誰もが知っているであろう野球界のレジェンド、高校野球史上の最高投手は?

と問い掛けられて、たくさんの人が名前を上げるのが桑田真澄さんだと思います。

桑田真澄さんの甲子園での投手成績を改めて調べてみると、物凄いんですよね!

甲子園ので活躍した名投手は星の数ほど存在し、皆さんの記憶に残っていると思います。

それらの中でも大きな印象を残しているのが、日本のプロ野球・読売ジャイアンツや、メジャーリーグ・パイレーツで活躍された桑田真澄さんではないでしょうか!?

桑田真澄さんの甲子園での成績をご覧いただければ、その凄さは一目瞭然だと思います!!

スポンサーリンク

甲子園の申し子、桑田真澄


桑田真澄さんの残した数々の輝かしい記録を読み解く前に、その当時のPL学園について触れておく必要があります。

1983年~1985年を振り返ってみると、この3年間は高校野球はPL学園中心にまわっていたといっても決して言い過ぎではない!というくらいでした。

そのPL学園が築いた一時代の中核にいたのが、『KKコンビ』と呼ばれ甲子園で人気を博した桑田真澄さんと、西部ライオンズ~読売ジャイアンツ~オリックスバファローズで活躍した清原和博さんでした。

桑田真澄&清原和博の両雄は1年生からレギュラーとして活躍し、1年生の夏から5期連続で甲子園に出場。

そして優勝2回、準優勝2回、ベスト4進出1回と、舌を巻くほどの強さを発揮しました。

あれからかなりの年月が経過しましたが、桑田真澄&清原和博が君臨していた時代のPL学園を超えるのチームは現れていません。

まあ、半永久的に現れないと思います^^;それだけとんでもない強さでしたしね。



話を桑田真澄さんに戻しましょう。

桑田真澄さんは、甲子園で通算20勝しています。

さらっとお伝えしましたが、甲子園で20回も勝つということは、冷静に考えてみると凄まじい記録だと思います。

その理由をご説明しましょう。

高校球児として甲子園大会に出場できるチャンスは、合計で5回(1年生の夏、2年生の春、2年生の夏、3年生の春、三年生の夏)です。

この5回全てに出場すること自体、相当困難なことですよね。

そのうえで甲子園の春と夏の各大会の試合数を見てみると、春の選抜大会は1回戦から決勝まで勝ち上がって試合すると5試合、夏の選手権大会は1回戦から決勝まで勝ち上がって試合できたとして6試合です。

すなわち、甲子園でどれだけ多くに試合ができたとしても、(春の選抜5試合×2)+(夏の選手権大会6試合×3)=28試合です。

どれだけ多くとも28試合しか投げることができないということになります。

もし仮に28試合投げるためには、5期連続で甲子園大会に出場し、5期連続で決勝まで出場すること。

勿論、激しいチーム内での競争を勝ち抜き、レギュラーとして出場していることが条件です。

・・・どうでしょう?桑田真澄さんが成し遂げた甲子園で20勝という記録、今後更新されることは考えにくいですよね。

 

スポンサーリンク

桑田真澄さんの甲子園の成績


では、桑田真澄さんの甲子園での投手としての成績を御覧下さい。

野球ゲームみたいな成績ですが、すべてリアルな甲子園での成績となっています!




いやはや、度肝を抜かれるとはまさにこのことでしょう。

甲子園という大舞台でこれだけ沢山登板して、負けたのはたった3回だけ。

『神ってる』とは、こういうときに使う言葉ですね。

 

スポンサーリンク

桑田真澄、甲子園の成績がレジェンドすぎる!:まとめ

桑田真澄さんの甲子園で成績を中心にお伝えしました。

振り返ってみると、やはり桑田真澄を凌駕する高校球児はもう出てこないだろうな…と思わざるを得ません。

それくらい、インパクトのある大活躍でしたね。

KKコンビの清原和博さんも大活躍されましたが、同じ時代にこんな大スターが二人もいれば、当時のPL学園が無双な筈ですよね!

甲子園の時期になると、これからも桑田真澄さんの活躍は何度も何度もクローズアップされると思います。

PS その遺伝子を受け継ぐ息子のmattは…高校球児にはなりませんでしたね^^;

スポンサーリンク