この記事では、佐々木朗希投手の動画を見ながら、彼の凄さについて語らせていただいております。

令和の怪物・佐々木朗希が放つ豪速球の迫力を味わうには、やはり動画で見るのが一番!

いくつか動画をピックアップしてみました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・キャッチャー目線に近い、迫力満点の動画

・遠巻きからでも球威がよーく分かる…。

・160㎞の瞬間!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

佐々木朗希の動画その1:怖い怖い!

佐々木朗希投手の投球を、キャッチャーの目線に近いところから見た動画です。

何度見ても凄いボールですね。

恐怖すら感じてしまいます。

投げた瞬間にキャッチャーミットにボールが収まっているような感覚に陥ってしまう・・・それくらいの切れを感じます。

こんなボールを受けるなんて、キャッチャーというポジションは過酷ですね。

 

迫力のあまり見逃してしまいそうですが、佐々木朗希の様子を見る限りでは、さほど力を込めずに投球しているように感じます。

投球練習ですしね。

試合でバッターに投げるボールは、これとは比較にならないくらいの威力なのでしょうね。

そんなボールを胸元に投げられようものなら・・・もし私だったとしたら、怖すぎてバッターボックスに立てそうもありません。

スポンサーリンク

佐々木朗希の動画その2:キャッチャーが…

ゲームに入る前の練習風景を撮影した動画です。

佐々木朗希投手のボールを捕球し、セカンドに投げる!…筈だったのですが、キャッチャーはボールの威力を吸収できずに弾いてしまいました。

動画に納められているキャッチャーは、明石商の水上桂捕手。

侍ジャパンU18に選出されるくらいですから、その実力は高校球界トップクラスと言えるでしょう。

そんなキャッチャーでさえも弾いてしまうくらい、威力のあるボールというわけです。

 

水上桂捕手は、侍ジャパンU18に選出されたことについて、以下のようにコメントしています。

「まさか自分が、という感じ。みんなのサインが欲しいぐらい」

「レベルの高い選手の技術を見て学び、自分の成長につなげたい」

実際に佐々木朗希投手の投球を受けて見て、彼はどう感じたのでしょうか?

160㎞の投球を受ける機会なんて滅多にないでしょうから、この貴重な経験を自身の成長に役立てて欲しいですね。

スポンサーリンク