今回は、佐々木朗希投手の性格に関する情報についてお伝え致します。

高校生で163Kmを記録した佐々木朗希投手ですが、その要因の一つは彼の性格にあるのもしれません…。

スポンサーリンク

佐々木朗希はどんな性格?




佐々木朗希投手の性格を一言表現するならば『負けず嫌い』で、これは本人も認めています。

それも『大』が付くほどの負けず嫌いな性格の持ち主だそうです!

このことを証明するあるエピソードをご紹介致します。

 

以前、佐々木朗希投手の携帯電話の待ち受け画像は横浜の及川雅貴選手でした。

及川雅貴選手はU15日本代表に選出されるほどの逸材で、甲子園にも出場した実績の持ち主。

そんな及川雅貴選手に対し、持ち前の負けず嫌いな性格が働き(働きすぎw)、闘争本能をぶつける手段として携帯の待ち受けにしたのでしょうか?

同じ競技をしている同世代の人物を画像を待ち受けに・・・そんなことする人って、そうはいないと思います。

これだけでも十分驚きなのですが、実は佐々木朗希投手、及川雅貴選手と一度も会ったことがありませんでした。

タッチ
ダイヤのA
巨人の星

など、野球好き必見のアニメが多数!

お得に観る方法としてオススメなのがU―NEXTです!

お申込みは↓をクリック【公式サイトへ】


会ったことすらない相手に、ライバル心を持ち、それをモチベーションに変えることができるとは・・・。

ここまで負けず嫌いな性格であれば、これは一種の『才能』と言えるのではないでしょうか?

実際この性格が幸いして、努力を積み重ねた結果大きく成長したのですから、佐々木朗希投手は『負けず嫌いな性格という才能の持ち主』と表現できるのかもしれません。

スポンサーリンク

兄は、佐々木朗希の性格を理解して…?




そんな性格の持ち主であることを理解してか、佐々木朗希投手の兄・琉希さんは、弟に対して常に厳しく接していました。

ダイヤモンドの原石とさえ言える逸材に対し、決して誉めようとせず・・・。

 

『お前くらいのレベルの選手は他にもいる』

『上下関係をしっかりしなさい』

 

といった具合に、野球面と生活面の両方で厳しい教育を施していました。

佐々木朗希投手の反骨精神を煽るような…負けず嫌いな性格を育むような教育とも取れます。

『兄が教育?』と不思議に感じられたかもしれませんね。

実は佐々木朗希投手のお父さんは、若くして他界されています。

母一人、子三人の母子家庭だった佐々木家では、長男の琉希さんが父親役を務めていたようですね。

 

兄・琉希さんの教育方針は功を奏し、佐々木朗希投手は規格外の成長を遂げます。

今では厳しかった兄も優しくなり、佐々木朗希投手も厳しく育ててくれたことに感謝しているようでした。

スポンサーリンク

佐々木朗希はプロ向きの性格!

佐々木朗希投手の負けず嫌いな性格は、プロ野球選手向きだと言えそうです。

負けず嫌いな性格を武器に、長年プロ野球の世界で活躍した人物がいます。

その人物とは、工藤公康さん。


通算224勝の優勝請負人、そして引退後は監督としても幾度となく日本一に輝いた、誰もが認める名選手であり名監督ですよね。

そんな工藤公康さんも、負けず嫌いな性格の持ち主だったそうです。

体調不良が原因で二軍に落とされたときも、怪我で現役続行の危機に立たされた時も、『このままで終われるか!』と闘争心を燃やして幾多の壁を乗り越えてきました。

その結果、40歳を過ぎても現役の第一線で活躍する、息の長い選手となりました。

もし工藤公康さんが負けず嫌いな性格でなかったとしたら、ここまでの成績を残すことはできなかったでしょう。

佐々木朗希投手も工藤公康さんと同じ性格の持ち主ですから、是非とも同じように大きな成功を収めて貰いたいですよね!

スポンサーリンク

佐々木朗希の性格は…プロ向きな性格だと思います︰まとめ

・佐々木朗希投手の性格は『大の負けず嫌い』と言えるほどのものだった。

・兄はその性格を理解した上で、常に厳しく接し、佐々木朗希投手を大きく成長されることに成功した。

・工藤公康さんも負けず嫌いな性格持ち主であることから、プロ向きな性格だと言える。

以上の内容でお送り致しました。

 

これまで負けず嫌いな性格を活かして、怪物へと成長した佐々木朗希投手。

今後ライバルのレべルがどんどん上がっていくことになりますが、持ち前の負けん気でライバルに勝ち続け、大活躍して欲しいですね!

少し気は早いですが、大谷翔平選手が打ち立てた日本球界の球速記録『165km』を更新してくれることを期待したいと思います!

スポンサーリンク