この記事では、原辰徳さんは過去に発した名言についてお伝えしています。

現役時代は球界を代表するスーパースター、そして引退後は名監督として、歴史にその名を刻みました。

そんな原辰徳さんは、いくつもの名言を残しています。

これからご紹介する名言は、あらゆる分野で行動の指針になる筈です。

 

この記事をお読み頂くことで、

 

・失敗にも2パターンある

・プロとはこうあるべき!

・敗北から学ぶべき!…名言

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

原辰徳の名言1・失敗せよ!

何か行動を起こそうとしたとき、失敗を恐れるが余り二の足を踏んでしまうこともあります。

『失敗を恐れるな』と言われようとも、恐れてしまうことは仕方ありません。

私たちは学校で、極力失敗しない方法を教育されてきたのですから・・・。

 

学校というものは基本的に、『成功すること』よりも『失敗しないこと』に重きを置いている、私はそう思います。

「将来はどのような職に就くべきですか?」

先生に質問したとしましょう。

1.「公務員の様な、安定した仕事に就きなさい」

2.「プロ野球選手の様な、不安定であっても、給料の多い仕事に就きなさい」

ほぼ全員、1寄りの答え方をすると思います。

何故なら、1の方が大きく道を外れる可能性が低い…つまり失敗しにくいからです。

また、自分が1の象徴とも言える仕事をしているのですから、2と答えるのは勇気も必要でしょうしね。

先生に罪はありません。

先生も同じような教育を受けて育ったため、それが正しいと思い、生徒の為に応えてくれるでしょう。

 

かなり極端な例でしたが、一般社会においても似たようなことがありませんか?

何かの仕事に取り組むとき、以下の様な選択肢があったとします。

1.従来通りの手順でやる

2.改善を求めて、新たな方法を試す

その仕事の経験が長ければ長いほど、1に固執してしまいがちです。

実績のある方法でしょうし、その方が失敗する可能性は低いでしょう。

・・・でもそれでは、そこで成長(効率化)は止まってしまいませんか?

 

今回ご紹介した原辰徳さんの名言は、正にこれに当たるのではないでしょうか?

原辰徳さんは野球をやる上で『積極的に失敗した方が、成長において価値がある』と考えたのでしょう。

しかし、これは私たち一般人にも同じことが言えると思います。

スポンサーリンク

原辰徳の名言2・プロとアマチュアの違い

「プロかー、プロ野球ではその心構えが必要なんだろうな。」

・・・と、自分とは無関係では?その様にこの名言を捉えてるべきではないと思います。

もしあなたがお金を貰って働いているのであれば、あなたはその分野のプロです。

プロ野球選手の様な大きな収入でなかったとしても、同じプロであることに変わりはありません。

 

原辰徳さんの名言通り、アマチュアであれば『この辺でいいか』と妥協しても良いでしょう。

ただし、プロであればお金を貰っている以上、対価に似合う仕事をする『責任』が発生します。

責任を背負ったプロが「この辺でいいか」と自ら限界を作り、妥協をして良いのでしょうか?

『自分はプロである』という気持ちを、絶対に忘れてはいけないと思います。

スポンサーリンク