この記事では、原辰徳さんが監督復帰した当時のチーム状況等についてお伝えしています。

原辰徳さんは、2001年に初めてジャイアンツの監督に就任。

2003年に一旦現場を退いたものの、以降2度監督復帰を果たしています。

原辰徳監督の輝かしいキャリアはご存知かと思いますが、監督復帰をした当初のチーム状況は、決して良いとはいえないものでした…。

 

この記事をお読み頂くことで、

・2005年は厳しい中での監督復帰だった

・2019年、三度監督に→即結果を出した!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

原辰徳の監督復帰(2005年~)

原辰徳さんのが監督復帰する前は、チーム状況がひどかった…

プロ野球の世界で監督が交代。

多くの場合は、チームの成績が振るわなかった場合に行われます。

原辰徳さんが監督復帰した2005年も、例外ではありませんでした。

 

3年連続で優勝を逃し、2005年シーズンは5位とBクラスに低迷。

守り勝つ野球を目指していた、前任の堀内恒夫監督の思いむなしく、チームの防御率はジャイアンツの最低記録・・・。

終わってみれば、負け数が80まで増幅してしまうという、ファンにとって思い出したくないシーズンになってしまいました。

 

2005年シーズンは最終戦がホームの東京ドームで行われたのですが、試合後にファンから『お前が悪い!』等のコールが起こる始末。

予定されていたセレモニーは中止となり、最悪な形でシーズンを締めくくりました。

名将・原辰徳の再チャレンジ

2005年のシーズン終了後に監督復帰が決まった原辰徳さん。

当時は最悪なチーム状態だったと言えるでしょう。

しかし何とかチームを立て直し、2006年シーズン序盤は首位を快走。

・・・ところが、シーズン中盤から主力の故障者が続出してしまい、大型連敗を喫する等で徐々に低迷。

監督復帰初年度は、4位でシーズンを終えます。

 

球界の盟主・ジャイアンツが2年連続でBクラス。

ファンにとって『暗黒時代』となってしまった訳ですが、それもこの年までの我慢となりました。

2007年シーズンは5年ぶりのリーグ優勝(クライマックスシリーズは敗退)を果たします!

以降、2008年、2009年とリーグ3連覇!

2009年は念願の日本一を奪取!!!

強いジャイアンツは完全に復活しました。

 

原辰徳さんは2015年まで監督として指揮を振るい、『第2次原政権』は10年間でリーグ優勝6回、日本一2回と、文句の付けようのない成績。

堂々たる成績を残し、名将・原辰徳は、後任・高橋由伸監督に後を託して現場を去りました。

スポンサーリンク