この記事では、桑田真澄さんの英語力についてお伝えしています。

現役を引退後も、野球評論家として活躍中の桑田真澄さん。

そんな彼について『英語が話せる』という 情報があるようです。

実際はどうなのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・本当に英語を話せるの?

・どうやって英語を勉強したのか?

・将来を見据えて英語を学んでいた!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

桑田真澄は英語を話せる?英語力は?

Can you speak English?

まず、桑田真澄さんは英語を話せるのかどうか?

その答えは『Yes 』です。

調査したところによると、20歳くらいの頃からちょっとずつ英語を勉強していたそうです。

忙しい現役生活の合間を縫って、地道に勉強していたのでしょうね。

桑田真澄の英語力は?

英語を話せる…といっても、レベルはピンからキリまでありますよね。

話せるかどうか?と聞かれると、私自信も『(一応)話せる』と答える資格があるといえばあります…多分。

桑田真澄さんの英語力について調べてみたところ、それが分かる情報をキャッチしました。

 

『通訳無しでも英語で意思の疎通ができる』

『しかし日本語訛りではある』

 

一応会話はできるけど、ネイティブとまでは言えない・・・という英語力ですかね?

『英語ペラペラ』とまでは言えないものの、通訳無しで会話ができるのは凄いと思います。

スポンサーリンク

桑田真澄の英語勉強法は?


ではどのようにして、会話ができるくらいの英語力を身に付けたのでしょうか?

これについては、二つの勉強法を用いていたようです。

ガリクソンと会話

1988年、ジャイアンツに現役メジャーリーガーの助っ人がやってきました。

助っ人の名前は『ビル・ガリクソン』投手。

ガリクソン投手と言えば、日本とメジャー両方で実績をあげた投手として、当時のファンの記憶に強く残っている存在だと思います。

そんなガリクソンさんと桑田真澄さんは仲が良く、ベンチで会話している姿が良く見られました。

二人がどれくらい仲良しか?

それはガリクソンさんが息子のミドルネームに『クワタ』と名付けるくらいです。

仲良しというレベルを越えて、尊敬すらしていたのかもしれませんね。

 

ガリクソンさんを始め、助っ人外国人とのコミュニケーションを重ねていくにつれ、桑田真澄さんの英語は徐々に上達していったみたいです。

日本にいながらにして、本場の英語を学べる機会。

そう捉え、積極的に英語で会話をしていたのだと思います。

映画観賞でも英語を勉強していた

桑田真澄さんの英語勉強法はもう一つ。

それは映画を観る練習する、というものでした。

ただ単に映画を観るだけでなく、分からない単語は辞書で確認し、再度映画を観て確認…これを繰り返していたそうです。

『ロッキー』のシリーズはお気に入りで、繰り返し観ていたと言っていました。

 

映画観賞一つとっても、『英語力の向上』という目的があれば、それを学びの場にすることもできる。

勉強になったと共に、桑田真澄さんの姿勢に感心しました。

スポンサーリンク