この記事では、原辰徳さんの若い頃についてお伝えしています。

原辰徳さんと言えば『監督』のイメージが強いかもしれません。

が、若い頃をご存じの方にとっては、今もなお『若大将』のままではないでしょうか?

今回は、『もはやアイドル!?』的だった、若い頃の原辰徳さんを見ていきましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・若い頃は「プロ野球選手」という枠を越えた存在だった!

・芸能活動もやっていた球界の若大将

・対戦相手にとっても特別な存在だったそうで…

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

原辰徳の若い頃の画像

まずは見た目が気になるところだと思いますので…若い頃の画像をご覧ください。

チョコレートのCMにプロ野球選手が出る・・・今ではちょっと考えにくいですよね。

チョコレートのCMに出演するタイプの人と言えば、アイドルや女優さんとか、女性のアスリートもいましたね。

フィギュアスケートの羽生結弦選手も、チョコレートのCMに出てはいましたが、プロ野球選手とはタイプが全然違いますし。

『原辰徳=球界のアイドル』というイメージだったことが伺えます。

 

私個人の意見としても、若い頃の原辰徳さんは『アイドル』的なイメージがありました。

当時試合中継を見ていたとき、『黄色い声援が多かったなー』という印象が残っています。

YouTubeなどで一度ご覧いただければと(^-^)

スポンサーリンク

原辰徳、若い頃はアーティスト活動もやっていた?!


原辰徳さんが現役時代を過ごした1980~1990年代は、プロ野球選手がレコードやCDを出す・・・という、今では考えられないことをやっていました。

もちろんプロ野球選手全員、という訳ではなかったのですが…時代というものを感じずにはいられません。

人気選手だった原辰徳さんもその一人で、以下3枚のレコード等で歌声を披露しています。

 

・どこまでも愛

・サムシング

・ビクトリー(コーラスとして参加、メインボーカルは細川たかしさん)

 

『どこまでも愛』は、売り上げ1万1000枚を記録し、オリコンで最高85位に入るヒット!

レコードが発売されたのは1982年、原辰徳さんがプロ入り二年目の若手時代でした。

世の女性は、若大将の歌声に酔いしれたことでしょう・・・。

スポンサーリンク