この記事では、奥川恭伸選手の球種についてお伝えしています。

2019年・夏の甲子園にて、星稜高校のエースとして活躍した奥川恭伸選手。

同年のドラフト会議では競合の末、東京ヤクルトスワローズから一位指名を受け、プロの世界へと進みました。

注目度が極めて高い若手の一人と言えるでしょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・奥川恭伸選手の多彩な球種について

・一番の武器と言えばこれ!

・他の球種も凄い…!

 

等について知ることができます。

彼の球種を調べた結果、奥川恭伸選手の将来性の豊かさを実感しました。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

奥川恭伸の球種をご紹介


夏の甲子園にて、星稜高校のエースとして注目を集めていた奥川恭伸選手。

大会前には、大船渡高校と佐々木朗希選手、創志学園高校の西純矢選手、横浜高校の及川雅貴選手とともに、「高校BIG4」の一角として注目されていました。

結果的は、エースとして星稜高校を準優勝まで導き、高い実力を証明しました。

また、甲子園の後に開催されたWBSC U-18ベースボールワールドカップでは日本代表に選出され、カナダ戦にて18奪三振を記録しました。

 

そんな奥川恭伸選手は、どのような球種を駆使してこれまで活躍してきたのでしょうか?

まず、奥川恭伸選手が扱っている球種はストレート、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップの5つだそうです。

高校制でありながら、非常に多彩な球種をマスターしていることが分かります。

全ての球種がプロ野球にて通用するかは分かりませんが、これだけ多くの球種を扱うことができれば、投球の幅が広がり、様々な場面で活躍することができるのではと思います。

球種の多彩さを見ただけでも、プロ野球での活躍を期待できる気がしてきました。

スポンサーリンク

奥川恭伸の球種で、一番の武器はやはり…


今までの内容から、奥川恭伸選手が多彩な球種を有しているということが分かりました。

しかし、投手として重要なのは球種の多彩さだけではなく、それぞれの球種のレベルだと考えられます。

ということで、奥川恭伸選手の球種1つ1つに注目していきたいと思います。

 

まずは、5つの球種の中でも武器と言われているストレートについて調べてみました。

奥川恭伸選手のストレートは非常に評価が高く、今年の甲子園の石川大会では、球場のスピードガンにて158kmを記録したと話題になりました。

しかし、この158kmは誤計測の可能性があるようです。

この球速に関して、奥川恭伸選手は「あれは誤計測だと思います」とコメントしているうえ、同じ球場で投げた他の投手も普段より速く計測されていたことから、誤計測という声があがっています。

しかし、それを考慮しても実際の球速は153km程度と考えられており、高校生として十分すぎる球速だといえます。

 

また、奥川恭伸選手のストレートの素晴らしいところは、試合終盤になっても球速を維持できることです。

長いイニングを投げる先発投手にとって、常に球速を維持して投げ続けることは、非常に難しいことだといえます。

しかし、奥川恭伸選手の場合、試合の終盤になっても150km近いストレートを投げることができるようです。

このようなストレートを武器としていることから、プロ野球にて先発投手として活躍することが期待できます。

スポンサーリンク