この記事では、甲子園の伝説となった松井秀喜さんの『5打席連続敬遠』についてお伝えしています。

当時の松井秀喜さんのコメントや、明徳義塾の監督さん、また対戦したピッチャーは・・・。

様々な角度から調査してみました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・大人の対応過ぎる…5打席連続敬遠後の松井秀喜さんのコメント

・お互いのチームの監督のコメントは…

・時を経て、明徳義塾のピッチャーとの再会

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

甲子園の伝説・松井秀喜の5打席連続敬遠…本人のコメントは


夏の甲子園大会の時期になる度に、松井秀喜さんの5打席連続敬遠の話題が上がってきます。

事が起こったのは1992年8月16の話ですから、もう随分前の話になりますね。

それでも未だに語り継がれている『伝説』と言えるでしょう。

 

敬遠という行為自体は、今も昔も認められているものですので、問題はありません(ブーイングは多々ありますが…)。

ですが1992年8月16日の『星稜VS明徳義塾』、ここでの松井秀喜さんに対する敬遠は、あまりにもインパクトが強いものでした。

 

当時試合を終えた松井秀喜さんは、記者の質問に対して、

『相手の作戦だから仕方ない』

と、そのようにコメントしました。

その全打席は以下の通りです。

1打席目→1回、ツーアウト3塁から敬遠。

2打席目→3回、ワンアウト2、3塁から敬遠。

3打席目→5回、ワンアウト1塁から敬遠。

4打席目→7回、ツーアウトランナー無しから敬遠。

5打席目→9回、ツーアウトランナー3塁から敬遠。

 

 

明徳義塾は徹底して、松井秀喜さんとの勝負を避け続けました。

星稜・山下監督は、2打席目までは『想定の範囲内』だったそうです。

しかし、3打席目の『ワンアウト1塁』という、塁が埋まった状態で…更には4打席目の『ツーアウトランナー無し』からの敬遠というのは、さすがに『想定の範囲外』だったみたいですね。

そして最終打席となった第5打席目も、松井秀喜さん、そして大勢のお客さんの願いも虚しく…。

 

甲子園球場に詰めかけたファンは怒りを押さえられず、グラウンドにものを投げ込んだり、ブーイングをしたり…聖地は騒然とした状況でした。

最終打席となった第5打席目、松井秀喜さんが敬遠によって一塁へと進む際に、実況の方が放ったコメントが全てを物語っていました。

 

『何のために甲子園に来たのだろう?一回も振れません』

 

徹底した敬遠策によって、明徳義塾は勝利を収めました。

その勝敗以上に、5打席連続敬遠は、多くのファンにとって記憶に残る出来事となりました。

スポンサーリンク

松井秀喜への5打席連続敬遠を指示した明徳監督&星稜監督


言わずもがな、松井秀喜さんへの5打席連続敬遠を指示したのは、当時の明徳義塾・馬淵史郎監督。

この一件で『有名人』となりましたね。

時を経て、馬淵さんは当時の『敬遠策』についてコメントを残しています。

 

『松井秀喜さんを敬ってこその敬遠だった』

 

松井秀喜という打者には敵わない、だからこそ勝負を諦めて敬遠した…と。

プロ野球の監督顔負けの、勝ちに対する執念。

勝負に徹していた、当時の馬淵さんの姿勢が伺い知れますね。

・・・一方、破れてしまった星稜・山下監督は、悔しさを噛み締めるように、

 

『勝負して欲しかった…それだけです』

 

と、インタビューに答えていました。

両監督にとって、この試合は一生忘れられないものとなったでしょうね。

スポンサーリンク