この記事では、原辰徳さんの通算成績(現役時代と監督時代)についてお伝えしています。

現役時代、そして監督としても、確かな成績を残している原辰徳さん。

その通算成績を数字を見ると『若大将』の偉大さが、改めてお分かりいただけるかと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・若大将の現役時代の成績は凄かった!

・監督時代は更に凄すぎる!

・「名監督」と称されるレジェンド達

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

原辰徳の通算成績(現役時代)は?

まずは、原辰徳さんの現役時代の主な通算成績からご覧下さい。

試合数:1697

打席数:6844

安打:1675

打率:.279

本塁打:382

打点:1093

通算成績の中でも特に目立つのが、382本塁打ではないでしょうか?

この成績は、プロ野球の長い歴史の中でも『歴代22位』という、非常に素晴らしい記録です。

それも、エース格のピッチャーとの対戦が常なジャイアンツという球団で、更には4番としてこの成績を残した…ここに大きな価値があると思います。

 

成績をシーズンごとに見ても、その凄さが伝わってきます。

ホームランバッターの証とも言える『シーズン30本塁打』を6回も記録。

またクリーンナップとしての働きも見事で、80打点以上を8回記録しています。

1983年には103打点と打ちまくり、打点王のタイトルにも輝きました。

 

そういった活躍が認められ、数多くの表彰も受けています。

新人王(1981年)

ベストナイン:5回(1983年、1987年、1988年、1990年、1991年)

ゴールデングラブ賞:2回(1987年、1988年)

最優秀選手:(1983年)

80年台~90年台のはじめまで、チームの4番に相応しい成績を残し続けた『平成の若大将』。

ジャイアンツが誇るスター選手だったと言えます。

 

原辰徳さんの現役生活は15年(1981年~1995年)にも及び、ルーキーイヤーから引退まで、読売ジャイアンツ一筋でした。

『ジャイアンツ愛』に満ちた現役生活だったことでしょう!

スポンサーリンク

原辰徳の通算成績(監督時代)って凄い!

原辰徳さんは、現役を引退するとき

『私の夢には続きがあります』

と、残してユニフォームを脱ぎました。

 

一旦は『野球評論家』として現場を離れたものの、1998年に一軍野手総合コーチとして、再び『愛する』ジャイアンツのユニフォームに袖を通すことに。

その後一軍ヘッドコーチを経て、2001年のシーズンオフに監督に就任しました。

ミスタープロ野球・長嶋茂雄さんの後任として、大きな期待を背負ってのスタートです。

・・・と、前置きはこの辺にして、監督時代の通算成績をご覧下さい。

第一次政権:優勝1回(2002年、2003)

第二次政権:優勝6回(2006年~2015年)

第三次政権:優勝1回(2019年~)

通算13年で、リーグ優勝8回、その内日本一が3回(2002年、2009年、2012年)。

現役時代に負けないくらい…いやそれ以上に素晴らしい成績ではないでしょうか?

ここまでで十分過ぎる程に凄い成績ですが、原辰徳監督の真の凄さは、安定した強さがあること。

13年間でAクラス入り(3位以内)を逃したのは、たったの一回のみ。

原辰徳さんが監督を務める限り、チームが大きく崩れることはほぼありません。

 

『チームが強いのは、球団の資金が潤沢だから…』

そんな声もありますが、だからといってこれほどの成績を残すことは、並大抵のことではないでしょう。

実際監督に就任するも、優勝とは無縁の方もいらっしゃいますし。

原辰徳さんは名選手であり名監督である!

声を大にして言いたいです(^-^)

スポンサーリンク