この記事では、原辰徳さんの嫁・明子さんについてお伝えしています。

原辰徳さんとは違い、嫁・明子さんは、メディアの前に姿を現すことは滅多にありません。

現役時代、そして引退後も『若大将』を支え続ける奥様に注目してみました。

スポンサーリンク

原辰徳の嫁・明子さんプロフィール

あの原辰徳さんの嫁とは言え、明子さんは一般人。

その為、明子さんに関する情報はあまり出回っていません。

・・・という前置きに続きまして、嫁・明子さんのプロフィールをご覧ください。

名前:原明子(旧姓・松本明子)

生年月日:不明(原辰徳の6歳年上)

出身大学:慶應義塾大学(国史学科)

 

原辰徳さんの嫁とだけあって、大変お美しいお顔の持ち主のようで・・・。

旦那さんと非常にお似合いの、美男美女の夫婦ですね。

旧姓が『松本』で名前が『明子』・・・芸能人の松本明子さんと同姓同名みたいですね。

まあ、だから何?と言われたらそれまでですが笑

前置きの通り、分かっているプロフィールと言えばこれくらいです。

原辰徳の嫁・明子さんと『ミステリアスな美女』ですね。

 

プロフィール以外にも、他に明るみになっている情報があります。

続いては、その辺の事情について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

原辰徳と嫁・明子との馴れ初めは?

原辰徳さんと嫁・松本明子さん、二人の馴れ初めについて調べてみると、ちょっと…色々あったようでした。

お二人は一体どのような経緯でご結婚されたのでしょうか。

 

・・・と、その前に原辰徳さんの経歴を簡単にご紹介させていただきます。

原辰徳さんは1980年、ドラフト1位でプロ入りをしてから1990年代中盤まで巨人の4番打者を務めました。

東海大学在学中にはアマチュア野球世界選手権に日本代表選手に選出されたり、プロ入りしてからも12年連続で本塁打20本以上を記録するなど、すごい経歴の持ち主です。

現在は読売ジャイアンツの監督として、8度もリーグ優勝するなどの活躍をされています。

 

原辰徳さんが後の嫁・明子さんと出会ったのは、学生の頃です

年齢は原辰徳さんの6歳年上でした。

その後、原辰徳さんが巨人に入団して1年目の時にプロポーズ。

正直、少し早い気がしませんか?

プロ1年目ということは、社会人1年目ということです。

金銭的にも家庭を持つ余裕がない人も多いと思いますが、原辰徳さんは巨人で活躍し続ける自信があったのでしょうか。

明子さんへの気持ちが大きかったことはわかりますよね。

しかし、原さんの父親である原貢さんに猛反対をされ、その後二人は破局してしまいました。

その理由を調べると、明子さんが6歳年上だったから、巨人入団1年目の大事な時期だからという2つの情報がありました。

 

破局した明子さんは別の男性と結婚します。

お相手は有名な家柄の方だったそうです。

しかし、結婚した後も原辰徳さんとの関係は続いていたのでしょうか。

明子さんは結婚後、家事もそっちのけで毎日のようにテレビで野球観戦をし、しまいにはハワイへ行くと家を出た後帰宅しなかったことがあったようです。

その時、旦那さんのもとへ新聞記者が訪れ、嫁の明子さんと原さんが付き合っていることを聞かされました。

 

その後、明子さんは旦那さんと離婚。

有名な家柄であるお相手との離婚で理由も理由なので、世間体とか大変だったのではないでしょうか・・・。

明子さんの最初の結婚生活は4年という短い期間だったようなので、明子さんも原さんを忘れられずにいたのかもしれませんね。

 

そして、二人はめでたくゴールインしました。

略奪婚とささやかれていたりもしますが、原辰徳さんは現在の嫁である明子さんをずっと一途に思い続けていたのだと思うと、明子さんは女性としてとても幸せですよね。

二人の馴れ初めはとても情熱的なものでした。

お二人のドラマチックな馴れ初めをまとめますと・・・

 

・原辰徳さんと交際していたが、破局してしまう

・破局した後に他の男性と結婚

・その男性と離婚

・原辰徳さんと結婚

という感じです。

 

まるでドラマのような二人の運命と言いますか…この経緯を見ると、原辰徳さんの思いの強さがヒシヒシと伝わってきます。

ドラマの世界のように、美男美女カップルの『大恋愛』さながらですね。

スポンサーリンク

原辰徳の嫁・実家は?


プロフィールは非公表の為、出身地や実家の場所という情報も皆無でした。

ですが、実家は『裕福だったのでは』と考えられる情報もあります。

 

まず、原辰徳さんの前に結婚していた『他の男性』は、前述した通り大きな企業にお勤めだったそうです。

時代背景を考えると、明子さんの実家もそれ相応に裕福であったのではないでしょうか?

一昔前までは、同じレベルの家柄通しで結婚を・・・ということがありましたしね。

 

そしてもう一つは、明子さんが慶應義塾大学出身であること。

実家が貧しいのであれば、四年生大学に通うことは困難でしょう。

※因みにですが、『慶應義塾大学=学費が高い』というイメージがありますが、私立大学の平均的な学費くらいです。

 

以上の情報から、実家は裕福だったのでは?と考えられます。

スポンサーリンク

原辰徳の嫁は元ホステスという噂の真相

ネット上では、なぜかこのような噂が流れています。

『原辰徳さんの嫁は、以前ホステスだった…?』

スラッとした美人で、また服装も華やか(派手?)であることから、言われてみれば『そうだったのかな?』と思ってしまいそうです。

で、このことについて調査してみたところ・・・。

根も葉もない噂でした。

ご本人やご家族にとって、こういった噂は迷惑でしょうね(+_+)

 

このような噂が流れた原因としてもう一つ考えられるのは、一昔前…原辰徳さんが若手の頃の時代背景にもあります。

当時のプロ野球選手の印象と言えば、

試合で華々しい活躍→夜は派手にフィーバー(^^)/\(^^)

というものでした。

原辰徳さんがジャイアンツのスター選手であったこと+嫁・明子さんが美人すぎた=ホステスでは?

そんな計算を誰かが勝手にしてしまい、それが噂として流れ出たと考えられます。

色んな要素が合わさって出回った噂だったようですね。

 

この手の噂話は、一度広まってしまったら最後、あっという間に拡散されてしまいますよね。

特に有名人であれば尚更の話です。

良い噂話であるなら未だしも、ご本人やご家族が迷惑を被る噂話…しかもガセ情報ともなれば、たまったものではありません。

 

原辰徳さんの現役時代もそうだっのですが、SNSが普及した近年、噂話が広がる速度は昔とは比較にならないほど速度を増してしまっています。

それこそ、地球の裏側にまで一瞬で伝わってしまうほどです。

だからこそ、ちょっとした『お痛』でも、とんでもないしっぺ返しを受けることも…。

プロ野球選手といった有名人にとっては特に、注意しなければならないことですね。

原辰徳の嫁・明子はホステスだった?噂の真相が何とも…:まとめ

 

・原辰徳さんの嫁・明子さんのプロフィールと、結婚に至るまでの経緯

・なで『元ホステス』という噂が流れたのか

・原辰徳さんと嫁。明子さんとの馴れ初め

・実家について

 

 

以上の内容でお送り致しました。

 

結婚後は姿を公にせず、影から夫を支え続ける嫁・明子さん。

『内助の功』という言葉がありますが、明子さんは正ににそれだと言えるでしょう。

素晴らしい夫婦関係だと思います(^-^)

スポンサーリンク