この記事では、桑田真澄さんの投球フォームについてお伝えしています。

現役時代、マウンドで躍動する桑田真澄さんの姿…多くのファンが覚えていることでしょう。

かく言う私もそのうちの一人です。

当時の思い出に耽りつつ、投球フォームについて詳しく調査してみました。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

桑田真澄の投球フォームには色々あった


豪快な投球フォームから繰り出すボールで、打者とバッタバッタと打ち取る勇ましい姿。

そんな桑田真澄さんの活躍を見て育った野球小僧は、全国中にいたと思います。

決して大きいとは言えない体でしたが、迫力満点なオーバースローは本当に格好良かった…と記憶しています。

『美しい…何て美しい投球フォームなんだ』といつも感じていたのは、私だけではなかった筈(と思いたい笑)

そんな格好良い投球フォームに行き着くまで、色々と苦労したそうです。

スポンサーリンク

元プロから投球フォームを指摘されるも…


桑田真澄さんが小学5年生の時、元プロ野球選手から指導を仰ぐ機会がありました。

そこで元プロ野球選手から、投球フォームについてアドバイスを貰いました。

 

『投げるときは右肩を下げず、右肘は高く上げてから』

 

元プロ野球選手からのアドバイスですから、桑田真澄さんはそれを受け入れ実践してみました。

ところが、アドバイス通りに投球してみたものの…どうもしっくり来ない。

試行錯誤を重ねた挙げ句、桑田真澄さんは一つの答えに行き着きました。

 

『右肩を下げたフォームの方が、力のこもった投球ができる』

 

その答えた正しく、名門・PL学園に進学することに至りました。

ところが・・・。

スポンサーリンク

高校入学後に再度、投球フォームを指摘される


投球フォームが固まっていた桑田真澄さんでしたが、当時のPL学園の投手コーチから投球フォームを変更するよう指導を受けます。

その指導とは何と…『右肘を高く上げる投球フォームにしなさい』というものでした。

小学5年生の時に、元プロから受けたアドバイスと同じものです。

不満はあったのかもしれませんが、これには従うしかありませんでした。

その結果、やはり思い通りの投球ができなくなり、外野手転向を命じられてしまいます。


※『巨人の星』『ダイヤのA』等、名作を
お得に見る方法は↓をクリックして下さい♪


この挫折に心が折れてしまった桑田真澄さんは、お母さんに『野球を辞めたい』と伝えました。

それに対してお母さんは『続けなさい』と説得。

野球の神様(お母さん?)は、桑田真澄さんを野球の道へと戻してくれました。

 

外野手となった桑田真澄さんでしたが、そこで投球フォームを以前の『右肩を下げる』形に戻したところ、球威は見事に復活。

そして投手に返り咲き・・・・甲子園優勝投手となりました。

 

桑田真澄さんはバッティングの能力も高く、プロ入り後も投手としては考えられないくらいの成績を残しています。

詳細は下の記事に書いています。

まさに持って生まれた『野球センス』の塊であると言えるでしょう。

もちろん、努力の賜物でもあるのでしょうが。

そんな天才肌ですから、野手としてプロ入りしていたとしても、ある程度の成績は残したでしょうね。

スポンサーリンク

プロ入り後もかよ!桑田真澄の投球フォーム変更


これまで二度の投球フォームを経験し、失敗に終わってきました。

それも『上の立場』である人からのアドバイスなのに・・・。

その度に自ら修正し、能力を活かす投球フォームに固めたのは、流石は桑田真澄!としか言いようがありません。

そんな天才ピッチャーに、プロ入り後…三度襲いかかってきました。

そうです、投球フォーム変更指令!

桑田真澄さんは『またかよ…』と残念に思ったのではないでしょうか?

 

今回の指導も『右肘を高く上げて投球するように』という、これまでと丸かぶりの内容でした。

言わずもがな、本来の力を発揮できなくなり、『通用しない』と烙印を押されてしまいます。

 

そんな桑田真澄さんに救いの手を差し伸べたのが、『8時半の男』こと宮田征典さんでした。

宮田征典さんに『高校の時の投球フォームに戻しては』とアドバイスを貰い、桑田真澄さんは『ベスト』な投球フォームに。

その結果、プロ通算173勝の大投手と成り得たのです。

宮田征典さんのアドバイスが無かったとしたら、大投手・桑田真澄の存在は無かったのかもしれません。

『命の恩人』と言っても過言ではありませんよね!

桑田真澄は投球フォームを変えていた

これまで指導者のアドバイスにより、やむ無く投球フォームを変えてきた桑田真澄さんですが、自信の意思で投球フォームを変更したことがあります。

投球フォームを変えたきっかけは、右肘手術の影響によるものでした。

特定の動作をすると痛くなる肘への負担を考え、その対策として『あくまで自らの意思で』新しい投球フォームに変更。

球速こそ全盛期に満たない数値となりましたが、防御率のタイトルを獲得!

はじめて投球フォームの変更が功を奏した、そう言える結果となりました。

桑田真澄、フォームの裏に苦難の連続があった:まとめ

・アドバイスにより、桑田真澄さんは何度も投球フォームを変更してきた。

・その結果、思うような投球をできなくなった…が、自らの意志で修正していった。

・故障による影響を考え、自らの意思で投球フォームを変更し、タイトルを獲得した。

以上の内容でお送り致しました。

 

指導者のアドバイス次第で、選手は成長もするしダメにもなる。

桑田真澄さんの様な例は、他にもあるのかもしれません。

指導者の立場にある皆さん、アドバイスはくれぐれも慎重にお願い致します!


野球犬

最後までお読み頂き、有難うございました!

下記の【あわせて読みたい記事】に関連記事があります。

ぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク