えます。

後遺症というのは脳梗塞によるもので、右半身の麻痺と言語障害が残ってしまいました。

一時は後遺症により動かなくなった右手を切断する、なんていう噂も流れたほどです。

自由に動かすことが難しくなってしまった右手をポケットに入れるスタイルは、今や長嶋茂雄さんの新しいスタイルとして定着しています。

不自由な右手に革の手袋をつけて登場された時は、大拍手と大歓声が上がりファンに夢と希望、そして感動を与えてくれました。

”長嶋茂雄”であろうとする、不自由な姿を決して見せようとしないその姿はまさにプロです。

長嶋茂雄さんの”長嶋茂雄”としてのプロ魂には驚かされるばかりです。

スポンサーリンク

長嶋茂雄の通院している病院はどういうところ?

長嶋茂雄さんクラスの人が通院している病院ともなると、一体どんな病院なのか気になるところです。

そこで調べてみると、どうやらただの病院ではないことは確かなようです。

 

なんと、都内のどこかにあるその施設内には彫刻や絵画が飾られ、入居者に懐石料理がふるまわれたかと思えば、月に数回はプロのクラシックコンサートまで開かれているというのです。

なんでも、お酒の持ち込みもできるそうです。

入居者にお酒は大丈夫なのか・・・少し気なるところではありますが、そこはもちろんプロの料理人が常駐してしっかりと管理しているようです。

もちろん、長嶋茂雄さんが通院されているくらいですからセキュリティーもしっかりしており、問題ありません。

その分、料金はとんでもない金額になるようですが、ミスターほどの人物になると、これくらい豪華でないと私たち一般人と同じでは、逆に違和感を感じてしまいそうな気がします。

そうは言っても、こうなると闘病生活とはいえ現在の生活に心地よくなってしまいそうです。

スポンサーリンク

長嶋茂雄、現在の生活(2019)について調査してみた。:まとめ

以上のように、ジャイアンツの愛されキャラであり長く国民に愛されてきた「ミスタージャイアンツ」こと、長嶋茂雄さんの現在の生活や病気の具合、通院している病院について調べてみました。

以前はリハビリを兼ねたトレーニングとして散歩もされているほど、まだまだ年齢にも病気にも負けてはいない様子でした。

しかし、長嶋茂雄さんは脳梗塞だけでなく胆石など他の病気も患っており、年齢も80歳を超える高齢であることから、現在も容態はあまり芳しくはなさそうです。

そのためか、現在の長嶋茂雄さんはメディアへの露出もぱったり途絶えてしまい、都内の病院で通院生活をおくられているようです。

 

右半身麻痺に言語障害と後遺症が残るという過酷な状況下でも、病気としっかり向き合う姿はさすがミスターと言わざるを得ません。

不自由な身体でも欠かさずトレーニングをしようとするその意思の強さが、長嶋茂雄さんのプロ魂を感じさせます。

そんな長嶋茂雄さんだからこそ、現役時代から野球ファンだけにとどまらず広く、長く国民に愛され続けているのだと思います。

療養中の現在の生活も、懐石料理にクラシックコンサートと長嶋茂雄さんに相応しい豪華な生活ですが、いずれまた少しでも元気な長嶋茂雄さんの様子を見たいものです。

スポンサーリンク