この記事では、桑田真澄さんの解説に注目した内容をお伝えしています。

現役を引退後は、野球解説者や野球評論家として活動をしている桑田真澄さん。

プロ野球選手としては超一流だったのですが、解説者としての評判はどうなのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・桑田真澄の解説ぶりについて

・解説者とは思えない、意外なコメントを発したことも

・視聴者の感想はどう?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

桑田真澄の解説はどんな感じ?


私個人の感想ですが、桑田真澄さんの解説は『聞いていて心地よい』です。

落ち着いた口調で、理論的に分かりやすく解説する…解説者・桑田真澄さんからは、そういう印象を受けました。

現役時代に培った分析力や、頭の良さが感じ取れるスマートな話し方。

解説者としては若手の部類に入るのかもしれませんが、貫禄は十分にあると思います。

 

以上の点から、桑田真澄さんの解説は『素晴らしい』と私は思います。

個人的に『ファンである』という感情も多少ありますが(^-^)

『素晴らしい』と思う点を更に付け加えると、それは『感情論に走らず、技術論を話れくれる』ところです。

 

解説者の中には、チームや選手の『好き嫌い』が感情に出るタイプの人もいます。

個人名は控えますが、『解説者なんだから、そんな個人的な感想を言わないでも…』と思ってしまう人すらいることも事実。

そんな『ただの野球好き』と言わざるを得ない人たちとは異なり、桑田真澄さんはあくまで『第三者目線』で解説しています。

古巣・巨人の解説時も、対戦相手のチームに良い面があれば褒め称えます。

また国際大会の解説であっても、対戦チームを『第三者目線』で冷静に、かつ技術的な分析をしていました。

 

解説者・桑田真澄さんを、あらゆる視点から見ても『素晴らしい解説者』と言えるのではないでしょうか?

選手としてでなく、解説者としても超一流。

『天は二物を与えず』と言われますが、神様は間違えて『二物を与えてしまった』…のかもしれませんね(^-^)

スポンサーリンク

解説者・桑田真澄の素敵な点をもう一つ


桑田真澄さんの解説を聞いていると、謙虚な姿勢を感じ取ることができます。

それは『知ったかぶり』をしないところです。

 

解説者という職業を考えると、質問に対して『わかりません』と答えたくはないでしょう。

ある意味『学校の先生』的なポジションな訳ですから、もし知らないことがあったとしても、それっぽい答えを用意していたりするのでしょうか?

実際プロ野球解説者から『分かりません』や『知りません』といった言葉は滅多に聞くことはありません。

本当に知らない質問が無い可能性もあるのでしょうけど・・・(^-^)

 

桑田真澄さんはというと、その点では型破りな解説者であると言えるでしょう。

言わずと知れた大投手・桑田真澄ですが、野手としての経験はありません。

ですから、素直に『打者としてはどうなのでしょうか?』と、他の解説者に質問したりします。

謙虚にして驕らず、立場が変わっても桑田真澄さんの人格は素晴らしいと思います。

スポンサーリンク