この記事では、佐々木朗希投手のバッティングについてお伝えしています。

『令和の怪物』の異名を持つ佐々木朗希投手ですが、バッティングの面でも非凡な能力の持ち主なのでしょうか?

バッティングの能力や成績について見てみましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・結構凄い…佐々木朗希投手のバッティングの成績

・打つ方でも能力の高さを披露

・プロ入り後はやはり・・・。

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

佐々木朗希、バッティングの成績は?


『最高球速が163㎞』というインパクトが大きすぎるあまり、佐々木朗希投手はピッチング以外の点に注目されることが少ないように思います(個人的な意見)

そこで、佐々木朗希投手のバッティング成績について調査してみました。

僅かな情報で恐縮ですが、2019年春期大会の成績です。

3試合、打率.636、0本塁打、4打点、出塁率.667

全国大会の成績ではなく、また僅か3試合のデータではありますが・・・。

このバッティング成績を見て『凄い』と思わない人はいないでのではないでしょうか?

また佐々木朗希投手はエースでありながらも、チームで4番打者を務めていました。

県大会上位に食い込むチームの4番バッターですから、バッティング能力は高いと言える筈です。

スポンサーリンク

佐々木朗希、バッティング能力も凄かった

前述した成績だけで、佐々木朗希投手のバッティング能力を測ることは難しいと思います。

そこでご覧いただきたいのが、下記の佐々木朗希投手のバッティング映像です。

バッティングの映像は3分半を過ぎたところくらいからです。

1打席目のバント失敗を見る限りでは、あまりバント馴れしていないような?

バント失敗後の出塁は、持ってる感じがしますね笑

 

その後の打席では二打席連続ヒットを放ち、バッティングでもチームにしっかりと貢献しています。

あと、バッティングフォーム!

投球フォーム同様に、迫力のある構えだと思いませんか?

 

また、これとは別の練習試合で、130メートルの特大ホームランを放ったこともあります。

『練習試合だよね?』と思われそうですが、侮るなかれ。

練習試合の相手は、甲子園の常連にして優勝経験のある『仙台育英高校』でした。

名門中の名門と対戦し、特大のホームランを放つ程の実力の持ち主。

そう考えると、バッティングの能力は高いと評価できますね。

スポンサーリンク