この記事では、佐々木朗希投手の中学時代について詳しくお伝え致します。

高校生最速の163kmを記録した佐々木朗希投手ですが、中学時代から大物の片鱗を見せていました。

その反面、大きな挫折も経験していたようです。

 

この記事をお読み頂くことで、

・出身中学と、中学生離れした驚きのエピソード

・急成長と挫折を経験した中学時代

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

佐々木朗希の出身中学は?

佐々木朗希投手が通っていた中学校は、岩手県大船渡市立第一中学校です。

中学校の軟式野球部で日々練習に明け暮れていました。

将来を有望視される選手は、清宮幸太郎選手の様にリトルリーグでプレイするパターンもありますが、佐々木朗希投手はそうではなかったようですね。

佐々木朗希投手は中学生の時点で、最速140kmオーバーというプロ並みの数値を叩き出しています。

しかも、硬式より球速が出にくい軟式での記録。

因みに中学3年生の時点で身長が186cmもあり、このことも彼の注目度が増すことを後押ししたと思います。

そんな怪物を欲しがる高校は多かったのは当然のことで、数多くの強豪校からスカウトを受けたそうです。

 

ところが佐々木朗希投手は、それらの強豪校からのお誘いを受けずに、公立の大船渡高校に進学しました。

その理由があまりにもイケメンすぎました。

「地元の仲間と甲子園に行きたいと思った。このメンバーで勝つことに意味があると思った」

「公立高校でも頑張れば勝てるんだということを証明したい。勝てば岩手や東北を元気づけることができると思う。それが役目だと思う」

甲子園大会出場を目指す為に強豪の私立高校に進学することは、高校球児にとってごく当たり前の選択肢だと思います。

しかし佐々木朗希投手はそのフェイスに負けないくらい、ハートもイケメンでした。

『ロウキ』という名前のとおり、まるで正義のヒーローの様な思考の持ち主だと思います。

 

確かに大船渡高校も過去に甲子園大会に出場したこともある強豪校(1984年の春と夏)ですが、同じ岩手県で言えば花巻東に進学していれば、甲子園大会に進出できる可能性は格段に上がっていた筈です。

ですが、佐々木朗希投手にとっては、『自分一人の夢<仲間達と野球をやる』だったんですね。

残念ながら甲子園大会に縁の無かった佐々木朗希投手ですが、プロ野球選手になれば何れ甲子園のマウンドに立てることでしょう。

スポンサーリンク

中学の頃に急成長した佐々木朗希

佐々木朗希投手が急激に成長したのは、中学時代だと言えます。

まず身体に注目してみると、中学の3年間で身長が20cm以上も伸びています。

中学に入学した当時は160cm台と、そこまで背が高い!ということもないですよね。

それが僅か3年間でこれだけ急成長すると・・・滅多に会わない親戚の方などからすると、『暫く見ないうちに大っっっっっきくなったなあ!』とビックリですよね。

背が高いということは、野球をやる上で非常に有利になります詳細はこちら

 

身体の成長に比例して球速もどんどんアップしていき、中学2年生の頃に最速130kmを記録し、その後140kmの大台も突破。

令和の怪物は、順調に成長していきました。

・・・と私は思っていたのですが、実は中学時代に挫折を経験していたようです。

スポンサーリンク