この記事では、落合博満さんの発した名言を、私の独断と偏見でピックアップしてお伝えしています。

選手としてだけでなく監督としても大活躍をした落合博満さんですから、 名言もたくさん生まれています。

単純に野球に対するアドバイスとしてでなく、日常生活に置き換えて行かせる名言も多数あります。是非参考にされてください。

 

この記事をお読み頂くことで、

・落合博満さんが発した名言の数々

・野球のみならず、日常生活においても活かせる内容もあり

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

落合博満の名言其の一・準備は大事!

今日の試合が終わった時点で明日の試合は始まる。

アンパイアがプレイボールと言ってから試合が始まるのではなく、試合が始まる前の段階からしっかり準備しておく必要がある、という意味でしょうか。

これはプロ野球に限ったことではなく、一般社会においても言えることだと思います。

「仕事の8割は段取りで決まる」と言った言葉がありますが、まさにこのことを意味するものでしょう。

しっかりと準備して仕事に臨む。

言われてみれば当たり前のことですがしっかりと意識しておきたいですね。

スポンサーリンク

落合博満の名言其の二・ゼロイチが大事!

大記録を達成したことが 凄いことではない。必ず一本目がある それが凄い事なんだ。

プロ野球で節目の数字が達成された時、その節目がクローズアップされますが、0から1を達成する時、それが一番大変なんだということを教えてくれています。

落合博満さんが言うと 説得力がありますよね。

スポンサーリンク

落合博満の名言其の三・一球で変わる!

打撃は一球で良くもなり、悪くもなる。

何事もちょっとした切っ掛けで変わることもある。

特に、プロ野球というピラミッドの頂点で行われているハイレベルな戦いのなかでは、頻繁に起こり得るようですね。

その切っ掛けは一球から放ったクリーンヒットだったり、指導者からのほんの一言だったりもするのでしょう。

これは私たち一般人の生活置き換えてもヒントになると思います。

例えば仕事で行き詰まっていたとしても、そこでめげずにもがき苦しみながらも前進する。

そうすることで成長の切っ掛けを掴むこともあるでしょう。

スポンサーリンク